「仕掛ける売場」カテゴリーアーカイブ

水族館の入口は、お店の「地産地消」と同じだ(笑)

こんにちはーー!!
売り切る売場仕掛人 オーパ伊藤です。

あっちこっち水族館を見ていると・・・
農産売場の生産者直送・地産地消売場と同じ仕掛けがあることに気づく。

食品売場の左側の入口部分には、たいていのお店に農産売場がある。その売場に地元の方が農産物を納品して陳列する地産地消のコーナーがある。

農産物は、フルーツを前面展開することで、色が出しやすいからだ。たいていのお店では、入り口部分に並ぶ。
たまに一部のお店では、総菜売場が前面に出ていることもある。
導線は、お店のターゲットを考えて、レイアウトは組まれるものです。

ちなみに地産地消と言うのは、その地域で作られたもの、とれたものを、その地域で消費していこうということ。

簡単に言えば、地域版の自給自足のような感じ。

お店と似たような展開が、水族館の入口にもレイアウトされている。お客様が入ってこられる入口には、お客様のモチベーションが上がる仕掛けが必要。そんなことをブログにまとめてみました。

京都水族館の入口は、オオサンショウウオの水槽があります。奥にイスを配置して、京都の川をイメージした展示でくつろげます。

続きを読む 水族館の入口は、お店の「地産地消」と同じだ(笑)


上野動物園の「パンダ」館のまわりには仕掛けがいっぱい。

こんにちはーー!!
売り切る売場仕掛人 オーパ伊藤です。

上野動物園の赤ちゃんパンダの名前が「香香(シャンシャン)」に決まりました。また話題を呼んでますね。
パンダ館の入口には、平日でも、お客様が並んでいます。

よく言われる『客寄せパンダ』状態です。
客寄せパンダとは「人気や知名度があって、人を引きつける高い能力を持っていること。」
・「集客する」「人を集める」「客を呼ぶ」「客を引き寄せる」

などの意味で使われます。

上野動物園のレイアウトから「パンダ館」の位置を確認すると

JR上野駅側の入ってすぐ右のところにパンダ館はあります。

もしあなたがお店の仕事をしていたら、パンダ館はどこに配置しますか?

パンダは、大きなマグネット力を持っている ので、
お客様に園内を回遊してもらうために、サル山の近くか?
橋を渡った不忍池の「子ども動物園ステップ」のところにレイアウトして、その間に、導線に合わせて、飲食、お土産物などのお店を配置したい。

なぜパンダ館が、一番混雑する「表門」の横なのか?

そんなことを考えていると、まさにパンダ館は「客寄せパンダ」で、お金につながる仕掛けがきちんと配置されてました。
そんなことをブログにまとめてみました。

パンダ館を過ぎると、進路が2つに分かれる。左側の道は、幅が広くて、入ったところにゾウが配置されている。右側は、木々が生い茂って視界を避けている。

続きを読む 上野動物園の「パンダ」館のまわりには仕掛けがいっぱい。


ドラえもんの映画のターゲットは誰?

こんにちはーー!!
売り切る売場仕掛人 オーパ 伊藤です。

8月の「仕掛ける名刺セミナー」の時に・・・

「あなたは誰のお役に立って、仕事をしていきたいですか?」

と質問した時に、明確でなかった。
このブログを読んでいただいている
あなたのお客様はどんなお客様か、すぐに答えられますか?

答えられる方は、名刺、会社案内もお役に立てるお客様像を想定して作られているんじゃないかな?
答えられなかった人は、一度、考えてみるといいと考えます。

雰囲気はこんな感じ。参加された方、全員でブレストして考えていきます。今度は、11月に募集します。

仕掛ける名刺セミナーでは、参加された方、全員でブレストしながら、いっしょにその人の役に立つお客様像を考えて行きます。
ブレストで、お互いのことがわかるので・・・
このセミナーが終わった後も、みなさん交流されているようで、いい機会につながってよかった。

今日は、お仕事のターゲットについて、国民的英雄ドラえもんの映画から考えてみたい。そんなことブログにまとめてみました。

映画「STAND BY ME ドラえもん」 興行収入83億、2014年邦画第一位、初の3DCG映画でした。ドラえもんの映画のターゲットは誰でしょう?

続きを読む ドラえもんの映画のターゲットは誰?


ピラニア水槽もマグネットスポットに変わる

こんにちはーー!!
売り切る売場仕掛人 オーパ伊藤です。

ピラニアって、アマゾン川に住んでいる魚です。
昔の映画やアニメのイメージがあるから
一瞬で白骨化してしまうイメージを持っていませんか?

普通、引き付けられる水槽は、ピラルクなどの大型魚が泳ぐ水槽です。実は、このピラニア水槽が、マグネットスポットに変わるんです。

昔、ピラニア・ナッテリーという、一番ノーマルなピラニアを飼育していました。
ピラニアの水槽を掃除する時は、手袋をして、出来る限り、水槽に手が入らないようにしていました。
でも掃除をしていると逃げ回るんです。
掃除しながら見ていると面白かったことを覚えています。

一般の人は、ピラニアってこわい。
そんなイメージが残っている魚です。
アマゾン川にはまった動物が、一瞬に骨皮になる姿。
ピラニアは、怖い魚だとメディアで人のこころにインプットされている。

でも実際の姿を伝えることによって、
お客様が立ち止まって見るポイントになったりするのです。
そんなことブログにまとめました。

ピラニア・・・鋭い歯と頑強なあご。群れで泳ぐ水槽はこわいもの。

続きを読む ピラニア水槽もマグネットスポットに変わる


最低気温18℃。お客様のニーズを予測して売場を作ろう(笑)

こんにちはーー!!
売り切る売場仕掛人 オーパ伊藤です。

先週、9月15日に朝の最低気温が20℃割って、18.9℃だった。朝、玄関を出ると、空気がひんやりして肌寒く感じた。

「最低気温18℃」が季節品の展開ポイント!!

それは・・・
●会社に出る前に、クローゼットから上着を引っ張り出す。
●クールインナーからホットインナーへ変更する。
●冷やし中華、そうめんから温かいラーメン、そば、うどんに。
●アイスコーヒーからホットコーヒーに。
●絹ごし豆腐から木綿豆腐に。
●おでん、シチュー、ココアが売れ始める。
●風邪薬、リップクリーム、入浴剤も売れ始める。

いろいろなデータを分析して、気温に関連して動く商品のこんな例があげられています。
春から夏の季節は、この逆を考えればいいわけです。

天予報の気温も昔ほど、誤差はないので、週初めに週間予報をチェックすると売場に生かせるものです。
そんなことをブログにまとめてみました。

9月15日、肌寒いな?と思ったら、朝の気温が18.9℃だった。

続きを読む 最低気温18℃。お客様のニーズを予測して売場を作ろう(笑)


台風接近時の売場作りのポイント

こんにちはーー!!
売り切る売場仕掛人 オーパ伊藤です。

先週末の台風18号、日本列島4島を通過する久々に強烈な台風でした。
各地で台風による災害の様子をニュースで見たりして驚いております。被害にあわれた方の一日も早い復旧をお祈りしております。

私も親父の家に移って・・・
自然をなめたらダメ!!
ってことを経験しました。
台風が通過した後、近所の人から屋根の瓦がずれてるよ!!
って言われたりして・・・
「あれー?」って感じ。

おじにお願いして、補修の準備しなくっちゃ(笑)

台風が接近する前の土曜日に
買い忘れたモノがあったので、買物に行きました。
「台風が来る前のお客様の買物は、普段と違って、買物を急いでるのに、お店の売場は普段のまま」
売場もお客様の状況に合わせて作ることが大切ーー!!
って感じたことをブログにまとめてみました。

台風が近づいてきたら、ニュースの進路に注意して、「電池」「懐中電灯」「レインコート」を乗せて、お客様に一番目立つ場所で、ワゴン販売したっけ(笑) 続きを読む 台風接近時の売場作りのポイント


食器売場で「食器の収納の仕方」「料理の盛り付けの仕方」をお伝えしたらどうだろう?

こんにちはーー!!
売り切る売場仕掛人 オーパ伊藤です。

毎日、接戦で楽しませてもらった夏の高校野球も終わり
朝晩の気温も、猛暑の頃に比べるとひんやりしてきた。

そんな時に売場で買い物をしていると・・・
秋の便りが店頭にたくさん並ぶ季節になってきた。

食品売場では、秋の果物、野菜、魚・・・
どれを食べようか? 考えてしまう。
衣料品売場では、秋のおススメファッション
生活関連売場では、秋の味覚を楽しむ調理品、秋のインテリア

など売場のテーマは『秋』!!

私の大好きな食器売場を見ていたら・・・
平台の上段の演出を見るとデザインは秋柄。

たとえば・・・
秋の味覚の代表格であるさんまを楽しむための「さんま皿」
ちょっと鍋を楽しむために、本格的な鍋のシーズンを前に、個食用の鍋が並び始めている。

そんな売場を見ていて・・・
並んでいる商品を見ると
「フライパン」「土鍋」「お皿」って言うのは
お客様もモノを見ればわかる。

そんな売場に「フライパン26cm 1980円」「さんま皿 480円」ってPOPだけじゃ
お客様もそんなことはモノを見てるんだからわかる。

売場でお客様に届ける情報、昨日はお店のことを「想いの集積地」って説明した。
お店は、それぞれの方のお陰で商品が売場に届いた。
そんなことを考えると、お店の方はいろいろな人の想いを表現する売場作るコト大切だなぁー?! 

●お伝えしたいポイントは・・・

『モノの名前を伝えるより
お客様のお役に立てる情報をお届けしようーー!!』

ってこと。そんなことをブログにまとめてみました。

一目見れば、フライパンってわかる。このフライパンで、どんな料理ができるか?お伝えすることが大切なんじゃないかな?

続きを読む 食器売場で「食器の収納の仕方」「料理の盛り付けの仕方」をお伝えしたらどうだろう?


お母さんだっこで子供がモノを選ぶ売場って!?

オープンベーカリーショップのイートインコーナーで
焼き立てのパンをつまみながら、コーヒーを飲んでいると
よく出くわすシーンがある。

「ママ、だっこ・・・」

ってシーンだ。
何気なく、コーヒーを飲みながら見ていると、買物したバックも持ちながら、お母さんが子供さんをだっこしてたいへんだ。
おまけにベーカリーのトングとトレーも持っている。
当然、店内にはショッピングカートなどあるわけではない。

どうしてこんなことになるのかな?

子供さんの欲しい商品が目線の高さになってこと。
お母さんにだっこしてもらって
子供さんも見たいという願望があるからなのです。

よく棚の商品を見ると
子供さんが買って食べたいだろうっていう「キャラクターパン」「チョコレートパン」などが上から2段目の棚で展開されている。

お母さんはだっこするしかない。
もしかしたら、お店側も衛生面などを考えて
什器棚の上の方で展開しているかもしれませんが、
子供さんも商品を選べるように目線を意識して展開したら、確実に

客数アップ、点数アップ=売上アップ

につながるってこと。

●今日お伝えしたいポイントは・・・

『子供の目線を考えて商品陳列しよう!!』

ってこと。そんなことをブログにまとめてみました。

きっとこのお店では「フランク」「カレーパン」が量が売れるから、最下段に展開されているんだろうな?

続きを読む お母さんだっこで子供がモノを選ぶ売場って!?


「まつたけ」城の王様は、まるで裸の王様だ!!

お盆前から農産売場には、中国産の「まつたけ」が並び始めた。
まだ導入期だから、そんなに売場の面も取られていないけど・・
まつたけを見たら、秋だなぁーー!! って感じる。

今年は、食べたいなぁーー!! って感じ。

「まつたけ」「ぶどう」「梨」「新物さんま」「釜飯のもと」が売場に並び始めるとさらに秋の意識が加速しちゃうーー!!

●売場の演出ツールは「お盆」を期に、

「お盆」➡「秋の味覚」 に変更される。

今年は、どんな食材で料理が楽しめるか? 思いは馳せるもの。

●春は冬の間、土の中で眠っていたモノが、にょきにょきと出てくる旬なイメージ。
●秋は、暑い夏を通り越して、成長したモノを収穫するイメージ。
季節によって、大切にしたいイメージは違うもの。

●今日お伝えしたいポイントは・・・

『効率を重視して、同じ売場で展開をカットした関連商品は、短期商材には必要だ。』

ってこと。そんなことをブログにまとめてみました。

よく考えると、ここ数年、まつたけは口にしてないなぁ? 三年前にラオスのヴィエンチャンでてんこ盛り食べたのが最後だ(笑)

続きを読む 「まつたけ」城の王様は、まるで裸の王様だ!!


季節の変わり目は、足元から!!

最近、朝夕、ちょっとひんやりした風がただよい始めた。
公園のクマゼミの騒々しい鳴き声が聞こえなくなってーー(笑)クマゼミに変わって、ツクツクボウシの鳴き声を聞き、出社する昨今。

ツクツクボウシって、子供の頃、大好きなセミでした。
「ツクツクボウシ、ツクツクボウシ」って鳴き声を耳にすると・・・

昼間の残暑は、厳しいけど、もう秋だなぁー(^^♪ って感じ。

フラッとお店を見ながら歩いていても
秋物がお店の前に出て、演出されている。
でも演出をじっくり見るとマネキンの足元が寒々しいトコがある。そんなことから

●今日、お伝えしたいポイントは・・・

『演出は、細部までこだわろうーー!!』

ってこと。そんなことをブログにまとめてみました。

秋色夏服のステージ。足元を見ると裸足。ファッションスタイルをお届けしてんじゃないの?って感じになる。

続きを読む 季節の変わり目は、足元から!!