カテゴリー別アーカイブ: チラシ

「象の日」マンガで各新聞買っちゃいました(笑)

こんにちは~ ♬
売り切る仕掛人 匠(たくちゃん)です。

昨日の朝、寝ぼけ眼で毎朝、配達してもらっている
産経新聞の紙面をめくって見ながら・・・
紙面の真ん中に折り込まれている「象の日」のまんがを見た途端
めくる手が止まった。

すげぇ~~!! って感動した。

何をオーバーなと思われるかもしれないけど、
このまんがを見て、掲載されている他の新聞を事務所に入る前に
コンビニで購入した。

朝、新聞を見ながら、掲載されている象の日というまんが
初めて見るけど、第4話ってなっていた。

もしかして、毎日掲載されていて、見落としていたのかもって思ったので、前日の新聞を見た。

まんがはなかった (笑)

月一か? 不定期なのか? って考えながら
残念な思いをしていたら、新聞の中折の部分に

『象印マホービンは、おかげさまで本日、100周年を迎えます。』

これは、5紙連動企画です。第一話は日本経済新聞、第二話は読売新聞、第三話は朝日新聞、第四話は産経新聞、第五話は毎日新聞に掲載されています。
象印WEBサイトでまとめてご覧いただけます。

 ● 周年記念新聞広告 告知サイト

この告知を見て、思わずコンビニで各紙買っちゃったわけです。(笑)

象印が開発して届けた商品の苦労話を中心に、ほんのり伝わるマンガでステキでした。

続きを読む 「象の日」マンガで各新聞買っちゃいました(笑)


もしデータ制作時にチラシの会社ロゴが他社と入れ替わったら(笑)

明日は松野先生の「コトマーケティング実践セミナー」に参加します。昨年、本を読んでおもしろかったので楽しみーー!!

そんなこともあって、週の初めから先生の売り方」の神髄 を、昨年読んだのですが、忘れていることもあるので、もう一度、読み直しています(笑)

こんにちはーー!!
データをデザインする売り切る売場仕掛人 伊藤匠です。

本を読んでいて、内容がわかりやすいので、サラサラと読めてしまう。
日々、ブログでお話ししていて、読まれた方に伝わる文章を書かなければいけないと改めて感じています。

明日は「生」でお話しを聞けるのは楽しみです。
ワクワクしてきます。

●本を読んでいて・・・

想像してみて下さい。家電量販店のチラシを。
今でも週末には、2~3社の折り込みチラシが入っているはずです。
その3社の違いは、あなたには分かりますか?
正直、僕はどこも同じに見えます。
会社のロゴが入れ替わっても気づかないでしょう。
そうなんです。消費者から見れば同じように見えてしまっているのです。

という内容をお話しされています。

同感だなーー!!

一回読んでいたのに、気づかないのか?
って言われそうですが、
日頃、打ち合わせでご担当の方と話しているので、サラッと気持ちが流れていました。そんなことをブログにまとめてみました。

週末には、家電店、大手スーパーの新聞折り込みチラシが月末なので、サイズアップされて折り込まれるんだろうなぁー!!

続きを読む もしデータ制作時にチラシの会社ロゴが他社と入れ替わったら(笑)


売り切る仕掛けは、要素を掛け算しよう (笑)

こんにちは!! 売り切る売場仕掛人 伊藤匠です。

ゴールデンウィークに入りましたね。
今朝の電車は、いつもより乗降客も少なく、先週の土曜日から今週の日曜日まで休んでいる会社も少なからずあるんだなぁー(^^♪

ゴールデンウィークということで、ゴールデンウィーク前から、お客様確保もあるのかな?

新聞折り込みチラシがいつもより多く折り込まれていました。
そのチラシを見て、買物ついでにお店の売場を見ましたが・・・

●売場を見た正直な気持ちをお話しすると・・・

チラシはチラシ!!
売場は売場!!

って感じで、連動してないから、新聞折り込みチラシ制作費、もろもろの費用がもったいないなぁ?

●今回お伝えしたいのは・・・

「お店スペック」「チラシ」「スタッフ」「商品」「POP」などの要素を、それぞれ単体で訴求するのではなく

『クロス(✖)』

して考えてみましょうということ。
そんなことをブログにまとめてみました。

週末は「29」日だったので、『肉の市』がチラシでも大きな面を取って告知されていました。

続きを読む 売り切る仕掛けは、要素を掛け算しよう (笑)


売り切るPOPは、お客様への『架け橋』と考えよう(笑)

こんにちは!! 売り切る売場仕掛人 伊藤匠です。

お店で買物していると売場でたくさんのプライスカードやPOPを見ます。そんなPOPを見てると

『POPが不協和音を発している』

ように感じる。
商品についている「プライスカード」「コトPOP」「メーカーPOP」POP内容も、サイズも様々、それぞれが売場で勝手にお客様に話しかけているとイメージしたら、ザワザワしてませんか?
そんなこと考えると売場に一体感がなくなり、騒然とした売場になっていることにきっと気づかれると考えます。

そんな感じで、一度、自分のお店を見てほしい!!

それぞれの商品についているPOPが、勝手に売場でお客様に向かって話しかけている、歌を歌っていたら、ゆっくり買物しようという気持ちになりますか?
そんなことをブログにまとめてみました。

多くプライスカードがついていると伝えたいことが伝わらないのでは?

 

続きを読む 売り切るPOPは、お客様への『架け橋』と考えよう(笑)


「お隣のお店といっしょ」で自分の作りたいお店出来てますか?

こんにちは!! 売り切る売場仕掛け人 伊藤匠です。

今週末も新聞折り込みチラシが、たくさん折り込まれていました。

チラシを見てみると相も変わらず「商品名」「価格」だけ

ボーっと見ていたら・・・
もっと重要なことに気づいた。

●それは、日替わりの目玉商品と呼ばれる商品

・家電専門店でも日用消耗品、お菓子。
・ドラッグ店でも日用消耗品、お菓子。
・ホームセンターでは、日用消耗品。

どのチラシも日替わり商品はいっしょ!!
だからスーパーのチラシと同じような構成になる。

ほんとコモディティ=均質化

差がないから、違いが感じられない。
昔、コーヒーのCMで

『違いのわかる男の、ゴールドブレンド』

ってCMがあった。
違いのわかる折り込みチラシを作りたいものだ。
そんなことをブログにまとめて更新しました。

ロードサイドのドラッグ専門店のチラシ。お店もセルフ化されている中、もっと薬の情報をお客様にお届けしたらどうなんだろう?

続きを読む 「お隣のお店といっしょ」で自分の作りたいお店出来てますか?


POP、チラシで大切なことは伝えることじゃない

こんにちは!! 売り切る売場仕掛人 伊藤匠です。

今回はチラシやPOPの役割についてお話ししたいと思います。折り込みチラシや売場を見てると、できるだけ多くのコトをお客様にお伝えしようと言う気持ちは10分経験者としてわかります。でもお客様立場から見ると伝わってないんじゃないかな?と感じることがあります、そんなことをブログにまとめてました。

あるスーパーの春野菜売場で展開されているPOPは、いろいろな情報があっておもしろい。でも文字が小さくて残念ながら見づらくて伝わりにくい。

続きを読む POP、チラシで大切なことは伝えることじゃない


仕事には相応の価格必要!何でも安くすると必ずしわ寄せがくる!

こんにちは!! 売り切る売場仕掛人 伊藤匠です。

最近新聞を読んでいるとヤマト運輸さんの問題の記事をよく見ます。この問題はインターネット販売の拡大で、取扱量が急増して人手不足で運転手が十分に確保できず現場の疲弊が深刻化している。それとサービスに対する『対価』が合わなくなっているというニュースでした。
そんなことから均質化社会の中、企業経営においても横並び意識が強い中、この問題から考えて、ブログにまとめてみました。

先日、Amazonの商品をヤマト運輸さんに宅配していただいた。思わず「ご苦労様です。頑張って下さい」って声をかけてしまった。

続きを読む 仕事には相応の価格必要!何でも安くすると必ずしわ寄せがくる!


3月になると塾の新年度生徒募集の季節ですね (笑)

こんにちは!! 売り切る売場仕掛人 伊藤匠です。

新聞を開いてみると折り込みチラシが火曜日なのに多くの枚数入ってました。
食品スーパーのチラシも当然入ってましたが、3月も中旬が近づいてきて、学習塾の春期講習、新年度生徒募集の内容のチラシが入ってました。そんなチラシを見て感じたことをブログにまとめていました

このチラシ見てほしいのは、子供さんの親御さん。でも内容は、スーパーと同じで、どこもいっしょ。(笑)

続きを読む 3月になると塾の新年度生徒募集の季節ですね (笑)


チラシは伝えるものじゃなくて、読まれて役割を果たすもの (笑)

こんにちは!!  売り切る売り場仕掛人  伊藤匠です

今週末もたくさんのチラシが入ってました。
ただ見てるとお客様に「うちの店、お買得商品満載だから買ってなのか?」伝えたいことがわからないー!!
同じようなチラシがこんなに入っていたら、普通のお客様は見ないんじゃないかな?! 私は興味があるので1枚1枚見るけど、でも内容がほぼ同じなのでうんざりしてくる。

そんなチラシは費用対効果を考えると『無意味!!』

チラシの役割はお客様に今週はこんな楽しい商品を揃えたので、見に行こうって興味を持ってもらうこと。そんな商品情報をお伝えして、お客様の「行動スイッチ」を入れること が大切だと思います。

やはりお客様に思わず行ってみようという気にさせるチラシそんなチラシについてブログにサクッとまとめていました

フォーマルファッション専門店2店のチラシです。お店はまったく違うのにメインテーマはいっしょ。お客様にどううつるだろうか?

続きを読む チラシは伝えるものじゃなくて、読まれて役割を果たすもの (笑)


新聞折り込みチラシ見てもらうには『チラシ点数』減らそう (笑)

こんにちは!! 売り切る売場仕掛人 伊藤 匠です。

昨日は、折り込みチラシの反応率についてお届けさせていただきました。ただ勘違いしないでいただきたいのは 『折り込みチラシ』『ネットチラシ』『ポスティングチラシ』 が要らないと言っているのではないのです。

経費使うなら見てもらえるチラシを作ろう!!

なんですねーー (笑)
昨日の日経MJに、ユニーの「アピタ新守山店」のニュースが掲載されていました。その記事の中に、次期社長の現在、伊藤忠商事副社長の高柳氏の言葉が紹介されていました。

『GMSは業態や店舗の改革も必要だが、一番大きいのは(従業員の)意識改革

だとコメントが紹介されていました。この言葉には、大手スーパーに勤務して、業務もしていたからこそわかるのですが、「共感」しました。
新聞折り込みチラシ、お店の価値をお届けするために、折り込んでいます。
こんなこと考えたことありますか?

うちのお店のチラシ見てもらってるんだろうか?

そんなことから チラシの点数について ブログにサクッとまとめてみました。

インテリア専門店のチラシですが、部屋にセットした場合のイメージを紹介して、紙面を制作されているので見やすいです。

続きを読む 新聞折り込みチラシ見てもらうには『チラシ点数』減らそう (笑)