「アンディーンノア」カテゴリーアーカイブ

『 空(くう) 』

こんにちは~ ♬
パワスポ社長 匠(たくちゃん)です。

あれ?

いつもと書き出しが違うと感じていただいた方、毎日、僕のとりとめもないブログを見ていただく、時間をいただきありがとうございますー(^^♪ 感謝です。

パワスポ社長は、今もそうですが、パワースポットが大好きで、このブログの一番初めの頃に使っていました(笑)

59年前の3月18日 17:56 に、おかげさまでこの世に「おんぎゃー!!」と生まれて、59歳を迎えることが出来ましたーー(^^♪
いろいろな方に応援していただき、ほんとにお世話になり、ありがとうございます。

そして59歳を目前にした前日に、
日頃、お世話になっているヒロリン教 教祖(笑)
江上先生のアドバイスで、こころの引っ掛かりを外せなかったのですが、やっと引っ掛かりが取れました。

引っ掛かりが外れると・・・
こころの中の氷が解けていくというか?
スーッとこころの中がきれいな水で満たされていく感じ。
こころが水で満たされていくので
先生、ケイの目の前で、必死にこぼれそうになる涙を我慢していました。(笑)

僕のこころが解放されるすべてのヒントは、
おやじが残してくれていた高田好胤先生の「空」という色紙 がはさまれた一枚の額でした。僕は、高田好胤先生のことは、まったく知らなかったです。
Facebookに額の画像を投稿したら、書道家の小丘先生から、この書は、高田好胤先生のモノだと教えていただきました。

教えていただいてググっていくと、一目ですごい人であることがわかりました。たまたま偶然、この額を、押し入れで探し物をしていて、見つけて、すぐに飾らねばと感じるほど、額から発するオーラを思いっ切り感じました。

「空」!!

「そら」「くう」「から」読み方はいろいろあります。
でも共通しているのは「ひろい」ということです。
僕もそうですが、今まで小さなことにずっととらわれて、こころの友達は「不安」「悩み」でした。

小さな世界で、生きてきました(笑)

いつもイライラして、不安を抱えていました。
不安を早く解消できればと「引き寄せの法則」「成功の法則」などを学びながら、教えられたことを実践してみたけど、日常の抱えている問題は、改善できず変わらなかった。

僕の50歳代は、天照大神が、弟の素戔嗚(すさのお)にいじめられて、天岩戸に隠れてしまったような

岩戸隠れのような時代!

でした。
でも少しづつ変わっていたものもあるのです。

それは「こころのあり方!!」なのです。(笑)

こころのあり方は、江上先生から、空を見つめながら、空をどんどん上っていくようにイメージしたらいいよーー! という言葉の実践。空を見ながら、次第に雲の上、そして宇宙をイメージすることが出来るようになってきました。

この画像のようにすっきりしました(笑)

続きを読む 『 空(くう) 』


今、変化させるビジネスチャンスーー(^^♪

こんにちは~ ♬
売り切る仕掛人 匠(たくちゃん)です。

春のお店の売場って
寒い冬の間、眠っていたモノが目覚めて
芽吹いたり、動き出したり、そんな活気のあふれる
エネルギーにあふれた商材が、たくさん並ぶーー(^^♪

僕は、一番大好きな季節の売場です!!

もちろん食品売場の商品もまさに次々と季節の品が並ぶ
非食品の商品でも、春の新商品など、他の季節の商品数と比べてもダントツで多くの新商品が店頭に並ぶ。

売場の作り甲斐のある季節だったのですーー!!

でも今年の売場は、コロナウイルスの自粛の影響で
大きく違う売場を作らなければならない。

大切なことは、お店でお客様の買物して回遊されるお客様の導線をしっかり見ることです。

必要なモノ以外買わず、

お店の滞在時間がたいへん短くなっているはず。

まるで年末の忙しい時にメモを見ながら、必要なモノだけを購入している売場。こんな時は、お客様をマグネット効果で、売場の奥に引き込むことは無理ーーー(^^♪

通路側で、お客様が必要なモノがわかる買い忘れがないように売場作りして、その売場に関連商品の案内をPOPなどのツールですべきなんじゃないかな?

まずお客様に必要なモノを忘れず購入していただくお店作り(笑)

このチラシいいなぁー(^^♪ って思いました。でも商品の点数を減らせば、もっといいと思いました(笑)

続きを読む 今、変化させるビジネスチャンスーー(^^♪


予祝で今年の阪神手ごわそうーー(^^♪

こんにちは~ ♬
売り切る仕掛人 匠(たくちゃん)です。

昨晩、BS 衛星放送で野球を見ていました。
他のイベント、スポーツなどもそうですが、
ウイルスが拡散しないように自粛で無観客、ネット配信されている機会を目にすることが多くなっています。

こんな状態でプレーされている状態を見るのは
初めての経験なので、ある意味新鮮でいろいろな発見をしながら楽しんでいます。

たとえば、昨日の野球であれば・・・

打った時のバットの音が球場に響く音に、こんなに大きな音がするんだと実感しました。普段なら観客の歓声に消されしまっているのですが、やはりプロの音のすごさに感動しました。

それとベンチの声 --(^^♪
これけっこうマイクがひろうのでおもしろい。
ベンチの声は、テレビではまったく聞けない。球場に行っても聞けないので、おもしろかったです。

無観客の状態は、選手は盛り上がりに欠けるので今一かもしれません。でも他のスポーツでもそうですが、

普段聞けない音を聞ける臨場感!

これもすてきなだぁー(^^♪
って、徒然草ではないですが・・・

『 いとをかし 』

状態です。ちなみにいとをかしは

・とても趣がある
・とても風情がある

今風に言えば・・・

・マジ最高
・マジやばい!

って感じでしょうか?
ちょっと目線を変えれば、今を楽しめます。

さてこのブログでは、大好きな予祝のお話しをお仕えしようと思ってます。実は、阪神タイガースの矢野監督ーー!!
予祝を実行されている方なのです。

1月21日のサンスポを見た時に、ビックリしました(笑)

続きを読む 予祝で今年の阪神手ごわそうーー(^^♪


お店は、お客様に元気を届けるところ!!

こんにちは~ ♬
売り切る仕掛人 匠(たくちゃん)です。

今日は、ひな祭りーー(^^♪
新聞折込チラシも折り込まれていたので、
買物のついでにお店の売場を見にフラッと出かけました。

ウイルスの自粛ムードもあって、お店の売場はガラガラでした。
特に百貨店の食品以外の売場は、影響がかなり大きいなぁー?
でもこんな異常な状態って、そんなに頻繁に経験することでもないので・・・

・現状をメモすること
・浮かんだ対策をメモすること

経験を文字化して考えることが大切ーー(^^♪

そして何より大切にしてほしいのが
無観客でイベントを開催した
プロ野球、競馬、ファッションショーの選手、騎手、参加者が口を揃えて言っている言葉!!

お客様の応援の声などありがたさがわかった!!

という言葉。
お店の人も、コロナウイルスの影響で、
お客様が少ないという表情でお客様待ちするより、
主通路、お店の前で立ち止まっていただいたお客様に

『 いらっしゃいませーー!! 』

笑顔でしっかりお迎えすることをもう一度大切にしてほしい。 昨日、お店を回りながら感じたのは、非食品の売場の方って元気がない(笑)
元気がなければ、お客様は、立ち寄らないです。

● お客様がお店に立ち寄るには・・・

「 笑顔 」「 元気 」--!!

なのです。こんな環境の中、
足を運んでいただけるお客様に感謝の思いで七大用語をしっかり使って接客しましょうーー(^^♪

● ネット店舗との違いは・・・

「マンパワー」=『 人 』

こんな時こそ、発揮してほしいなぁーー(^^♪
お店を回って、そんなことを感じました(笑)

ポイントカード、割引以外の商品の価値を活かした販促企画を考えるべきだなぁー?

続きを読む お店は、お客様に元気を届けるところ!!


経営方針を叶えるにはスタッフを巻き込んでワクワクすること(笑)

こんにちは~ ♬
売り切る仕掛人 匠(たくちゃん)です。

僕は、打ち合わせなどでお客様のオフィスにお邪魔した時に
オフィスに掲示されている「経営理念」「経営指針」「ミッション」「ビジョン」などの掲示物をよく見ます(笑)

このような経営方針はたいがいオフィス内で目立つように額に入れて飾られているので、すぐに見つけることが出来ます。でも社長室、応接室などが別室のオフィスは、そちらの方にたいがいつけられています。

ホームページなどにも告知されているので、初めてお邪魔する時は、見ていくようにしています。名刺などを依頼されて、どのような方向で、経営を進めておられるのか? 経営方針に目を通していくとお客様の会社のイメージが膨らむからです。

経営方針って会社の進路を示すもので
全員一丸となって取り組むと大きな力になるんです。

でも話していると経営方針やそれぞれの目標に対して深刻になっている人が多いんですよねーー(笑)

僕は一番初めにお世話になった大手スーパーの創業者の言葉・経営理念未だに覚えていますよ(笑)
当然、言葉の細かいところは少し食い違ってますが・・・

● 創業者の言葉
商売の起源は物と物との交換よりはじまり、売手も買手も満足し合ったのがその起りで、利益のため商売するのは本筋ではありません。いづみやは、お客様より満足して頂く事を唯一の使命と心得て、常に品質に、値段に、お客様の身になって研究努力致さねばなりません。お客様に是非必要ないづみやになれる強い信念と勇気をもって明日への道に励みませう。

● 経営理念
地域のお客様が、健康で楽しく、心豊かな生活をおくれるように、安全で安心な商品とサービスの提供を通じて”ええもん安い”の商道を追求し、社会に貢献します。

特に、創業者の言葉は、独立した今でも僕がビジネスを展開する上で土台になっている考え方です。

商売とは、ビジネスとは、何?

そんなことを教えていただきました。感謝です。(笑)

ビジネスは、既定概念、経験則に縛られると、時代の流れに流される

続きを読む 経営方針を叶えるにはスタッフを巻き込んでワクワクすること(笑)


視点を変えてパフォーマンスを上げると目標に近づく!

こんにちは~ ♬
売り切る仕掛人 匠(たくちゃん)です。

会社経営者やお店の店長さんとお話ししながら
時々、日々のルーティンなどを聞くと

「・・・ねばならない!」

という使命感、責任感に、自ら縛ってお話しをする人が多い!

実は、僕も最近までそうでした(笑)
1日がやらなければいけないことだらけ・・・!
時間に追われて
やらないといけないという思いが交差して、
なかなかスムーズにモノゴトが運ばない。
そして目的もクリアできなかった。(笑)

焦りとか?不安とか?そんな気持ちを抱くと、こころの中がそうなっちゃうんですよね。そして「・・・ねばならない」ことでがんじがらめになっていると新しいことに取り組めないんです。

おススメするのは・・・
一気に「・・・ねばならない」を心を開放するのは難しい。どうしてかというと「・・・ねばならない」の中には、習慣化されていることもあるからです。習慣化されているので

いきなりこころを解放ーー(^^♪

すると心が違和感を感じて、逆に、不安になっちゃうのです。
少しづつ考え方を変えながら、使命感とか?責任感を手放すことで、こころのあり方が楽になっていきます。

ぎゅうぎゅう詰めだったこころの中に、手放すと少しづつ小さな小さな余白が出来ていきます。でもこころって、こころの中を常に満タンにしておきたいので、楽しいことを求めて遊びだすんです。

こころが遊びだすと、楽しくなっちゃいます。

こころが遊びだすと発想、創造が、どんどん湧いてきます。
湧き始めるとこころの中のよどみがどんどん活性化されて、楽しくなっていきます。

たとえば、起こっている問題も、使命感・責任感から解放するまでは、過去の経験や既定の概念を使って、解決しようとしていたので、問題が大きな壁になっていた。けっきょく解決できなかった。

でも使命感・責任感から解放すると、こころの中の余白にマインドマップが広がるように問題解決の方法が湧いてきます。

不安は自分がこころの中で作ってしまうもの。考え方ひとつで、不安がチャンスになったりするものです。

続きを読む 視点を変えてパフォーマンスを上げると目標に近づく!


伊我理神社で、1年後の自分を予祝しちゃいました(笑)

こんにちは~ ♬
神社大好き!! 匠(たくちゃん)です。

伊我理神社(いがりじんじゃ)ってどこにあるの?
あまり知られていない神社なので、たいはんの人はそう思うでしょう(笑)

でもこの神社は、予祝のことを本格的にみなさんに伝えようとしたらキーになる神社なのです(笑)

先日、毎週土曜日12:00からBSフジで放送されている

『 お伊勢参り 』

この番組が大好きで、毎週録画して見ています。

予祝が始まったのは、伊我理神社から

って紹介されて、月1 お伊勢さんに参宮しているので
行かねばと思い立ちました。
でも伊我理神社がどこにあるかわからない。

でもさすがスマホ
ググるとすぐに教えてくれました。(笑)
外宮末社で、外宮が鎮座した頃より、伊我理神社辺り一帯で、伊勢神宮の神饌(しんせん)として奉じられる稲が作られていて、守っていた神社ということでまさにって感じ!!

古代日本人が、秋の豊作を祈願して予祝をしていた場所、イメージするだけでワクワクが止まらない!

どんどんその頃のイメージがふくらんでいきます。
そして僕が今の時期のお参りにこだわったのは
番組でも2月に予祝が行われていたと説明がありました。

二十四節気を知っている方はピーンときたかもしれませんが
19日は二十四節気・二番目の

『 雨水(うすい)

です。雪、氷がとけて、水にかわっていく季節。
まさに農業の準備を始める季節なのです。
そんな季節に、今年の豊作を祈って、みんながこの神社に集まって、お酒を飲みながら、ワイワイ予祝をしていたということでしょう。

この神社の境内でイメージするだけでも
ワクワクが止まりません。
たまたま番組で紹介されたのも、ラッキーとしか言えない。
でもそのラッキーを体験したので、もうイメージしていることが、1年後には、起こっています(笑)

伊我理神社、外宮の近くにあるのですが、少しわかりにくいところにありますが、Google MAP を使えば案内してくれます。

続きを読む 伊我理神社で、1年後の自分を予祝しちゃいました(笑)


値下げしても売上が上がらない理由3つ!!

こんにちは~ ♬
売り切る仕掛人 匠(たくちゃん)です。

中小企業、飲食店の方と名刺の聞き取りでお話しをしていると
僕のお店の集客企画の経験で相談を受けることがよくあります。
その中で一番多いのが・・・

売上を上げたいので
値下げして集客を考えているけど、どうですか?

ってよく聞かれます。僕は・・・

中途半端な値下げでは売上は上がらないですよー
値下げして集客したいなら、世界一安い価格なら効果あります!

ってお答えします。

世界一安い価格って?

たとえば、マクドナルドのハンバーガーなら一番安い時は、80円で売ってました。そんな価格なら、売上が上がると思いますが、会社内部の流れも整備しないといけないですね。

決まって、価格を安くすると相談を受けるのがチラシの話し。
価格を安くして、利益が圧迫されているのに、チラシを打てば、効果があると思っている幸せな経営者が未だにいる。

僕は、チラシのデザインなどの制作もやっているので
商品名、価格だけというチラシは、効果がないと伝えています。でも何か折り込まないと競争に負けるという不安から、大きなお金を使って折り込む。大きなお金を使うなら、やはり効果がある方がいいじゃないですか?

僕は、商品、サービスの価値が伝わるチラシを作りましょう!!
って伝えています。

お客様が知りたい情報は「価格」ではなく、
そのモノを購入すれば、生活がどのくらい楽しくなるか?

ってことなのです。

スマートフォンは、ほんとに時代を変えました。どこまで進化するのでしょうか? 続きを読む 値下げしても売上が上がらない理由3つ!!


後ろ姿見られてますよーー(^^♪

こんにちは~ ♬
売り切る仕掛人 匠(たくちゃん)です。

日頃、名刺の聞き取りで、いろいろな会社にお邪魔していると、扉を開いて、一歩オフィスに入ると
この会社は・・・

・スタッフの笑顔があふれている会社
・ スタッフがピリピリしてる会社
・スタッフ間の連絡が取れている会社 などなど

雰囲気が何となくムードでわかるものです。
それは会社の扱っている業務によって雰囲気も異なりますが
どの会社も社長、管理職の方のムードが業績を表しているって感じです(笑)

オフィスにお邪魔して、
一歩入った時に受ける第一印象を名刺を制作する時に大切にします。どうしてか? というと名刺を作らせていただいて、
その会社が

・どんなことでお客様のお役に立てているのか?
・どんなモノ、サービスを提供しているのか?
・どんな会社なのか?

5.5cm ✖ 9.1cmという限られたスペースの名刺で、
会社やその人のことを伝えるには、
その会社らしさ、その人の人柄を理解して制作する必要があるからです。初めてお邪魔するお店とか? 会社とか?
僕は、ファーストコンタクトが大好きです(笑)

なので、僕は、ファーストコンタクトがいつも楽しみです。

社長、管理職の方が難しい顔をされている会社は、スタッフもピリピリしています(笑)

続きを読む 後ろ姿見られてますよーー(^^♪


神社の絵馬は、神様と予祝するツール!

こんにちは~ ♬
神社大好き!! 匠(たくちゃん)です。

今年は暖冬で気温が高い日が続いていますね。
桜の開花が早くなりそうって、ニュースで伝えられています。

週末、東京に新幹線で行きました。
窓から、外の景色をのぞいて、感じたことがあります。

雪がない!!

いつもならこの時期、東京に向かっていくと伊吹山から関ヶ原くらいに差し掛かると雪景色を見ます。
今年はまったくそんな景色を目にせず、残念でした。

でも最近は、新幹線の窓からのぞく景色でもうひとつ楽しむことがあります。街中に、ポツンと小さな森のように木々が茂っている風景を見ると神社かな? とイメージできることです。
鳥居が見え隠れして、神社だったりすると、めちゃ楽しくなります。

楽しいと言えば、開花が早まる 『 花見 』ですね!!
春は、僕の一番好きな季節です。
だって新芽が出て、一番パワーの感じる季節だから

ところで、なぜ日本人はお花見をするのでしょう?

また桜の季節が巡ってきます。イメージするだけでワクワクします(笑)

春になると、一斉にさくらが開花してきれいです。
そして桜の木の下で、宴会して楽しいですね。
そんなことが昔から桜が開花したら行われてきたのですが・・・

実は、お花見は古代の日本人が夢を叶えるために、実践していた引き寄せの法則なのです。
引き寄せの法則というと、スピリチュアルな話しになるので、一歩下がる人もいるかもしれませんね(笑)

ほんと?

って感じる人もいるかも

学校の授業で、こんなこと学びませんでした?

日本人は、農耕民族だったーー!!

現在でも、農家の方は、自然を相手に仕事をされています。この暖冬で作物の成長が早まったりで、戸惑われている姿をニュースで目にしました。

農家の方は、現在でも自然の流れに任せるしかない。

っていうか?
自然のパワーには、どうあがいても勝てないですよね。
古代には、現在のように自然の変化を予知する技術はなかったわけです。

そんな時代に、秋に黄金色のお米がたわわに実って、しっかり収穫できる願いは、昔も今も変わらない願いです。そんな願いを叶えるためにやっていたのが、

お花見だったのですーー!!

春に満開に咲く「桜」を、秋の「黄金色のお米」の豊作に見立てて、仲間とワイワイお米から出来ているお酒を飲みながら、喜んで、お祝いして、願いを引き寄せていたのです。

豊作を予め予定して、お祝いするのです。
先に喜び、先に祝うことで、現実を引き寄せる。

予祝という「前祝い」でーす (^^♪

古代から日本人がやっていた夢の叶え方なのです。

実は、神社の絵馬も予祝のひとつでーす(笑)

前厄の厄払いで、絵馬をいただいたので、久々に絵馬に願いを書いて、百舌鳥八幡宮の絵馬殿に掛けておきました(笑)

続きを読む 神社の絵馬は、神様と予祝するツール!