カテゴリー別アーカイブ: コモディティから脱出

年中無休が当たり前のようだけど店休日必要なんじゃないかな(笑)

こんにちは~ ♬
売り切る売場仕掛人 匠(たくちゃん)です。

アイキャッチ画像は、シャッター商店街ではありません。
今時、月一の店休日をされるなんばウォークなのです。

大阪のなんばの中心にあるなんばウォークで、月一にこんな日があるのです。通路の照明も落とされ、ところどころのお店でメンテナンスをされていた。特に飲食店ゾーンでは、衛生面の管理上、必要。
改めて、店休日って大切だなぁ~!! って感じました。

お店以外の一般の会社は、たいはんが週末が休みになっている。
急な業務がない限り、普通の会社ならきちんと休みが取得できる。

大手のお店は、ほぼ年中無休ーー!!
でも大手ならスタッフもローテーションを組んで、計画的に休むことができる。でも中小スーパー、個人店は、ほぼ休んでいない現状。
特に中小スーパー、個人店では、ローテーションを組むスタッフを雇えるだけの売上が確保できるないので、休めない。

メンテナンスをされているお店を横目に見ながら、そんなことを考えていました。

店休日には、照明などのメンテナンス、店内の清掃などもできるのです。飲食店以外にも、店休日活用できるんですよねー

続きを読む 年中無休が当たり前のようだけど店休日必要なんじゃないかな(笑)


集客して『 売る 』ことより『強みをお届けする』ことが大切!

こんにちは~ ♬
売り切る売場仕掛人 匠(たくちゃん)です。

店舗で、
お客様を集客するにはどうすればいいのですか?

って、よく聞かれます。
そんな時、あなたも物売りの立場から周りの店を見て下さい。
あなたと同じような店や周りの違うお店などを見て下さい。

まず同じようなお店を見た時に、

・品揃えも変わらない商品
・同じような価格
・同じような訴求の仕方で展開してみませんか?

そんなことを一番に感じませんか?
きっとすでに気づいているはずなんです。
特に、あなたと違うモノを扱っているお店を見比べた時に、
大差ない売り方しているなってより鮮明に感じませんか?

例えば、明後日は土用丑です。
食品売場では、うなぎ、土用シジミ、土用餅、ちょっと引っかけた仕掛けで土用牛(牛肉)が広がっています。
生活用品の売場では、丼、吸い物椀などが、土用丑のテーマPOPをつけて展開されています。

商品を見たお客様にこのお店で買わなければという違いが伝わりますか?

大手のスーパーでは「土用丑」の販売促進ツールを店内にいっぱいつけて展開。ムードでお客様のモチベーションを上げようとしている。でも効果はない。

続きを読む 集客して『 売る 』ことより『強みをお届けする』ことが大切!


売上確保よりお客様の笑顔 ?!

こんにちは~ ♬
売り切る売場仕掛人 匠(たくちゃん)です。

2011年に、今の会社アンディーンノアを起業して、もうすぐ丸 7年が近づいてきました。
他の会社と同じようにシェアを拡大して、売上の確保を目指してきた。

振り返ってみると・・・
最高で10人くらいの人員の会社に膨らんだことがある。
10人となると法定福利費など、洒落にならないくらいの額の支出だった。

どうして10人膨らんだか?

当時は、3本の矢というか?
1本の柱は安定していたので、3本柱を建てて、もし1本の柱が折れても、次の柱でやっていければと考えていた。

でも欠点があった。
それはお客様の業態が、いっしょの業態であったこと。
同じ業態であったため、売上が悪くなると地盤沈下のように同じタイミングで売上が、3本の柱とも低下していった。
そして同じようにどの会社も経費カットに走った。

●どうしてこうなったか?

同じ運営方法、価値提供方法で、お客様に商品をお届けしていたからだ。

当時、請け負っていた業務は販売促進企画、チラシ、ツールの制作。経費のカットで、大きな当社もダメージを受けた。
スタッフは、敏感なもの。それは当然なことだ。
家族を養っているのだから・・・業績の悪化を察して離れていった。

そんなことをここ1カ月間考えていました。(笑)

どんな人でも出世を夢見るもの。(東京愛宕神社・出世の石段)

続きを読む 売上確保よりお客様の笑顔 ?!


ゴレンジャーのような組織ってすてき~ (*´∀`*)

こんにちは~ ♬
売り切る売場仕掛人 匠(たくちゃん)です。

大学卒業して、35年間!!
大手スーパーの業務のお手伝いをしてきました。
チラシ、POPなどの販売促進ツールのデザイン制作。
売場の作り方などの販売企画、そんなことをお届けしてきました。

● お客様の集客
● モノ、サービスの価値を見つけて伝える

そんなことを中心にお届けしてきました。

昔、勢いのあった大手スーパーの勢いもなくなり
現在では、毎日、半端ない情報が流れて、
どんどんデジタル化が進む中、アナログがダメなように言われる。でもずっとアナログツールの制作をお手伝いしてきたので、
欠落させたらいけないものを考えたりしていると・・・

・名刺
・リーフレットなどの挿し込みまんが、四コマまんが
・お店の集客、企画相談  などなど

これらを自分の目線で、新規事業で始めようと考えました。
名刺なんて、ヒアリングしながら話しを聞いていると、けっこう楽しい。ワクワクしてきます。
会社で新しいことを始めようとすると・・・

「僕にはそんなことハードルが高過ぎて出来ない」

という人が出てきたりしました。
そんなことから、僕の思う会社組織の話しでも・・・(笑)

僕の理想は『 ゴレンジャー 』!!
現在、モモレンジャー、アオレンジャーは、産前産後休暇取得のため休暇中です(笑)
それでも戦っていける話しでも・・・

ジェネレーションギャップを解消するには、個性化で個人の能力を生かすこと。

続きを読む ゴレンジャーのような組織ってすてき~ (*´∀`*)


中小のお店、会社にはチャンスな時代!!

こんにちは~ ♬
売り切る仕掛人 匠(たくちゃん)です。

読売新聞を読んでいると・・・
関西圏のスーパーの営業減益のニュースが紹介されていた。

2018年4月12日 読売新聞より

相変わらず、GMSやスーパーなどのチェーンストアは、たいへんだなぁ~!?

チェーンストアって「スクラップ アンド ビルド」

売上の悪いお店は潰して、新しい店を出店する。
その成長が止まって、苦戦している。
出店できないから「いいモノをより安く」。
高効率と価格力で伸びてきたけど、量の戦略が効かなくなった。
おまけに人件費が高騰して、影響を受けている。
八方ふさがり~~~!!

でも打つ手はいっぱいあるのに・・・
どうしてしないのか? 不思議ちゃんです。

同じように大きな会社もどんどん業務内容を変化させている。
家電の会社が、リフォームの会社になったり・・・

そんなことを考えていると・・・
中小の会社やお店には、今、目の前にチャンス
がぶら下がっている超楽しい時代だって感じる。

昔は、レジでも一人のお客様がふたカゴくらい持って並ばれる姿をよく見た。最近は、買う量も少なくなっている。

続きを読む 中小のお店、会社にはチャンスな時代!!


名刺は自己紹介カードではなく、人とつながるツールなんです。

こんにちは~ ♬
アンディーンノアの伊藤(オーパ)です。

僕が初めて名刺を持ったのは・・・
大手スーパーに入社して、初めて会社から名刺をもらった。
大手スーパーだったので、名刺交換させていただいたのは、問屋とか、メーカーのお店担当の人だった。

その頃は、大手スーパーの看板もあったので・・・

名刺交換の場は、
「日用消耗品担当している伊藤と申します」
と自己紹介だけでよかった。

でも小さな会社では、異業種交流会、セミナーなどで

「株式会社アンディーンノア 社長の伊藤と申します」

と名刺交換しても、僕の会社の名前って、100%知られていない。だから名刺交換しても、単に自己紹介して、名刺をお渡ししてもお客様、クライアント様には

会社のコト、僕のコトは伝わらない。

● 名刺交換するというコトは・・・

「仕事でつながれれば・・・」
「人脈を拡げれれば・・・・」

という淡い期待があるから、みなさんされているのではないでしょうか?
会社から名刺を渡されるというコトは、会社もビジネスでつながって拡大していきたい。ビジネスを円滑に流していきたいという思いから渡すのではないでしょうか?

● 僕は、今の会社を起業して、どうやったら・・・

・ 名刺交換した方とお友達になるか?
・ 名刺交換した方とビジネスでつながるか?

僕にとって、名刺は、単なる自己紹介をするツールではなく、
お客様とつながるツールとばかり考えてきた。
自己紹介カードだと思っている人とは、違った考え方です。
名刺を渡している会社スタッフにもそんな思いを込めて制作して渡してきた。

1. SNS情報化社会での名刺。
2. 小さな会社にとって名刺交換の場は、自己紹介じゃない。
3. 名刺は、費用対効果の高い『 つながりツール 』。

 

2月28日(水)大阪・本町のおおきに会議室で『仕掛ける名刺セミナー』を開催させていただきます。

続きを読む 名刺は自己紹介カードではなく、人とつながるツールなんです。


なんばの「元祖とんかつカレー カツヤ」59歳の秘訣はカレーソース!!

こんにちは~♬
アンディーンノアのオーパ伊藤です。

事務所から歩いて10分くらいのトコに
いつもお邪魔する「元祖とんかつカレー カツヤ」さんがある。

今日はカレーが食べたいなぁ~  ;-) 

って思って、今日も行っちゃいました。(笑)
事務所の近くに、カツカレーが食べれるお店って、いっぱいあるのですが・・・

僕はどうしてカツヤさんのカレーが食べたいのだろう?

って考えた。
カツヤさんには、事務所にお昼時に来られたお客様ともよくいっしょに行ったりする。だってカレーを口にされた時のお客様の顔がステキで大好き~~  😉

カレーって、好きな方が多い料理のひとつ~!!
子供だって、大人だって大好きだから、カレー屋さんって気軽に入れる。

カツヤのカツに使われているお肉も他のお店ではない部位が使われていたりする。
たとえば希少部位のシャトーブリアン!!もそのひとつ。シャトーブリアンのカツカレーなんて、他のお店探して見つからない。
値段は、3,500円。
日頃、500円くらいのカレーを食べてる人からすれば、きっと

「高い~!!」

って感じるだろうけど、それ以上の価値があるから食べてしまう。安いか、高いか、食べた人の価値観の違い。

今日もカレーが来たら、各テーブルに座っているお客様の視線が集中した(笑)

でもシャトーブリアンのカツなんて、マネしようと思えばできる。カツヤの人気の秘訣は、そんなことじゃない。
そんな老舗の秘訣をまとめてみました。

1. カツヤのカレーソースは、お客様への思いが、いっぱいつまってる。
2. 老舗は、アート感だ!!
3. 老舗の秘訣は、選ばれて、愛されるスタッフ。

いつ食べてもおいしいのは、時間をかけて作られたカレーソースだから。製造内容を知るとアートだ。

続きを読む なんばの「元祖とんかつカレー カツヤ」59歳の秘訣はカレーソース!!


ちょっとした一言で喜んでもらって「うれしい」!!

こんにちは~♬
アンディーンノアのオーパ 伊藤です。

昨日、超うれしい連絡をいただいた。
新緑の華やかな5月に「個」発見LIVE というセミナーをさせていただいた。初めてのセミナーやったけど、いっしょにセミナーをさせていただいた小林裕子さんの話し方人気もあって、多くの方に集まっていただいた。

セミナーの後、軽食を楽しんで、
午後からは ビジネスマルシェ という企画。
別スペースでお店をされてる方も商品の販売、自分の会社のサービスを伝える企画があった。
そのスペースをのぞきながら、会社のスタッフのお茶タイムに楽しんでもらえるお菓子でも買って帰ろうと思った。
それが Souriant(スリアン)の「いちじくのフィナンシェ」

● オーダーメイド焼き菓子販売焼き菓子スリアン ブログ

僕はいちじくが大好き!! スタッフに買って帰って、みんな笑顔で食べたように記憶してる。

僕は出張に行っても、よくお菓子をお土産に持って帰る。
頑張ってくれているスタッフに、ちょっと気抜きしてもらいたいから  🙂

そんなことで、いちじくのフィナンシェを買った時に、ボソッと言った一言が、オーナーの参考になったようで、今回、お話しをいただいた。その時にお話ししたことはこんなことでなかったかな?

1. 他のお店と同じような焼き菓子作っても埋もれるだけ。
2. 自分の強みを生かそう~♬
3. つながりを作って、お客様の声を集めるコトが大切。

続きを読む ちょっとした一言で喜んでもらって「うれしい」!!


流行っているお店はチャンスを拾ってる!!

こんにちは~♬
アンディーンノアのオーパ伊藤です。

お店では、売れない、売れない、売れない・・・
お客様は、不要なモノはいらない、いらない、いらない・・・
こんな時代になってからけっこう経過した。

ずっとお客様とクロスせず、平行線のまま推移してるんじゃないかな?

でもねぇ~!!
先日の大阪の北浜の「よし富」さんじゃないけど
流行っているお店は、予約しないと入れないお店がある。

どこが違うの? 

ってよく聞かれるけど、それは

「自分のお店のお客様にLOVEしてるか?」

ってことなんじゃないかな?
僕もお店で買物していていつも思うのです。
お店がお客様の方に顔を向けていないなぁ~?

食器棚から引っ張り出してみました。小皿は、まだまだいっぱいあります~(笑)

続きを読む 流行っているお店はチャンスを拾ってる!!


AIの進展で「自分らしく生きれる時代」~ ♬

こんにちは~♬
アンディーンノアのオーパ伊藤です。

● 新聞では、AIの進化や企業のコスト競争力強化による

・企業の業務のオペレーションの簡略化。
・企業の新サービスの紹介。 などなど・・・

毎日、そんな記事がメディアのどこかに紹介されている。

特に、業績悪化による人の削減のメディア報道は見たくない記事だ。

今月初めにみずほフィナンシャルグループが、
店舗2割削減、26年度末に1.9万人減らす ニュースが流れていた。

どんな会社でも競争が激しく、コスト競争力の強化が必要なのは、会社がお世話になっている大手スーパーの業務でも目のあたりしている。

僕が大手スーパーに入社した頃は・・・
この会社で、定年するまで頑張ろう!!と考えていたもの。
今、そんなことを言う若い人はいない。

でも個人を取り巻く環境は、どんどん加速し変わっている。
特にAIは、人間が機械的に出来る単純な仕事をどんどん吸収していっている。

僕は、AIの進展と共に、人が人らしく考えることが出来る時代が来ると思う。

続きを読む AIの進展で「自分らしく生きれる時代」~ ♬