「イベント・販促企画」カテゴリーアーカイブ

売場は、POPのゴミの山?

こんにちは・・・ アンディーンノア社長 伊藤です。

POP!!って?

POPって・・・何って思われる方もおられると思います。簡単に言えば、買い物に行かれて、商品についている商品名や値段をお客様にお知らせするカードのことです。

__ 3

POPとは、”Point of purchase advertising ” の頭文字を取った略語です。売場の商品を販売促進するために使われている上の画像のようなカードを総体して言います。英語をそのまま和訳すれば、「購買時点販促」と訳され、商品購入を促す役割を持ちます。

POPの種類は、商品まわりで活用されるPOPは、プライスPOP、商品の説明、活用方法などを記入した機能POPなどに、大きく分けられます。また手書きPOP、パソコンなどで作られたデジタルPOPと作り方からも分類されます。大きなチェーンストアの場合、デジタルPOPが多く、個人販売店、専門店などの場合、手書きPOPが多いです。

POPの役割は、商品に対する思いを伝えて、お客様に共感を生んで、いかに購入してもらうか?

その目的のためにPOPが存在しています。POPを作成する上での注意点をお話しすると・・・

  1. POPは、売場に付ける量が多ければいいということではありません。
  2. POPは、サイズが大きければいいということではありません。
  3. POPは、情報を多く載せればいいといいうことではありません。

たとえば自分が、何か?買い物に行った時に、欲しい目的物がある場合は、興味深く立ち止まって見ますが、ウインドーショッピングで買い物をする場合、自分の歩くスピードを考えて下さい。興味のない商品の場合、けっこう早いスピードで歩いていませんか?

そこで、もう一度・・・上の画像のPOPに登場してもらうと・・・

__ 3

画像のような品名とプライスだけのPOPで立ち止まりますか? 

POPの機能には、お客様が足を止めて立ち止まるような、アイキャッチ効果が必要ですし、共感を生むコピーが必要です。 売場には、この「HEAD メンズ メッシュキャップ」の他に多くの種類の帽子が販売されているはずです。でもこの帽子にPOPを付けて、販売を強化するということは、「この帽子はいいんだよ!!」とお客様に共感してもらわなければ、単なる紙切れです。 紙切れは、いくら付けても、お客様からすれば、不必要なのです。

たとえばこんなアイキャッチコピーをつければ、どうでしょうか?

  • 「これからの季節に活躍!!メッシュだから涼しい」
  • 「通気性GOOD!!」
  • UVカット率99% ムレにくく、涼しいメッシュ帽子!」

などのコピーを付けたら、どうでしょう?

不必要なPOPがたくさん売場に存在すればどうでしょう?

  1. 商品そのものの特性、POPサイズによりますが、POPが多く付いていると売場の商品が見えにくくなります。
  2. 自分がお客様に販売したい商品への思いが伝わりません。
  3. 売場が汚い。

悪循環ばかりが生まれます。売場は、お客様に共感を持っていただき、商品を購入していただいて、初めて役目を果たしたことになります。そのためにPOPは必要なのです。

リアル店舗とネット店舗の違い

最近、リアル店舗で商品の仕様や使いごち感を確認して、価格の安いネット店舗で購入するということが、スマホの発展で話題になっています。それは、現在、リアル店舗の売上が伸び悩んでいる要因のひとつにもなっています。ただ、そんな店舗ばかりではありません。実際、高い値段でも商品が売れ、売上を伸ばしている店舗が存在しています。そんな店舗とどう違うのでしょうか?

それは・・・

「共感」を生んで、関係性をつなげて、ファンになってもらっている。

本日もつたない話に長々とお付き合いしていただきありがとうございました。つづきは、また次回に・・・!!

 

 

 

 

 

 

 


新聞折り込みチラシは、お客様への案内状!!

こんにちは・・・ アンディーンノア社長 伊藤です。

スーパーや小売店の新聞折り込みチラシは、火曜日、木曜日、週末に主に入ります。チラシは、「散らかすもの」→「散らし」→「チラシ」と言われるようになったようです。

新聞折り込みチラシは、お客様への案内状!!

__ 1

続きを読む 新聞折り込みチラシは、お客様への案内状!!


伝える力 VOL.1 ~なぜ?必要~

こんにちは・・・ アンディーンノア社長 伊藤です。

伝える力 VOL.1

日々、私たちは、話したり、聞いたりして、思いを「伝える」、話すことによって「コミュニケーション」するなどの行為をしています。私は、会社のメンバーと、日々、いろいろな方と話をする中で、「伝える」ことって、難しいことだなぁ?って感じています。それは、私がビジネスでやりたいことが伝わらず ・・・ 結局は、自身で動くことがほとんどだからです。

またソーシャルメディアがひとつのインフラとして社会に溶け込んでいく中で、私もfacebook、twitter、Google+などをしています。facebookでは、現状、500人を超えた友達がいますが、どれだけの方に私の思いが伝わっているのか? 私の思いは、実際、少数の方しか? 伝わっていないのが現状で、思いを伝えるには、どうしたらいいのか? よく考えます。それは自己満足のような投稿では、思いは伝わらないと言うことです。

先日、合宿セミナーでお世話になった藤村正宏先生のBLOG、facebook、twitterなどの投稿を、毎日、拝見させていただいているとよくわかります。藤村先生は、セミナーでお話をしている中で、よく「伝わっていますか?」と重要なキーの部分では、確認されます。まさにソーシャルメディアの不特定多数の方に情報を流される中で、常に「伝える」と言うことを考えてアップされているので、誰が読んでもわかりやすい言葉で表現されています。だから、「伝わる」 ・・・ そこに共感が生まれる。藤村先生のエクスマの考え方のBLOGを一度、見ていただければ、わかりやすいと思います。

http://www.ex-ma.com/blog/about-exma

業務で進めさせていただいている小売業のリアル店舗の店頭の販促ツールや売上げを確保するための企画 ・・・ 不特定の多数のお客様に情報発信を「売場」を行っているのに、それが、お客様に伝わっているのか? と考えた時に、お客様には伝わっていない部分が大きいのではないか?と思います。

「なぜ?」 それは見られるお客様の立場にたって作られていないと思うからです。売場をまわっても、これが「ほしい」「買いたい」と言うモチベーションが上がる売場がありませんし、この売場の商品は、誰が「ターゲット」だから、そのターゲットにあった売り方をしていないの現状だと思います。それは、私自身が、売場を作って、お客様に商品を販売していた経験があるので、売場を作っている方には申し訳ないのですが、チラシに掲載されている「広告の品」だから売場のここに置かなければならない。また大手小売業なら本部のバイヤーが送り込んできた商品だから売場に置かなければならないと言う形で、売場が、本来買っていただきたいお客様に向けての「買い場」で無くなっているのです。そこには、売場を作られる方の思いが売場に入らなくなってきているのが現状だと思います。

私は、東京に行って、ブラっと歩いたりしますが、コンビニの数が、半端ではないのです。歩けば、コンビニに出くわします。そして最近では、食品ミニスーパーが拡大しつつあったり、業界再編で、統合などの形で食品スーパーの強化・整理が進められるニュースを耳にします。

昔は、コミュニケーションで活気のあった商店街 ・・・ 今、急速にシニア化に傾斜するこの国にとって、そのような施設が必要だと感じています。大阪の現状、シャッター通りとなっている商店街の復興ができればなぁ? と考えたりします。

私が小さい頃、食品スーパーなどが歩いて行けるところにありました。今は、大手が中心で、車で行かなければいけない場所にあったり、大き過ぎて、商品の位置がわからない、でも店員さんは、探してもいない状況が主流です。そこには「コミュニケーション」がないのです。だから大手の小売店が、これは便利だと言う商品を売場に導入しても思いは伝わらない。また売場も付け足しなので、お客様が見ても、ただ新しい商品が並んでいるなぁ?でしか?見えない ・・・ そこには買いたくなる仕掛けがありません。

たとえば、下記画像のアルスメロン980円。「広告の品」では、他社でも同じような値段で売っているので、この商品を今、旬で売り込みたいと担当者が思っても、そこにこのメロン「果汁たっぷりで、甘くておいしいよ」と言うシズル感があるコピーがないので、お客様には、単なるメロンでしか? 伝わりません。

__ 1

__ 2

 

また紳士の帽子売場でも、売場が拡大されていました。ただ商品名と価格だけなので、お客様には、普通の売場でしか?映らないと思います。そこに「日差しが強くなってきましたね。外出する時には、ぜひ!!」などのコピーをつければ、お客様も立ち止まって商品を手に取って見られると思います。大手小売業の売場では、売り手の思いが、「伝わらない」状況になっているのです。

 

__ 4

__ 5

 

大阪の京阪電車の京橋駅の売店に、下記のようなフランクフルトの売場があります。「京橋名物 おいしいよ」ってコピーがついています。このフランクフルト ・・・ ほんとうによく売れているのです。うちのメンバーにこれがさらに売れるようにするには? と聞いたら・・・

「一日で、○○○○本、売れてます!!」ってつけたら、もっと売れるんじゃないって言っていました。その通りだと思います。人って、具体的な数字には弱いからです。それだけで「伝わる」 

__ 3

今、「伝える」ことって、すごくキーになっていると思います。だから本でも「伝える」ことをキーにした本がたくさん出ています。そんなことを考えていきたいと思います。

今日は、長々となってしまいました。


地産地消 まほろばキッチン!!

こんにちは・・・ アンディーンノア社長 伊藤です。

先日、大神神社に行く途中、24号線を曲がり、桜井市に向って中和幹線道路を走っていました。フェンスにのぼりがいっぱいつけられている大きな駐車場を見つけました。平日で雨が降っているのに、駐車場は満車状態の施設を見つけて、何だろうと思って入っていきました。

__ 1

施設は、JAならが運営する「まほろばキッチン」でした。1,236㎡と言う全国最大級の売り場面積を有するファーマーズマーケットで農産物直売所の「うねび」を中心に産直レストラン、フレンチレストラン、フードコート等の「みみなり」「かぐやま」で構成されています。

続きを読む 地産地消 まほろばキッチン!!