3秒の勝負にかけてきた35年(笑)

こんにちは~ ♬
売り切る仕掛人 匠(たくちゃん)です。

35年間、リアル店舗のお店や
逆にお店の裏側から応援するPOPデザイン、企画の仕事を
企画デザイン会社で経験してきました。

そんな仕事をしながら大切にしてきたことがあります。
それは「 時間 」です。

こんなこと知ってますか?

お客様のお店の滞留時間が長くなると、
比例して売上も上がる!!

ってこと。(笑)

このブログを読んでいただいている方は、
以前にもお伝えしたことがあるので、ご存知かも?

僕が大手スーパーに入社した頃は・・・
土日は、多くのお客様にお店を利用していただいた
現在のような姿は、当時は想像もできませんでした。

その当時は、特に土日は、駐車場渋滞もあったりで

いかにお客様の滞留時間を短くして、
多くのお客様が利用していただくか?

お客様の回転性を重視した売場作り!!

お客様が欲しい目玉商品、話題商品は、
一番目立つ場所で展開して、量を販売した。

でもいろいろな経済ショックが続き、
お客様の財布のひもがかたくなってきた。

その頃から

・マグネット売場
・クロスMD
・客同線

を考えた売場作りが問われるようになってきた。
そしてプライスカードだらけの売場で
商品の価値を伝えるコトPOPが必要だと話題になってきた。

その頃から「3秒の勝負」にかけてきた(笑)
3秒って? (笑)

売場の演出、POP、通路の確保は、お客様に立ち止まって、商品を手に取ってもらうために、大切な要素だ。

商品を売場に並べれば、
お客様が立ち止まって、商品を手に取って見ていただく時代
商品を並べれば、売れた。

そんな作れば売れる時代、並べれば売れる時代
そんな時代は、とっくに過ぎ去り
良いものを作れば、まだまだ売れることも夢!!

良いものはあふれ、悪いものを探そうとしても
見当たらない時代に、
無理矢理「売ろう」という意識が

価格破壊、低賃金雇用、偽装、食料廃棄など

様々なトラブルが起こっている。
そんな中、売場で「 3秒の勝負 」にかけてきた。

・売場のPOP
・売場の企画
・売場のイベント
・集客チラシ

なぜ3秒かというと・・・

売場を歩いていることをイメージして下さい。
売場の前を歩きながら、POPに目線を送る時間は

3秒なのです(笑)

その3秒で
お客様の足を止めることを目的に考えてきたのがPOP

こんな風にスタッフと商品カテゴリーごとの切り口を考えて、POPに落とし込んでいくのです。

企画書は、過去の母の日ですが・・・
母の日であれば、2月くらいから考えて
デザインビジュアル、企画案、イベント案、そして展開商品などを考えていくわけです。

そしてお店には、
カーネーションなどの予約早期割引販売以外の
母の日の本番の企画書が3月末くらいに届くのです。

母の日と言っても
売れるのは、手ごろなカーネーションの鉢花くらいですが
衣料品、生活用品などもプレゼントなどで売上を確保していきたいわけです。

売上を確保するために3秒にかけてきたわけです。(笑)

お店の売場のファーストアプローチは3秒なわけです。

お届けしている仕掛ける名刺も
名刺交換というファーストアプローチで
必要なツールです。

名刺交換した相手の方にどうやって興味を持っていただくか?
興味を持っていただければ、笑いながら話しが勝手にはずんでいくのです。

僕は、名刺交換も「3秒の勝負」だと思っています。
お互いの簡単なあいさつをすると長くても10秒!!
秒の勝負には変わりない(笑)

先日、経営者のコミュニティの場で
名刺交換をさせていただきました。

僕以外の方は、
5秒から10秒くらいであいさつを済ませていかれるのですが
僕の前には、名刺の物珍しさもあって、4~5人くらい並ばれました。

● 名刺交換しながら、うれしいことがありました!!

まったく初対面の方から

「どんな人とおつなぎしたらいいですか?」

ってお声がけいただいたこと。
まさにコミュニティの理念の

「ギバーズゲイン」

を実践されている方が多かったです。
この話しは、後日させていただくとして・・・

5秒 ~10秒の名刺交換をされた方と
僕の名刺交換の違いは何でしょうか?

5秒 ~ 10秒の間隔で名刺交換された方は、多くの方とあいさつをされています。でも翌日にどれだけの方の記憶が残っているか? 逆にされた方の記憶に残っているか? です。

5秒~10秒のあいさつで、よほど興味がなければ
記憶に残るはずがない!!

ここが一番初めにお話しした
お店の売場のPOPと同じなのです。

お話しする時間が長ければ、
相手の方の記憶に残るのです。

まして「どんな人とおつなぎしたですか?」とお声がけいただければ、さらにアップするのです。

よくたかが名刺と言われる方がおられますが・・・

ファーストアプローチの機会を大切にするなら
しっかりした名刺をお届けすることで

3秒が、1分、2分に時間が延びる!!

そんな名刺は、どんな名刺かというと

「あなたにこんなことをお手伝いして、
お届けできますよ」

ということをお伝えすること。
そのために

・とんがったUSP
・人柄

をしっかりカードにデザインしてお届けすることです。
ファーストアプローチは、大好きーー!!
やはりこだわりたいものです。