カテゴリー別アーカイブ: イベント・販促企画

お客様が集まる場を提供しよう!!

こんにちは~ ♬
売り切る仕掛人 匠(たくちゃん)です。

ここ数年、お客様が少ない商業施設の話題を目にする。
お店の売場は、きれいに演出されて売場も作られている。
きれいに作られているので、どうして売れないんだろう?
って思ったりもする。

売れないことは、お客様はいらないということ。

でもよく見ながら歩いていると・・・

あ~~ いいな!!

っていう商品もある。
ゆっくり見れば、立ち止まる。
でも普段歩きのスピードでは、演出してあっても・・・

あっ! きれいだなぁ~~ ?

で終わってしまう。
きれいに演出して、お客様の視覚に訴えかければいいというものでもない。

● 演出を見て・・・

「あっ? すてきだな~ 💕」
「自分も使ったらどんな風になるんだろう?」
「楽しそう~~ ♬ 」

って抱かせることがないから立ち止まらない。
演出しても何か? 足らない。それは

💖~~!!

ただ演出するだけでなく・・・

「価値を伝えること」

が大切です。
それは商品だけでなく、たとえば会社で扱っているサービス、コンテンツなどせっかくいいモノがあるのに価値が伝わらなければお客様は、目を止めて見てくれません。

喫茶店で流行っている店って、人の口コミが人を呼んで、いつの間にかいっぱいになるんですよねぇー

続きを読む お客様が集まる場を提供しよう!!


オープンに勝るイベントなし、でも大切なのはオープン後だ(笑)

こんにちは~ ♬
売り切る仕掛人 匠(たくちゃん)です。

最近、事務所周辺の商業地区に、新しいお店をよく見る。
お店の入口には、オープンフラワーがあって華やか。
お店のオープンとか、会社の起業って、活気があって、夢にあふれているもの。

どんなお店、会社でも、オープンイベントは
どんなイベントにも超えられないパワフルな力のあるもの~(笑)

僕も、大手スーパーで新店オープンを数店舗経験した。
この間、経験できたことは、特に段取りの大切さが勉強になった。

『段取り8分に、仕事2分』

仕事の出来不出来は、今でも段取りがすべてだと考えている。
段取りをしっかりしておけば、途中イレギュラーなことが起こっても、ふところが深いので対応できる。
でも段取りをしていなければ、あたふたするだけだ。

だから実行する前、実行後に必ず、僕はチェックを入れる方だ。
今の若い方すべてではないが、段取りができれば、もっといい仕事ができるのにって、よく感じる。

・陳列什器の配置、安全チェック
・商品搬入の段取り
・商品陳列の段取り
・プライスカード、POPの取り付け
・商品の陳列位置の確認
・フロア内商品の位置の確認  などなど

けっこうチェックして、覚えなければいけないことがたくさんあった。レイアウト図面では、ある商品がこの場所に陳列展開されていると思っていても、陳列段階ですり替わってしまうことがあるので、商品の位置の確認だけはしっかりしていた。

オープンするとそんな苦労も吹き飛んでしまうものです。

規模の大小に関係なく、オープンって、これから頑張ります!!
って、アドバルーンを上げて宣言する。

でも大切なのはオープン後なのです。

お店が開店する時って、オープンフラワーが店頭に並んで華やかだ。

続きを読む オープンに勝るイベントなし、でも大切なのはオープン後だ(笑)


中小のお店、会社にはチャンスな時代!!

こんにちは~ ♬
売り切る仕掛人 匠(たくちゃん)です。

読売新聞を読んでいると・・・
関西圏のスーパーの営業減益のニュースが紹介されていた。

2018年4月12日 読売新聞より

相変わらず、GMSやスーパーなどのチェーンストアは、たいへんだなぁ~!?

チェーンストアって「スクラップ アンド ビルド」

売上の悪いお店は潰して、新しい店を出店する。
その成長が止まって、苦戦している。
出店できないから「いいモノをより安く」。
高効率と価格力で伸びてきたけど、量の戦略が効かなくなった。
おまけに人件費が高騰して、影響を受けている。
八方ふさがり~~~!!

でも打つ手はいっぱいあるのに・・・
どうしてしないのか? 不思議ちゃんです。

同じように大きな会社もどんどん業務内容を変化させている。
家電の会社が、リフォームの会社になったり・・・

そんなことを考えていると・・・
中小の会社やお店には、今、目の前にチャンス
がぶら下がっている超楽しい時代だって感じる。

昔は、レジでも一人のお客様がふたカゴくらい持って並ばれる姿をよく見た。最近は、買う量も少なくなっている。

続きを読む 中小のお店、会社にはチャンスな時代!!


「○○ と言えば ○○だ!!」と言われることが売り切ることにつながる

こんにちは~ ♬
売り切る仕掛人 匠(たくちゃん)です。

最近、長く続いている老舗・会社の話題に意識して触れるようにしています。

長く続いている会社に共通しているのは

「○○と言えば○○だ!!」

と言われる商品、サービスなどを持っていることです。
それはお店や会社の規模に関係なく、持っておられて、
そのような商品、サービスがお客様に受け入れられている。
そしてその地域に、根差している。
それが長続きしている会社の共通点のひとつだと感じます。

あなたのお店は繁盛していますか?
もし十分に繁盛していなくて、これから先に不安を感じていれば
どんなことを考えればいいか?
考えた時に・・・

● あなたのお店、会社は・・・

・ 単に売り物が置いてある場所になってませんか?
・ 誰かが、いつか仕事をお願いしてくれる待ちの姿勢になってませんか?

欲しいお客様、利用したいお客様だけが、勝手に利用される体制になってませんか?
そんなお店や会社って、やっぱり利用したくないですよね~~~

僕の名刺には ↓↓↓↓↓↓↓↓

僕の名刺の一面です。昔の市場やスーパーは、お客様とお店の方の話しがあふれる楽しいとこでした。まるで「テーマパーク」のようにわくわくした。

続きを読む 「○○ と言えば ○○だ!!」と言われることが売り切ることにつながる


際物在庫を来年に持ち越さないようにしよう~♬

こんにちは~♬
アンディーンノアのオーパ 伊藤です。

今週末は、クリスマス!!
そして来週は、年末年始の売場に変更です。
毎日、いろいろな売場を見て、ちょっと気になったことをお届けしようと思います。

先日もお話しした際物商材の展開のコトです。
際物商材と言うのは・・・

・クリスマス
・迎春商品 などで

クリスマスツリー、サンタのデザインのついているパーティ用品などクリスマスが終わるとまったく売れなくなる商品です。
こんな商品って、けっきょくバックストックにひいて、一年間眠ることになっちゃうのです。
僕は、この作業がとても嫌いでした。

●どうしてか?

「めんどくさいから」(笑)

僕の経験した際物商品の追い出し方についてお届けしますね。

1. 年末は何かと忙しい。めんどくさいことからは逃げたい。
2. 1年間眠らせることで、商品価値は下がる。
3. すっきり新年迎えましょう(笑)

クリスマスブーツもボリュームたっぷり。ブーツはプレゼント需要に期待かな?

続きを読む 際物在庫を来年に持ち越さないようにしよう~♬


居酒屋苦戦と言われながらもお客様がいっぱいの店もある

こんにちは~♬
アンディーンノアのオーパ伊藤です。

ふと新聞を見ていると「居酒屋苦戦」のメディア報道。
よく立ち寄る大阪の北浜の「よし富」を見ていると・・・

「うそぉ~~?!」

って感じの記事だった。
他のお店は苦戦しているんだろうなぁ~?

2009年から8年連続で「パブ/居酒屋」の売上は前年を下回っている。

昨晩もセミナーに参加してもらった古川さんと会社のスタッフと食事をしていたが、21時過ぎまで「よし富」は、忘年会、送別会が近づいているシーズンでもあり満席だった。

この報道とどこが違うんだろう?

って、わいわい言いながら、鍋をつつき考えていた。

よし富のキッチンのごとくをご覧あれ~!! 鍋がグツグツと並んでいる。よし富では、まず鍋だー!!

続きを読む 居酒屋苦戦と言われながらもお客様がいっぱいの店もある


売り切る仕掛けは、要素を掛け算しよう (笑)

こんにちは!! 売り切る売場仕掛人 伊藤匠です。

ゴールデンウィークに入りましたね。
今朝の電車は、いつもより乗降客も少なく、先週の土曜日から今週の日曜日まで休んでいる会社も少なからずあるんだなぁー(^^♪

ゴールデンウィークということで、ゴールデンウィーク前から、お客様確保もあるのかな?

新聞折り込みチラシがいつもより多く折り込まれていました。
そのチラシを見て、買物ついでにお店の売場を見ましたが・・・

●売場を見た正直な気持ちをお話しすると・・・

チラシはチラシ!!
売場は売場!!

って感じで、連動してないから、新聞折り込みチラシ制作費、もろもろの費用がもったいないなぁ?

●今回お伝えしたいのは・・・

「お店スペック」「チラシ」「スタッフ」「商品」「POP」などの要素を、それぞれ単体で訴求するのではなく

『クロス(✖)』

して考えてみましょうということ。
そんなことをブログにまとめてみました。

週末は「29」日だったので、『肉の市』がチラシでも大きな面を取って告知されていました。

続きを読む 売り切る仕掛けは、要素を掛け算しよう (笑)


お店での対応は想定通りだった『プレミアムフライデー』(笑)

こんにちは!! 売り切る売場仕掛人 伊藤 匠です。

昨日の新聞紙面、テレビのニュースとメディア各社は、プレミアムフライデーの話題を取り上げていますね (笑)
ただクローズアップする照点が、メディアによって異なるので、ニュースを見ていても面白いです。やはりニュースと言っても、そのままを伝えられることはなく、必ず、伝える方の第三者的なメッセージは入るものです。

それをフェイクニュースとしてとらえるか?
面白いこと言ってるなぁ? でとらえるか?

メディアのニュースのとらえ方はこんな感じでゆるくていいのではないでしょうか?

プレミアムフライデー、金曜日、展開を見て感じたことをブログにサクッとまとめてみました。でもこれは私のフィルターということは先にお伝えしておきますね (笑)

百貨店の惣菜売場、限定販売品もあって面白かった。でもこの対応も百貨店によって違ったので、手探り状態でしょう。

続きを読む お店での対応は想定通りだった『プレミアムフライデー』(笑)


『プレミアムフライデー』をどう定着させるか?

こんにちは!! 売り切る売場仕掛人 伊藤 匠です。

朝からテレビなどのメディアでは『プレミアムフライデー』の話題を取り上げられています。
読売新聞を読んでいるとプレミアムフライデーPR役の「関ジャニ」メンバーと共に、企業広告が、新聞全紙サイズで、8ページも掲載されていました。
定着するまでには、企業の体制の問題もあるので、一概に判断はできませんが、感じたことをブログにサクッとまとめてみました。

プレミアムフライデーのロゴをメディアのあっちこっちで見ますが、定着すればいいなぁ?

続きを読む 『プレミアムフライデー』をどう定着させるか?


どこも同じ店に見えるのは、メーカーツールの使い方だろ? (笑)

こんにちは!! 売り切る売場仕掛人 伊藤 匠です。

今日は、仮説を立ててお店をウォッチングしてみました。
●今日のテーマは・・・

どうしてどこも金太郎飴のような同じ店に見えるんだろ?

ってことです。例えば、ドラッグ専門店、化粧品店、雑貨屋さんなどなど看板の店名は違うのに、商品の陳列、POPのつけ方、ほとんどいっしょなのです。

そして大手スーパーも行ってみました。
家庭用品で言えば、日用消耗品、家庭用品、化粧品売場。
食品売場で言えば、お菓子、調味料、カップラーメンなどの加工食品売場。どの商品も、売場の中央で、デーンと売場が作られている。売場の位置は当然、お店の作り方によって違いますが、どこに行っても変わらないのです。
そんなことをブログにサクッとまとめてみました。

大手スーパーでも、化粧品売場を見れば、メーカーの支給された什器、販促POPを使って、どこも同じ価格で販売されていました。イメージは、少し昔の画像です。

続きを読む どこも同じ店に見えるのは、メーカーツールの使い方だろ? (笑)