「パンフレット名刺」カテゴリーアーカイブ

交換させていただいた士業の人の名刺で感じたこと(笑)

こんにちは~ ♬
売り切る売場仕掛人 匠(たくちゃん)です。

昨日、以前名刺交換をさせて頂いた名刺を名刺ファイル、フォルダー、机の引き出しから引っ張り出して見ていました。
随分多くの方と名刺交換させていただいたなぁー!!
と感じました。名刺交換させていただいた方、ありがとうございます。
でも名刺交換させていただいて、私が実際連絡をさせていただいた方を振り返ってみるとほんの一握りでした。
逆に私もこれだけ多くの方と名刺交換させていただいたのですが、新たにお付き合いさせていただいた方は同じように一握りの方でした。

でも新聞折り込みチラシより効果はあったので、やはり名刺の力はある!!

と断言できます。

名刺を見ていて、断然多かったのが、税理士さん、司法書士さん、社労士さん、弁理士さんなどの士業の方
それと意味の伝わらないコンサルタントの方、
そんな方の名刺多いなー?って感じました。

セミナー、講座、異業種交流会に行って、名刺交換させていただいくと圧倒的に多いのが士業の方。ひとつのセミナーで、税理士の先生、司法書士の先生と名刺交換は、必ず数名させていただく。

どうして先生は、〇〇〇税理士事務所とできる難しい名目の言葉を羅列した名刺を交換するんだろう?士業の先生って、熱心に勉強されたり、いろいろな資格をお持ちになられているのに、この名刺じゃ、もったいないなぁって感じた。

やはりビジネスでつながりたいから名刺交換されるのではないでしょうか?

名刺ファイル、ホルダー、机の引き出しには名刺がいっぱい!!

続きを読む 交換させていただいた士業の人の名刺で感じたこと(笑)


名刺が自分の棚卸しツールになれば、ステキじゃない?(笑)

こんにちは~ ♬
売り切る売場仕掛人 匠(たくちゃん)です。

このブログを読んでおられる方は名刺交換をどんな気持ちでなされているのでしょうか?
大半の人は名刺交換というのはビジネスで繋がりたいから交換をされているんじゃないかな?

このブログの話の中でも数回お話しをさせていただいたのですが名刺交換を実際になされてつながれた方はどれくらいいるでしょうか?

あなたは名刺交換した後、どうされていますか?
たいはんの方が業種交流会やセミナーなどの後に名刺交換をしている姿を目にしてきました。

きっと明日には仕事の問い合わせとか?
仕事の相談が来るだろう?

と期待を込めて名刺交換をされるのですがほとんどが繋がっていないのはどうしてでしょう。

それは名刺交換をされた方があなたの名刺に魅力を感じていないからではないでしょうか? 名刺にインパクトがないのです。

名刺って、自分の可能性の扉を開いていくツールです。

続きを読む 名刺が自分の棚卸しツールになれば、ステキじゃない?(笑)


名刺には「文字情報」より「画像」「イラスト」を盛り込もう!!

こんにちは~ ♬
売り切る売場仕掛人 匠(たくちゃん)です。

日頃会社でお店の販売促進チラシや POP などの制作のお手伝いをしています。制作しながらよく思うのですが、文字だけの販売促進ツールってあんまりお店のお客様に思いが伝わりにくいんじゃないかなぁ~! ってことです。

お客様は、販売促進ツールで出来るだけ多くの

『 文字情報を掲載したい 』!!

よほど興味があれば、初めから最後まで、お届けしたツールをご覧になるでしょう。でも僕は、文字だけぎっしり載せて作られたツールを最後まで見ないコトが多いです。

理由はー!!
見ていると疲れるから・・・(笑)

でもお客様の依頼は、出来る限り文字情報を掲載したいと言われる。そんな話しを聞きながらいつも考えます。
どうしたらうまくお客様が描いておられるツールができるか?

お客様が文字中心に掲載したいなら、文字のフォントを変えたり、大きさを変えて表現するしかないなぁ~ って (笑)
せっかくご依頼いただいたので、お届けした相手の方が最後まで見るツールに仕上げて、お届けしたいなぁ~~と考えます。

続きを読む 名刺には「文字情報」より「画像」「イラスト」を盛り込もう!!


松下幸之助さんのカードステキです(笑)

こんにちは~ ♬
売り切る売場仕掛人 匠(たくちゃん)です。

日々、名刺で、人と人をつなぐカードをお届けしています。

名刺と違ったカードでお客様のつながりの応援が出来ないか?

最近、そんなカードのことばかり考えてました。
そんなことを考えてるとひょんなことに、本屋さんの棚をボーっとのぞいているとこれ読んだらっていう本が出てくるものですね(笑)

その本は、松下幸之助さんの 「日に新た」という本です。
この本には幸之助さんから従業員の方に届けられたとても温かいリーフレットのことが紹介されていました。
すてきな話しで「経営の神さま」って言われるだけあるなぁー!
って感じました。

本の中に、折り込んで製本され、リーフレットが紹介されていました。

松下幸之助さんは昭和28年1月から松下電器(現パナソニック)の社長を退任する昭和36年1月まで従業員の給料袋にリーフレットを入れ続けたそうです。
この頃はまさに会社が飛躍的にどんどん大きく成長している時代で、業績が向上すれば、当然、従業員もどんどん増えて、直接顔を合わせることができなくなって、言葉を交わすことが少なくなった。
その時に幸之助さんが何とかして「会社の理念や自分の思いを知ってもらおう」と思った。
社長とのコミュニケーションが取れれば、

「従業員の方もやりがい生きがいを感じて働いてほしい」

という願いからこのリーフレットをされたそうです。
そしてこれを給料袋に忍ばせるということを考えつかれたそうです。

従業員の方とトップがひとつになっていれば、お客様のニーズにも応えて、いいモノが届けられる。

カード一枚で会社がひとつになって、ひとつになると業績が当然向上する。

すてきなお話しだと本を読み進めています(笑)

カードと言えば、特別なイベントの時に、プレゼントに盛り込んだりするのですが、日頃、使うカードもあってもいいのではないか?

続きを読む 松下幸之助さんのカードステキです(笑)


名刺であなたをクローズアップしちゃえ!!

こんにちは~ ♬
売り切る売場仕掛人 匠(たくちゃん)です。

おかげさまで、名刺の制作の依頼を受けることが多くなってきました。ありがとうございます~~ ♬

今日のお話しは、名刺で自分宣言しちゃえ!!

いきなり何かというと、大手の会社は、会社の看板で通るでしょうが、中小企業、個人事業主は、やはり 『 個人 』なのです。
僕の作る名刺でクローズアップするのは、
お客様の持っておられる価値!!

「 肩書き 」
「 キャッチコピー 」

などにこだわって、デザイン、制作してお届けさせていただいてます。やはり名刺交換の場で、ひと目 で相手の方に興味を持っていただくことが大切だと考えています。

それをお届けするのが、僕の得意なコトでもあるのです。

35年間、お店の売場でPOPを作った経験をしてきました。
どうすればお客様の目を止めることができて、商品を手に取って、カゴに入れてもらえるか、そんなことを考えながら、どうすれば仕入れた商品が、お金に変わるか、取り組んできた経験が、実は名刺制作に生かせるのです。

名刺もとりあえず名刺なら「会社名」「役職」「名前」「連絡先」をフォーマットにはめるだけなので苦労しません。

でもそれではビジネスでつながらないのです。

その人の価値が相手の方に届かないと、「 売り切る 」ことが出来ないのです。

「売り切る」ことが大切だと考えています。

続きを読む 名刺であなたをクローズアップしちゃえ!!


あなたの名刺は活躍していますか?

こんにちは~ ♬
売り切る売場仕掛人 匠(たくちゃん)です。

異業種交流会、セミナー、講座の後によく名刺交換しますね。

どうして交換するのでしょうか?
目的があるはずですよねぇ~~ ♬

僕が大手スーパーに勤めて初めて名刺を渡された時に、上司から

「名刺は自分の分身だと思って、大切に扱いなさい」!!

って言われたことを未だに覚えています。
そんなに大切なものならきちんと挨拶して、相手の方にお渡ししなくっちゃと、上司に名刺交換のマナーを教えてもらいました。
その頃は、名刺はつながるツールで大切なものでした。

現在は?

SNSが主流で、アナログの名刺はいらないと言われています。
でも僕は、必要だと思っています。

名刺交換の経験が浅いスタッフは、多く方とあいさつしたら、少しでも連絡が来ることをきたいするものです。名刺交換の場を喜びの場に変えてあげたいものです。

続きを読む あなたの名刺は活躍していますか?


お会いして顔を合わせてお話しすることが大切!!

こんにちは~ ♬
売り切る売場仕掛人 匠(たくちゃん)です。

先日、加藤先生が月一の事務所訪問で来られた時に
お話ししたことがずっと頭の中に残っています。

何かというと・・・?
最近、士業の先生でも、事務所を訪問せず、SNSやネットのレンタルミーティングルームを使われて、顧問の業務をこなされている方が出始めているという話しでした。

そこは僕も加藤先生と考え方が同じだなぁ~~!!

相手の方と顔を合わせて、話すことが大切!!

ってことです。
ネットを使えば、移動時間、経費のロスもない。
でもネットでは、その方が持っておられる 空気感が伝わってこない のです。

僕は、アナログでしか感じられない良さを大切にしたい!!

友達からお聞きしたのですが・・・

会話している時に、相手の方の呼吸を感じて、呼吸を同調するとお互い理解しやすくなる!!

そんなことを聞いてから、聞き取りをさせていただいているお客様の呼吸を意識するようになりました。でも同調する訓練は、まだまだです。

名刺の聞き取りも、基本は、お客様と直接お会いして、お客様の価値を発見して、名刺にデザインして表現していきます。
ただ遠方の方は、レンタルミーティングルーム Zoom を利用してお話しをさせていただいている現状です。

名刺を作らせていただいたお客様の声、制作の流れ、制作値段などをまとめさせていただいたサイトをアップしました。

● パンフレット名刺紹介サイト

マンガをふんだんに使って、わかりやすくまとめてみました(笑)

続きを読む お会いして顔を合わせてお話しすることが大切!!


これからの社会に必要なのは「好奇心」と「遊び心」!!

こんにちは~ ♬
売り切る売場仕掛人 匠(たくちゃん)です。

第4次産業革命という言葉を耳にする機会が多くなった。

・IoT(モノのインターネット)
・AI(人工知能)
・ビッグデータ

などの新技術が普及・進化するにつれて、さまざまなものがつながり、融合して、社会をさらに高度化して多様化しようとしている。
この進化がさまざまな業界に影響を与え、大きな社会変化を招こうとしている。

そこで個人は・・・
進化に追いつけず「焦り」「不安」が広がって、夢や自分らしい働き方が出来なくなった。

でも考え方を変えるだけで、周囲の見え方も変わってくる。

これから進化する社会は・・・

全員未経験だーー!!

ってことです。
いろいろな話しが出てきているけど、勝手に推測しているだけ。結局、そんな話しを信じるか?信じないか?

楽しく自分らしく生きてみませんか?

これから訪れる未来は、みんな未体験だーー(笑)

続きを読む これからの社会に必要なのは「好奇心」と「遊び心」!!


アナログにも、残していきたい大切なツールがある。そのひとつが『 名刺 』!!

こんにちは~ ♬
売り切る売場仕掛人 匠(たくちゃん)です。

世の中は、デジタル化がどんどん進んで、便利になっていきますね~ !!
デジタルの進化と共に、新しいモノが発生して、それがトレンドにつながって多くの人が利用するようになる。
そうなっていくと今までよかったモノが古臭くうつって、人のこころが、そのモノに固執しなくなって離れていく。
そんな進化の速度が、さらに早くなってそんなモノがあふれだしている。

● 人のこころって・・・

多くの人に人気のあるモノに興味が移っていく!!
そんな『 性 』を持っている。

そんな古臭くうつるモノのひとつに
僕の大好きな名刺が取り上げられるようになってきた。

SNSなどのネットの進化と共に、名刺、履歴書は、その人のページを見れば、どんな人かわかるので不要だと言われる。

そうだろうか?

お互い認識のないファーストコンタクトの時に、いきなりSNSで興味を持って確認するだろうか?
僕は、興味がなければしないと思う。

そんなかつては便利でみんなが使用したアナログツールが、不要物になってあふれている。当然、中には機能だけに価値があって重宝されていたモノは不要かもしれない。

人のこころをつなぐモノは、必要ーー!!

そんなことをまとめてみました(笑)

僕のお届けしている名刺の紹介サイトができました。
使っていただいているお客様の声も掲載させていただきました。

●  パンフレット名刺紹介ページ

続きを読む アナログにも、残していきたい大切なツールがある。そのひとつが『 名刺 』!!


初対面の人の肩書きは気にしますか?

こんにちは~ ♬
売り切る売場仕掛人 匠(たくちゃん)です。

さんまさんが大好きなので、
さんまさんの出ている番組は、見れる時は、生で見て、
見れない時は、たいがい録画して楽しんでます。

昨日の 『 ホンマでっか!?TV 』
日頃、名刺を制作させていただいていて興味深い話しをしていたので、ちょっと話しの深堀をさせて下さい。

テーマは・・・

『 初対面の人の肩書は気にする? 気にしない? 得なのはどっち? 』

あなたはどちらですか?

僕は、名刺を作らせていただいているので・・・
大手の会社の方の名刺の肩書は、会社のブランドがイメージ先行するのでいらない。
でも大きな会社ほど、いろんな方向性の業務をしているので必要なんですけど・・・
でも名刺交換した人から

あなたの部署は、何をしているのですか?

って聞かれて、そこから会話が弾むかもしれないですね。
けっこうわからない名称の部署が増えている。(笑)

でも中小企業、個人事業主は、そんなことにならないですよね。

僕の 夏 ver 名刺もけっこう名刺交換させていただいて、喜んでいただいています。(笑)

続きを読む 初対面の人の肩書きは気にしますか?