「コモディティから脱出」カテゴリーアーカイブ

『毎日安い!!』って、増税後に各店取り組んだこと (笑)

こんにちは!! 売り切る売場仕掛人 伊藤 匠です。

先日、新聞を読んでいたら旧ダイエーが 「木曜の市」 を止めて、『EDLP』(EveryDay Low Price 毎日低価格) を強化する記事が掲載されていました。

スーパーの平日の特売チラシがなくなっていくという報道。チラシがなくなるのはいいこと。でもリアル店舖は、大切なのは 『売場作り』 です。

ダイエーに木曜日に行くと 木曜市の 「モクモクもっくん」 の歌が店内に流れていて、いっしょに口ずさみながら買物することが好きだったのですが、この歌が聞けなくなるのは残念です。

その代わりに強化されるのが、3カ月間、一定の低価格で販売するEDLP (毎日低価格) だそうです。
『毎日安い』 という企画は、消費税増税のたびに、消費が停滞しないように各社取り組んできた企画です。でもこれって、各社現在進行形で取り組まれているのに・・・
そんなことをブログにサクッとまとめて更新しました。

各店とも EDLP 展開は、訴求タイトルを変えて展開されています。でも、展開商品、価格などそんなに大差はない。

続きを読む 『毎日安い!!』って、増税後に各店取り組んだこと (笑)


競合店は競合店、自分のお店は自分の思いを詰め込みましょう!!

こんにちは!! 売り切る売場仕掛人 伊藤 匠です。

寒い日々が続いていますが、風邪など引かれていませんか?
お店では冬物の追い出しと春物の導入が少しづつ進んでいるようです。新しい商品を導入する時って、一番楽しい時間ですね。

●この商品ヒットしそう!!どんな風に演出しようか?
●この商品、ちょっとセンスない!!
●この商品自分買いしちゃおう!!  なんて

新しく入ってきた商品を見ているといろいろ思いが駆け巡るので、私も季節商品の入れ替わりは楽しい時期でした。
こづかいも減りましたが (笑)
私が大切にしてほしいのは・・・

初めて商品を目にした第一印象!!

スーパーなどでは、本部で商談して展開商品を決定して、お店に送られます。お店の人は入荷して、商品を知るのですが、以前もお話ししたように

本部で決定した商品は、あくまでアベレージ!!

このお店でどんな動きをするかは、お店におられる方の勘の方があたります。 そんなことを含めて、サクッとブログにまとめてみました。

住生活の売場では、春の移動に備えて『新生活』に必要な家庭用品がコーディネートされて展開されています。

続きを読む 競合店は競合店、自分のお店は自分の思いを詰め込みましょう!!


お客さまはどんな思いで、お店や売場を利用しているのだろう?

こんにちは 売り切る売場仕掛人ラオです。

先日は、お店の価値をお届けしたいお客さまに絞り込んだ仕入れメソッドを考えましょうというお話しをさせていただきました。
11月も後半、師走の足音が、少しづつ大きく聞こえる季節になっています。師走と言えば、昔のように年末年始の営業状態の変化で大きく盛り上がることはなくなりましたが、お客さまに価値をお届けするひとつの山であることには変わりがないと考えます。

そんな時期だからこそ、あえてお客さまは、どんな思いで、あなたのお店や売場を利用しているのか?考えてみたいなぁー!! って
そんなことをサクッとブログにまとめてみました。

dsc00415
師走と言えば、衣料品売場では、客単価が上がる季節になります。最近は、売上確保? 在庫調整? バーゲンの開始時期が早まっています。冬物がこれからという時に、バーゲンするのがいいのか? 毎年考えています。

続きを読む お客さまはどんな思いで、お店や売場を利用しているのだろう?


売り切るには「売れ残らない仕入れメソッド」を考えてみるのもひとつ

こんにちは、売り切る売場仕掛人ラオです。

先日のブログでは、あなたの商品やサービスをお届けしたい 「ターゲット」 を明確にしましょう!! ってお話ししました。
モノやサービスをお届けしたいターゲットを明確にすると取り揃えるラインナップも変わってくるものです。でも変わっていないお店が多い。

八方美人なあらゆるお客さまに対応するラインナップは、大手の会社なら出来るでしょう。でも大手の会社でも、利益が圧迫されて、削減できる経費は削減している時代です。

どの会社、お店も利益の源泉を探している

そんな中、旧態依然の体制のお店って、けっこう見かけます。
会社もそうですが、利益がはじき出せないと長く続けることはできません。そんなことをブログにサクッとまとめてみました。

dsc00380
ステーショナリーグッズは、細かくて管理がたいへんです。でもこの平台の何色のノート、どんなサイズのノートが売れているか?把握するのはたいせつなことなのです。そんなことを見て絞り込む。そうすればお店の個性が出てくる。

続きを読む 売り切るには「売れ残らない仕入れメソッド」を考えてみるのもひとつ


ボジョレー イージーパック携帯出来て便利!!

こんにちはー!!  売り切る売場仕掛人のラオです。
昨日、ボジョレーヌーヴォーが解禁になりました。

ラオがお店で頑張っていた頃は、ボジョレーヌーヴォーの解禁日に合わせて、ボジョレーヌーヴォーを求めて、お店の前に行列が出来ました。ラオの担当して食器売場でも、ボジョレーヌーヴォーを楽しむために、ちょっといいワイングラスがよく売れたり、パーティを楽しむ方もおられたりして、パーティグッズがよく売れました。

現在は、そんなこともなく・・・

「ボジョレー解禁したよ」
「あっそう・・・」

くらいで、興味のある人は購入して、興味のない人はそんな会話で終わってしまっています。

「昔はすごかったんだよ」

って言っても、現在は、お祭り騒ぎは一部のみって感じです。
そんなことをサクッとブログにまとめてみました。

%e3%81%a1%e3%82%89%ef%bc%90%ef%bc%91
もしかしたら以前もあったかもしれないのですが、ボジョレーヌーヴォーも瓶でお届けする時代ではなく、イージーパックで売られる時代。携帯にも便利で、そのまま公園なんかでも飲めちゃう!! これは気に入ったので、購入してみました。お酒類もこうなれば携帯に便利なんだけどなぁー (笑)

続きを読む ボジョレー イージーパック携帯出来て便利!!


老舗企業は独自の価値があるから続くんだなぁー!!

企業の中には、長く続いている企業がある。
どうしてそんなに長く継続できるんだろうって、ふと考えた。

ネットで検索してみると・・・

●長生き企業ランキングトップ10
1位「松井建設」(427年)
2位「住友金属鉱山」(423年)
3位「養命酒製造」(411年)
4位「丸栄」(398年)
5位「小津産業」(360年)
6位「大木」(355年)
7位「マミーマート」(348年)
8位「ユアサ商事」(347年)
9位「岡谷鋼機」(344年)
10位「三井不動産」「三越伊勢丹ホールディングス」(340年)

とズラズラっと結果が出てきました。
松井建設は社寺建設などの独自の価値があるから、天正14年創業んなんてすごい。
養命酒製造も慶長7年と、長年続いている企業は、他ではマネのできない価値があるのです。
そんなことをサクッとブログにまとめて考えてみました。

7931371da65fefdf98a3d094cfb6c44f_s
会社ののれんを長年にわたって引き継いでいくことはたいへんなこと。だって、その時の時代の流れも違うし、お客さまの考え方も違う。長年愛され応援されることは素晴らしいこと。

続きを読む 老舗企業は独自の価値があるから続くんだなぁー!!


ひらパーのお客さまが変わらず多いのには理由がある(^^)

久々にひらパーに行ってきた。
変わらず遊園地でのんびり子どもさんと楽しんでいるお客さまが多かった。
ひらパーと言えば、枚方出身の人気アイドルグループV6の岡田准一さんが園長に就任してから、

「手作りの遊び心あふれる仕掛け」

が人気のひとつ。
そんなことをサクッとブログにまとめてみました。

hiar03
CMでも時々目にするスースー風を感じるスプレーを首元に塗って、スリル感が楽しめるスースーライド。それを楽しめるエルフも人気で、待ちのお客さまがかなり並んでおられました。

続きを読む ひらパーのお客さまが変わらず多いのには理由がある(^^)


「安売り」は、どこかにしわ寄せがいってませんか?

最近、買物をしていると売場に様々なプライスカードが目立ちます。昨日のブログでお話しした売場のベテラン担当者の話しではありませんが・・・

●プライスカード、POPがたくさんついていないと寂しい。
●たくさん売場にPOPがついていると「安く」見える。

という話しも言っておられました。
でも昔は、お客さまも多かったしそれでよかったかもしれません。
でもコモディティーの時代に、お客さまの選択肢がたくさんある時代に主役の商品が見えないのは「どうなんだろう?」って考えました。

競合他社の価格リサーチは、どの店もやられている時代。
価格を安くして、レジ割のような売場丸ごと安いことを考えるより、ライフサイクルを考えて、商品の価値を伝えるような売場を作った方がいい。

「価格」だけとらえても、隣の競合店とそんなに大差はない時代。

仕入原価もそんなに変わらない時代、価格にそんなに大きな違いはない。よほどたくさんの量を買って、安く仕入れていないと、価格を下げる事に、現在限界が来ているのではないか?

「安売り」は、薄利になってくるので、きっとどこかにしわ寄せがいってるのです。

価格より大切なことは、

「売場作り」と「仕掛作り」!!を考えて、売場の流れをつかむこと。

そんなことをサクッとブログにまとめてみました。

dsc00363
ファッションなどの季節モノの導入期って、お客さま目線で考えれば「今年はどんなファッションを楽しむか?」を考えたりすると楽しいモノです。でも売場に導入していきなりレジ割をするとそんなお客さまの思いも吹き飛んでしまいそう!!

続きを読む 「安売り」は、どこかにしわ寄せがいってませんか?


チェーン本部は全店売上、お店の担当は、もちろんお店の売上が大切!!

もう来週に入ると11月!!
11月と言えば、今もやっているのか? 知らないけど・・・

らおがお店で頑張ってる頃には、月に一回・部門研究会というのがあって「次月の売場企画説明」「数字」「お店間のコミュニケーション」があった。

11月、12月と言えば、売上もスコーンとアップする時期。
このふた月の数字いかんでは、予算からの乖離も大きくなるので、本部もピリピリしてました。

売上が悪いと、お店ナンバーを読み上げられて、部門研究会終了後、残るようにいわれるのです。

らおは、一度も居残りなかったぁーー(笑)

その後、気の合う方と「乾杯ーー!!」と飲みタイムに入っていた方です。そんなことをサクッとブログにまとめてみました。

mise02
特に食品売場は「冬ギフト」「お鍋」「冬至」「クリスマス」「年末食品大市」と大きな企画が目白押し!! ピリピリ神経使うよなー!!

続きを読む チェーン本部は全店売上、お店の担当は、もちろんお店の売上が大切!!


思わず楽しくなるお店って「お気に」なっちゃうものです

おやじが入院していた病院のすぐ前にある食品スーパー。
入院中は、夜食でお世話になりました。
でもこのお店は、ずっと前から好きだったスーパーです。
だって・・・

「売場、商品にこだわり」

があるから、買物していても、こだわりを感じて楽しい。
だからついつい以前から甲斐田新町に「ライフ出屋敷店」があるのですが、買物をしていてもおもしろい甲斐田東町の枚方店に行ってました。ライフから歩いてもそんなに時間はかかりません。

このお店はホームページを見たら、寝屋川市、枚方市を中心に14店ほど展開している食品スーパーチェーンです。

●トップワールド公式ホームページ
 http://www.topworld.jp/

こんなことをサクッとブログにまとめてみました。

dsc02413
正面入り口を入ると、果物売場が広がっています。価格は安くはありませんが、画像のリンゴを見ていただいても「果物がでっかいー!!」 POPを見ても 「長野産兄弟の長男」って? なりませんか? 売場内のそんなPOPを読んでいてもおもしろいです。

続きを読む 思わず楽しくなるお店って「お気に」なっちゃうものです