記念日は終わった次の日から来年を考える | 売場を作っちゃう仕掛人

2017年の「父の日」はどんなことするかな?

先週の折り込みチラシと買物しながら見た売場を思い出しながら、記憶が真新しいうちに来年の父の日の提案企画を考えるここ最近。
どのお店でも共通して言えるのは、父の日タイトルのPOPをつければ「父の日」の売場じゃないということです。

「お父さん、さらに頑張ってー!!」

頑張っているお父さんに感謝して、さらに暑い夏に向けて頑張ってもらうせっかくの記念日なのに、たいていのお店は、折り込みチラシは良くなってきたのに、チラシの表現は生かされていない感じ。
いつも感じる・・・お金を使って昨年のチラシを改善して、チラシ制作しているのに・・・

「売場に反映されない折り込みチラシ経費もったいないなぁー」

そんなことをブログにまとめてみました。

93152f7eb7719ea8fbae7b944a6e9851_m
父の日のお肉売場・・・ステーキがかなりフェースを拡大して展開されていました。アメリカ産牛ステーキなんてわらじのような大きさで驚ききましたが、ただ陳列は置いてあるだけなので、目立たず!? でも売場は普段のままで、販促ツールのタイトルだけ「父の日」となっているお店が多かったです。売れ残っても大丈夫売場でした。

「母の日」の売場もそうでしたが「父の日」の売場も普段の売場とどこが違うの? って感じでした。

感謝する特別な記念日なら売場も普段と変えて、特別な売場を作っちゃえばいいのです。「母の日」は5月の第二日曜日、「父の日」は6月の第三日曜日。

当然・・・折り込みチラシによく表現されているように、こんな日は

「売り切れごめんー!!」

でいいと思うのです。
だから 安価なロースステーキ を毎日頑張っているお父さんにすすめるようなごちそう食材にするのではなく「数量限定」で希少部位 をすすめるような売場を作ったらどうかな?

なんて、あれやこれや、記憶が熱いうちに来年の父の日の企画を考えています。

5月末に競馬のダービーがありましたが、ダービーが終われば、来年のダービー目指して、新馬戦が始まるように・・・

「企画の業務でも、来年の母の日、父の日の企画がスタートしているのです。」

直前になって、いきあたりばったりでしている他社もありますが、せっかく企画提案して、売場をデザインしていくのですから当然、時間はかかるものです。

折り込みチラシを見ていくと・・・

●A食品スーパー

619tirasi02
B3サイズ・両面4色印刷でした。日替わりで「国内産ロースステーキ1枚680円」と価格では一番安かったです。日曜日には昨年より単価アップして「国内産黒毛和牛1580円」で訴求。「モ~っと、ぎゅう~っと 愛情込めて、今日は牛」というコピーがついていました。でもちょっと常套句に近いですね。チラシ掲載点数も多くて、見づらかったです。

 

619tirasi14
昨年は、国内産黒毛和牛ステーキ1枚980円でした。昨年の折り込みチラシも加工食品などのおつまみおすすめ商品も文字だけの「組み表現」が多いので、点数が多く見づらかったです。

折り込みチラシは、お客さまへの案内状ですから、点数多ければいいというものではないと思うのです。やはりお客さまが見て、初めて機能が出る。その視認率をいかに上昇させるか?
見なければ、何点、折り込みチラシに詰め込んでもいっしょ!!
見やすいデザインにすればいいのになぁー!!
「点数減らして、売場をしっかり作ればいい!!」

●B総合スーパー

619tirasi06
B2サイズ・両面4色印刷です。ステーキがメインで、鮨、マグロ、ウナギと言った感じです。「国産牛肉ロースステーキ798円」でした。売場を見るとイメージ写真と実際売場に並んでいる商品のイメージの乖離が大きかったです。また「旨味あふれる豪華なステーキ」というコピー、常套句でお客さまに届かないです。B2サイズと大きいので画像は見やすいけど、やはり「ちょっと贅沢に」というなら売り切れごめんで、ちょっといいモノ揃えたらどうなんだろう?
619tirasi10
昨年のチラシと比べると、良くなっていました。でも売場がタイトル変更だけとチラシのイメージ画像と売場の商品の乖離が多少気になっちゃうなぁー!!

●C総合スーパー

619tirasi01
B4サイズ4色両面印刷。木曜日に、B3サイズの折り込みチラシが入っているので押さえ。でも紹介されている写真は、鉄板の上でジュウジュウ表面もこんがり焼けてるイメージでとてもおいしそうです。価格表記も100g当たりで訴求しているので、上のスーパーが1枚当たり訴求がメインだったことを考えれば、ちょっと上質のお肉を訴求している感じです。
619tirasi12
昨年チラシと比較しても、まじおいしそうです。

●D食品スーパー

619tirasi08
B3サイズ両面4色印刷です。この食品スーパーの価格表記も100g当たり表記で、参考価格で表記されています。写真もお皿に盛り付けられて、ワインをクロスMDで訴求されています。メインは、おいしそうなウナギの蒲焼とお寿司を中心とした和食です。折り込みチラシとしては、とても見やすいです。

●E食品スーパー

619tirasi05
B3サイズ表面4色裏面1色印刷です。この食品スーパーはいつもお話ししているように安くはないのですが、切り売り実演販売をしてお客さまが楽しくなるような企画をかましています。LIVE販売などは、どのお店もしているのにどうして告知しないのかな?

ということで、父の日ごちそうメニューを見てみましたが、けっこう打ち出し方が違うものです。

ただ大半の店が、先週と変わらない売場にPOPをつけ変えただけの売場でした。

そんな売場を作っていてもおもしろくもない。
一喜一憂しながらも「やったー!!」って、お客さまもスタッフも楽しめる売り切る売場を考えたいものです。

父の日はステーキというような固定観念は取っ払って、考えてみると楽しいですよ。
たとえば、お客さまを年齢をキーにして考えてみれば、ロースのように脂っぽいモノより赤身の肉や希少部位の肉を訴求してみてもいいような・・・
さて続き考えようっと・・・・・!!