「熱帯魚」カテゴリーアーカイブ

水族館の魚の解説板って見られるのかな?!

水族館に入ると・・・
けっこう新しい水族館では、目の前にドーンと大水槽が広がる。
その水槽の中では、近隣の海で泳いでいる魚がスイスイ泳いでいる。

ふと水槽の枠を見ていると
水槽で泳いでいる魚のうんちくが記載された解説板が目につきます。
大水槽では、いろいろな魚が泳いでいるので、けっこうの数の解説板が取り付けられている。
表示サイズ、仕様も様々。

取付表示位置は、水槽ごとに一定ではなく、統一した方がいい。

日頃、お店の売場のPOP、リフレットなどのデザイン、制作のお手伝いをしているので、

この解説板をどれだけの人が見ているんだろう?

興味があったので
お客様の流れから一歩下がって見ていました。

解説板は、昨日ブログでお話しした
お店の売場についている商品名・プライスだけの「スペックPOP」といっしょでーす。

売場でも時々、昔からお客様の後ろからお客様の動きを見てました。
これって、大事なことなのでお店の方は、
自分のお店のお客様の流れを一歩下がって見てみた方がいいですよ。(笑)

百科事典、図鑑に載っているようなむずかしいことが紹介されている。

続きを読む 水族館の魚の解説板って見られるのかな?!


水族館から学ぶ「いただきます」の心

こんにちはーー!!
売り切る売場仕掛人 オーパ伊藤です。

ピラルク、アロワナ、ドラド、大型ナマズを飼育していた頃
決まって聞かれたことは、エサのことでした。

「この魚のえさ何なんですか?」
「冷凍のワカサギ、豆あじ、生きた金魚」

と答えると・・・

「へぇ~生きた金魚をあげるんですか、 残酷ですね」

って、決まって言われてきた。
でも動物の中で、人間が一番残酷だと考えてしまう。

●海外の映画などでは食事をする前に、お祈りをするシーン
●大好きな「サザエさん」で家族で食事をする時

 「いただきまーす!!」

と手を合わせて、食事をするシーンがある。
このシーンは、どれだけの人が意味がわかっているのかな?

水族館、動物園などの施設では・・・
魚や動物が食事をする時が人気の時間になっている。
食事時間は、列が二重三重になって多くの人が集まっている。

各施設でのお食事タイムを見ながら、ふと感じたのが・・・
お店でも「食育」と言いながら、食材をバランスよく取りましょう。
という啓蒙ポスターがついていることを思い出しました。
そんなことをブログにまとめてみました。

お店を歩いていると、こんな啓蒙ポスター見ますねー!!これも仕掛けのひとつなのです。

続きを読む 水族館から学ぶ「いただきます」の心


ピラニア水槽もマグネットスポットに変わる

こんにちはーー!!
売り切る売場仕掛人 オーパ伊藤です。

ピラニアって、アマゾン川に住んでいる魚です。
昔の映画やアニメのイメージがあるから
一瞬で白骨化してしまうイメージを持っていませんか?

普通、引き付けられる水槽は、ピラルクなどの大型魚が泳ぐ水槽です。実は、このピラニア水槽が、マグネットスポットに変わるんです。

昔、ピラニア・ナッテリーという、一番ノーマルなピラニアを飼育していました。
ピラニアの水槽を掃除する時は、手袋をして、出来る限り、水槽に手が入らないようにしていました。
でも掃除をしていると逃げ回るんです。
掃除しながら見ていると面白かったことを覚えています。

一般の人は、ピラニアってこわい。
そんなイメージが残っている魚です。
アマゾン川にはまった動物が、一瞬に骨皮になる姿。
ピラニアは、怖い魚だとメディアで人のこころにインプットされている。

でも実際の姿を伝えることによって、
お客様が立ち止まって見るポイントになったりするのです。
そんなことブログにまとめました。

ピラニア・・・鋭い歯と頑強なあご。群れで泳ぐ水槽はこわいもの。

続きを読む ピラニア水槽もマグネットスポットに変わる


アクアリウムはインテリアの一部だ(笑)

関西のアクアショップって、ずいぶん減ったなぁー  😥
東三国にあった「アフリカ」というお店は、大型魚の扱い種類が多く、会社帰りによく立ち寄ったりした。
でも東三国のお店は、残念なことにもう閉店されたちゃった。
どうしてアクアショップって、長続きしないんだろうって考える。
売るノウハウはいっぱい持っているので、いつかアクアショップもお手伝いしたいなぁ?

だって大好きだから・・・(笑)

●お店が減ったことを考えると・・・

昔ながらのアクアショップは、お店の水槽に水草なども植えずに、ただ魚を泳がせているだけだった。
その頃は・・・

「この魚、5匹」ちょうだいーー!!

って感じで、買って帰る。
その頃は、玄関に設置された水槽で魚が混泳する姿を楽しむのがメインだった。

だから当時のお店の水槽は、魚を泳がせるだけで売れていた。
でも時代は変わった。
それではお客様が魅力を感じず、売れなくなった。

どうしてか?

お客様のニーズが多様化したこと。

●混泳を楽しむ方
●繁殖を楽しみ方
●大型魚のみ楽しむ方
●アクアリウムを楽しむ方 などなど

こんなニーズに分かれていった時に
アクアショップは、すべてのニーズに対応しようとして、すべてのカテゴリーに平均的な品揃えをしたので、魅力がなくなったように感じる。

こんにちはーー!!
データをデザインする売り切る売場仕掛人 伊藤匠です。

アクアショップがあふれてほしいので、アクアショップの売場作りで感じることをブログにまとめてみました。

水槽は、四角の形状のモノが多い。でも、目的に応じた形状、重量のモノが、現在は求められているんじゃないかな?

続きを読む アクアリウムはインテリアの一部だ(笑)


お客様に喜んでいただくには「目線」が大切❣️

好きなマンガのひとつに『ROOKIES』があります。
ROOKIESの第8巻に、お店の参考になるシーンがあります。

川藤幸一
「彼らは未熟なんです。我々と同じ物の見方をしろと言ってもそれはまだ無理なんです。だから我々が彼らと同じ目線をもってやらなきゃいけないんです。」
辻先生「あ?」
川藤幸一
「デパートやなんかに家族連れで行くと子供はすぐに疲れた、抱っこしてって言うでしょう、なぜだかわかりますか。」
辻先生「だから子供は身勝手だと言うんだ。」
川藤幸一
「ちがうんです。それは全て商品が大人の目の高さを想定して並べてあるから子供にはよく見えなくてつまらないからなんです。でもおもちゃ売り場で疲れている子供はいない、それは全て子供の目の高さを考えて配置してあるからなんです。
逆に今度大人はそれを見下ろす形になる。教師と生徒はそれじゃだめなんです。子供の目の高さでは何が見えているのか、今度は大人が床にはいつくばってでも同じ目線を持ってやらなけらばならないんです。彼らは本当はもっともっと我々と話したいんです。もっと色々聞いて欲しい事があるんですよ!」

水族館やお店の売場を見ていて、川藤監督もいいこといってたなぁーー(笑) 思い出しました。

こんにちはーー!!
データをデザインする売り切る売場仕掛人 伊藤匠です。

私は小さい頃から両親について買物に行くのが好きでした。
でも週末、お店を見ていると、親子連れのお客様って、子供さん人口が少ないと言っても、あまり見かけません。

水族館を見ていて、このROOKIESの川藤監督の言葉を思い出しました。マンガも何気なく読んでいると単なるセリフと流してしまいますが、参考になるとチェックしていると、こうやって考えたりもできるのです。そんなことブログにまとめてみました(笑)

須磨水族館の入口を入ってすぐの大型水槽です。小さな子供さんでも目線に魚が泳いでいるので、喜んでみています。

続きを読む お客様に喜んでいただくには「目線」が大切❣️


大好きなアクアショップから売上を変える方法を考えました(笑)

東大阪市に私がよく立ち寄るアクアショップがあります。
熱帯魚はもちろん。水草、関連商品も豊富に揃っています。

このお店の店内には・・・
レイアウトグリーン水槽がたくさん演出されています。
そんな水槽を見ていると思わず、作りたくなっちゃう。
スタッフの方も熱帯魚が大好きなので、詳しく説明してくれる。

こんにちはーー!!
データをデザインする売り切る売場仕掛人 伊藤匠です。

このお店の熱帯魚、水草を見ていると・・・
アクアショップでないお店でも参考になることがあります。

少し考えてみると・・・
熱帯魚に興味のない人って、当然アクアショップには行かない。
アクアショップって、趣味性の高いお店です。
でもこのお店は、ピーク時には、二つある駐車場が満車になったりするほど多くのお客様が利用されます。
このお店で水槽を見ているお客様って、ファミリーやカップルで来られているお客様を見かけます。

たまたまお付き合いで来た方も
こんなアクアリウム水槽を作りたいなぁーー!!
って思わせることはできる。

そんなことを考えると『売り方』も変わるのです。
当然、売上も変わるそんなことブログにまとめてみました。

私の父が熱帯魚を飼っていたので、小さい頃から水槽って、家族の集まる場だったりしました。

続きを読む 大好きなアクアショップから売上を変える方法を考えました(笑)


個性的な魚の顔って記憶に残るものです!!(笑)

アクアトトぎふで水槽で泳ぐ魚を見ながらふと思った。

小さい魚は見ていても、個体の違いがわからない。
大型魚になると、魚の顔、スタイルが違うことに気づく。
同じ魚でも、人間と同じようにいろいろな表情がある(笑)

魚と言えば、表情がないように思われがちですが、
よく見ると一匹一匹異なるので、笑ってしまった。
魚に興味のない人にしたら・・・

「魚の顔はみんな いっしょじゃん!!」

って言われそう・・・!?

こんにちはーー!!
データをデザインする売り切る売場仕掛人 伊藤匠です。

アクアトトぎふのアマゾン川の大型魚の水槽を見ながら、
ひとりピラルクの泳ぐ姿に興奮して・・・
「オーパ!」とささやきながら (笑)
(ちなみにオーパは、ポルトガル語で「驚き」を表す言葉。)

私は、テンションMAXーー!!

時計を見ると、1時間近くも座っていた。
ここが「熱帯魚バカ」と言われる由縁(笑)

3匹のピラルクを見ていると、成長度合いもあるが、ピラルクの特徴の尾っぽの「赤」の出方が違った。

ちょっと横道に逸れましたが・・・
水槽で泳ぐ3匹のピラルクを見て
同じピラルクという魚でも個体によって違うということ。
エサが回っている魚は、胴体が丸々してゆったり泳いでいる。
当然、体表のつや、尾っぽの赤の出方もレッドに近い。

3匹のうち、1匹だけ、胴体が痩せて、体表もくすんでいる。
赤の出方発色もとんど消えかかっているピラルクがいた。
もしかしたらオーパといっしょで高齢なのかな? (笑)

魚の顔も個性的。
人間もひとりひとりスタイルも性格も異なる。
でも個性が表面にあふれている方が、覚えてもらいやすい。
それはビジネスでもいっしょ!!
だから

『個性って大切だなぁー(笑)』

って感じます。そんなことをブログにまとめてみました。

ピラルクの顔!! 1億年も変わらず生きてきた重厚感がある。でも人によっては「何これ?!」とも言われる。オーパ! 的には、好きだなぁ(笑)

続きを読む 個性的な魚の顔って記憶に残るものです!!(笑)


水族館で『これがお店の売場の本来の姿だなぁー!!』って感じたこと。

百貨店、大手スーパー、食品スーパー・・・
人が集まるから、ビジネスにつながる。

昔は、週末なんてすごい客数だった。
若い頃に担当していた日用消耗品、家庭用品などの売場では、お客様の利用されるショッピングカートが必須の準備だった。

●店長から・・・
「食品売場のショッピングカートがない。
各階にあるショッピングカートをおろせーー!!」

と指示が週末の夕方には決まって流れてきた。(笑)
それだけ今と違って、客数が多かったということです。

普通は、お客様といっしょにエレベーターに乗せておろすのですが、そんな時間はエレベーターもいっぱい。
●エレベーターに乗っているお客様は・・・
「エレベーターに乗せないで・・・!!」
って、目線で私を見てくる。

そんな時「エレベーター待つのめんどくさいーー!!」
ショッピングカートを5台くらい抱えて、階段で運んじゃいました。重かったーー(笑)

こんにちは!!
データをデザインする売り切る売場仕掛人 伊藤匠です。

●週末、買物に行った時に・・・

・お店に多くのお客様がいる店
・まったく閑散としたお店

両極端の姿のお店が現在ある。
でもそんなお店でも食品売場にはそこそこお客様がいる。
問題は、ファッション、家庭用品などの非食品売場だ。

お店は、お客様が自然と集まるのが本来の姿。

そんなことを考えていると・・・
先日行ったサンシャイン水族館、天王寺動物園には、家族の行列。
よく考えると、昔お店って、ご近所さん、家族の笑顔があっちこっちで見られた。
家族連れのお客様は子供さんが

「これ、買って・・・!!」
って、ダダこねて、座り込んで動かない姿をよく見た。

水族館の行列を見て、お店の売場の本来の姿って、こうだな!

って感じた。
そんなことをブログにまとめてみました。(笑)

このアロワナは「ブラックアロワナ」と言って、よくCM、ドラマの水槽で泳いでいる「シルバーアロワナ」とは違う魚です。

続きを読む 水族館で『これがお店の売場の本来の姿だなぁー!!』って感じたこと。


「らお」➡「オーパ!」にニックネーム改名しました(笑)

今日もシトシト雨が降っている。
梅雨だなぁー?!
梅雨ってムシムシしているからイヤがる人も多い。
でも梅雨があるから、育つ植物があったり、梅雨がなると元気になる生き物もいる。
日本という国には、「春夏秋冬」の四季があるから、いろいろな楽しみが出来ると考えれば、趣深い楽しみがいっぱいある。(笑)

最近は、仕事バタバタ・・・
家の引っ越しなどもあって、バタバタ・・・
忙しい時は、カラダは疲れているものの
テンションマックスなので、あっという間に七月を迎えたって感じです。
梅雨入りと共に、少しブログの更新に間が開いてしまいました。
『すいませんーー!!』

更新できていないのに、過去のブログ記事を見に来ていただき、感謝です。
『ありがとうーー!!』

こんにちは!! 売り切る売場仕掛人 伊藤匠です。
今回、ニックネームを「らお」「オーパ!」に改名しました。
そんなことをお話ししようっと (笑)

開高健の一冊の本が、私に大きな影響と楽しみを与えた。その本が「オーパ!」(笑)

続きを読む 「らお」➡「オーパ!」にニックネーム改名しました(笑)