カテゴリー別アーカイブ: 訪れた海外感想

「Beer loa」 を片手にルアパバーンの市場の楽しさを思い出す

「Beer lao」 を飲みながら、昨年行ったラオスの記憶が蘇えりました。今回、オリンピックを楽しんでいて知らない国名がたくさんありました。
ラオスは昔から存在しているのですが、昨年行くまでは、どこにあって、どんな国か? 知りませんでした。
でも行くと、自然があふれていて、日本で言えば、昭和30年代のような風景でした。あっちこっちに市場が広がっていました。

ビールを飲みながら思い出した言葉があります。
私がお世話になったイズミヤ創業者の和田源三郎さんの言葉

★商売の起源は物と物との交換にはじまり、売手も買手も満足し合ったのがその起こりで、利益のために商売をするのは本筋ではありません。

私が大学を卒業して、入社したスーパーの創業者のお言葉です。
このお言葉が、お世話になって30年経っても頭に残っています。

店長の机の横の壁面や応接室に必ず額にいれて飾られていました。創業者の画像と墨文字でお言葉が書かれていました。

そのスーパーは開店の音楽が

“ ええもん安い ” のが〇〇〇〇

と流れるのですが、お客さまが開店で流れてきた音楽を聞いて

“ 普通のもん高い ” のが〇〇〇〇

と歌っておられて思わず、吹き出してしまった経験があります。
このお言葉には続きがありますが、これが創業者のお言葉で、私は今もって大好きです。
そんなことをブログにサクッとまとめてみました。

7ff983446c591b076f1667eebf8fb55a_m
週末になれば、フリーマーケットがあっちこっちでされる季節になりました。フリーマーケットって、買手と売手に会話があって、笑顔があるので大好きです。

続きを読む 「Beer loa」 を片手にルアパバーンの市場の楽しさを思い出す


久々にカオマンガイ食べて思った | 熱帯食堂枚方店

タイ料理、バリ料理って、これから夏に向けての季節にピッタリの料理で、流行り始めているようです。
それに大好きなカレーも、本屋の棚を見ていると特化した本が並んでいます。

気分は夏!!

たまたまネットで、カオマンガイを食べたくなったので調べていたら、枚方サンプラザにありました。
帰り道なので立ち寄ってみようと思いました。

●熱帯食堂 枚方店食べログページ
http://tabelog.com/osaka/A2707/A270702/27061895/

サンプラザは、下層階にパチンコやスロットなどの店が入っています。昔は、けっこう中層階にはおいしい食堂があったりして混雑していました。
今はさびれているのであまり混み合うこともないので、空いていたらいいなぁ? と思っていたのですが・・・
それに反して外は雨が強く降っているのに満員でした。
お客さまの層は、若い方がすごく多いなぁー?
って感じました。そんなことをブログにまとめてみました。

tai01
中に入ってみるとタイの方かな? 調理をされていました。いろいろなものを食べたいと思っていたのですが、周囲を見ていると一品のボリュームがすごい!!

続きを読む 久々にカオマンガイ食べて思った | 熱帯食堂枚方店


懐かしい気分になるルアパバーンの朝市・ナイトマーケット

ラオスのルアパバーンで、なつかしい市場の姿を見ました。
私が幼少の頃は、現在のようにきちんと売場が区分けされたスーパーもなく、近くの市場に買い物に行くような生活をしていたので、この風景を見た時、とても懐かしかったです。そんなことを記していきたいと思います。

IMG_9217

続きを読む 懐かしい気分になるルアパバーンの朝市・ナイトマーケット


青く澄んだ泉 クアンシーの滝へ

パックウウで、エレファントライドを楽しんでから、今回、ルアパバーンに来て、めちゃ楽しみにしていた クアンシーの滝 へ行きました。
途中、モン族の村の市場というか? 立ち寄ったのですが、主に織物が多いのですが、小さな子供が、おそらく 「これを買って・・・」 と言っているのだと思うのですが、コースター、テーブルクロス、ストールなど、手縫いの刺繍で作られたかわいいモノを売り込んでいました。
そしてクアンシーの滝に向かいました。
クアンシーの滝への道は、昔は、以前紹介したヴァンビエンの道のガタガタ道だったようですが、現在は、きれいに舗装整備されていました。
ルアンパバーンの道は、首都ヴィエンチャンに比べると、道路もそうですが、宿泊施設もきれいに整備されていました。

IMG_9352

続きを読む 青く澄んだ泉 クアンシーの滝へ


パックウウで最高の景色の中、エレファントライド \(^^)/

メコン川周辺の大自然はやはりいいですね。アマゾンも開発が進んで、自然が破壊されるニュースを見ますが、このラオスの自然も、これから開発が進んでいくと思いますが、たいせつにしてほしいなぁ?って思います。
先日は、パークウー洞窟の4,000体の仏像のお話しを記させていただきましたが、その仏像を見て、その後に再び対岸に戻り、アユタヤ以来となりますが、パックウウでエレファントライドで、自然を楽しみました。

DSC00334

続きを読む パックウウで最高の景色の中、エレファントライド \(^^)/


4,000体以上の仏像が洞窟に・・・パークウー洞窟すごい!!

昨日は、ルアバパーンの早朝の幻想的な托鉢の話しをを記させていただきました。日本で言えば、小学生低学年くらいのこどもも托鉢に入り、参加している姿に感動しました。またこんなに多くの僧が参加する托鉢は見たことがないので、仏教国として信心深さが感じられました。

今回は、メコン川に面している崖にあるパークウー洞窟のことを記しておきたいと思います。

FullSizeRender

続きを読む 4,000体以上の仏像が洞窟に・・・パークウー洞窟すごい!!


幻想的な朝もやと托鉢 (ルアンバパーン)

8月に初めてラオスに行って以来、すっかりラオスという国のファンになってしまった。 と言っても、私自身、何度も海外に行っているわけでなく、今回で、海外に行くのは、今までの人生で5回目です。
先週、本屋さんをのぞいて、グッドタイミングで村上春樹さんの 「ラオスにいったい何があるというんですか?」 という本が、書店に並んでいました。 春樹さんの言われるように、ラオスには、わからないけど魅力を感じる部分があるのです。
今回は、「チェンジ」&「チャレンジ」というテーマを持って、ひとりでラオスに行きました。当然、現地の方に、ほんとうに細かいところまでサポートして、助けていただかなければ、当然難しい話なのですが、おかげさまでとてもいい旅になったことを感謝します。

今日は、ルアンパバーンの神秘的な早朝の托鉢の話しでさせていただこうと思います。

IMG_9241

続きを読む 幻想的な朝もやと托鉢 (ルアンバパーン)


首都ヴィエンチャンから「水の都」 バンビエンへ

先日は、ヴィエンチャンの金ぴかの 「ワット・タートルアン」と戦没者慰霊碑の「パトゥーサイ(凱旋門)」 について記させていただきました。
今日は、ラオスらしい自然が広がる 「水の都」 バンビエンについて記しておきたいと思います。

IMG_7792

続きを読む 首都ヴィエンチャンから「水の都」 バンビエンへ


ヴィエンチャンで大きな金ぴかの仏塔見つけた ヽ(*^^*)ノ

昨日のラオス・ヴィエンチャンの昭和の香りのする街並みにつづき・・・
ラオスのシンボルでもあり、国章にも描かれているワット・タートルアンがあります。遠くから見れば、金ぴかで、行った日は、あいにくスコールがあがったばかりだったので、天候は今一つだったのですが、晴れて青空が広がっていれば、きっといいきらめきを放つ仏塔なのではないか? と感じました。

IMG_7988

続きを読む ヴィエンチャンで大きな金ぴかの仏塔見つけた ヽ(*^^*)ノ


森の都・ラオス首都ヴィエンチャンはなつかしさいっぱいの街

今年の8月末に 「肩の荷でも、少しここらで下ろさないか?」 とお話しをいただき、タイ・バンコック経由ラオスに行きました。
私自身、海外旅行には、あまり行かないので、今回で海外旅行するのは、5回目くらいでしょうか?
いつも困るのが、言葉。言葉が話せて、コミュニケーション出来れば、もっと楽しめるのになぁ? って思います。ラオスから帰国して、さっそく英語の単語でも片言でも話せればと思い、毎朝「ユメタン」で勉強しています。ただ昔は、すんなり脳にインプットできたのですが、最近は、なかなかインプットできません。ひとつ覚えようとすれば、水がいっぱい入っているコップの中に、水を注ぐようなもので・・・ インプットしたはずの単語がいつの間にか脳からこぼれ出ています ヾ(@^(∞)^@)ノわはは

前置きが長くなりましたが、ラオスの首都ヴィエンチャンの話しでも・・・

IMG_7743

続きを読む 森の都・ラオス首都ヴィエンチャンはなつかしさいっぱいの街