年甲斐もなく恥をかいてしまった (^^)

こんにちは~!!
アンディーンノア社長 伊藤です。

明日は、雨模様のようで、気温が低下しそうです。
来週は、紅葉が一層進んで・・・ 人工的に作れない自然のコントラストを楽しめたらいいですね。ただ北風が吹いて、一気に散らないでほしいなぁ?

IMG_4207

さて、今日は・・・
● 「立志の功は、恥を知るを以て要と為す。」 (言志録・7条)
~目標や志を立てて成功するには、恥をかく経験をすることが好ましい~
と言うことです。

人前で恥をかくことって、言葉の通り「失敗すれば、恥ずかしい」ので、できれば避けたいし、イヤなものです。
でも、この言葉は年相応のものと失敗した内容的なことがあると考えます。私のような年を食った立場の人間が、初歩的なミスをしていたのではいけません。

でも、今日やってしまいました。
その反省も含めて、今日はこの言葉についてお話をすることにしました。ほんとうに初歩的な失敗をしてしまいました。

ほんとうに恥ずかしい失敗ですので・・・
ご迷惑をお掛けしたみなさんには、この場を借りて、

「すいません」 と謝罪いたします。

実は、起業して4年目に入った事もあり、会社の名刺を、ミニ会社情報付名刺に変えさせていただきました。
この名刺は、はあいさつの時に、お渡しする際に評判がよく、お客様からなるほどとも言われました。

IMG_4208
初めにお話しさせていただいたように、今日、わかったのは、私の名刺の携帯番号が間違って印刷されていたのです。
出来上がったものを最終きちんとチェックをせず、あいさつでお配りしていた。

「もっときちんとチェックしなさい」
「会社のトップがこれでは・・・」

いろいろ思われる方があると思いますが、失敗は失敗・・・ もう多くの方にあいさつでお配りしているわけですから。

でも以前、言志録の言葉でお話しさせていただいたように、もう過ぎ去った過去にこだわっていても、時間が戻ってくるわけではありませんし、現在、どうしていくか? です。
失敗ですから、きちんとご迷惑をお掛けした方に謝罪させていただき、すぐに修正した名刺を作る手配を行いました。
ただ、前回の名刺の改善点もありましたので、改善して作るようメンバーにお願いしました。逆に、私の名刺は、改善点を含んで修正して作りますので、現状を打破して、作るので、一歩進んだことになります。

IMG_4214

やはり年相応の失敗があると思います。
ただ当社のメンバーのように若い方が多い会社は、社長やトップの方はたいへんかもしれませんが・・・

「失敗は、青春の特権」 だと私は、考えます。

 若い時に、いろいろな失敗を経験した人ほど、私のように年を取った時に、成功すると考えるからです。若いうちは、余程、大きな失敗でない限り、やり直しがきいて、それが成長の肥やしになるからです。

逆に、大きな失敗もせず、風の吹くままに過ごしてきた人は、私はどうかな?って思います。
当社のメンバーは、経営者の私が、わがままなので、今まで経験したことがない苦労しています。だからこの会社が、デザインひとつの業務にしてもいろいろな可能性を膨らましながら伸びてきて、グラフィックデザインだけでなく、いろいろなデザインが出来ます。
また販売促進企画もKJ法を活用しながら、立てれるようになってきています。

「私は、そんなメンバーが宝物です。」

 

若いからまだいろいろな失敗をするでしょう。
でも前向きなら、私はいいと思います。
メンバーの可能性を、失敗の数だけ、伸ばしていく事を喜びに感じたいですね。

逆に、私は、年を食っているので、失敗を最低限に抑える努力をしていかなければならないですね。

今日も長々と私の話しにお付き合いいただきありがとうございました。
明日は、天気も悪そうなので、ゆっくりして下さい。 (^^)


2014紅葉~鞍馬・貴船編 -2

こんにちは~!!
アンディーンノア社長 伊藤です。

IMG_4174

今日は、昨日に続き、鞍馬・貴船の2日目、「貴船神社」編です。
鞍馬山を「よいしょ、よいしょ」と言いながら、下りてきて、すぐのところに貴船川のせせらぎが聞こえます。
川の流れる音が、ほんとうにこころに染み入ります。
また川沿いのもみじは、紅葉が進んでいました。
しばらく道なりに歩いていくと・・・

IMG_4152

よく紅葉ガイドなどでも紹介されている参道の階段が出てきます。
階段を上がったところが、貴船神社の本宮です。本宮の門をくぐって,
すぐのところに御神木の大きな大きな桂があります。

IMG_4162 IMG_4165

 御神木の桂
「貴船は古くは「気生嶺」「気生根」とも言われ、大地のエネルギー「気」が「生」ずる「根」と言う意味で、現在の「貴船」と書かれるようになったようです。
この本宮の境内の樹齢約400年、高さ30mにもおよぶ桂の御神木は、根元から天に向かってのびのびと枝を伸ばしていているので、活力があふれているので、思わず手を合わして拝んでしまいました。
そんな木が多く、歩いていると目につきます。
 御神水
御祭神は、水の神様だけあって、本宮奥には御神水が沸き出ています。また若い女性が、水占(みずうら)みくじをしていて一喜一憂していました。おみくじは御神水にそっと浮かべると文字が浮かびあがるものでした。

・神水
一、自ら活動して他を働かしむるは水なり。
二、常に自ら進路を求めて止まさるは、水なり。
三、自ら清くして、他の汚水を洗い清濁、併せ容るるの量あるは水なり。
四、障害に逢い激しくその勢力を百倍するは水なり。
五、洋々として大洋を充たし、発して蒸気となり雲となり雪と変し、霧と化し疑っては玲ろうたる鏡となる。しかもその性を失わざるは水なり。

と御神水の前に説明書きがされていました。

貴船神社の周辺の道を歩いていると山から水が流れ落ちてくる姿が目につきます。見ていたら、いったいどこから流れてくるんだろうと不思議な気持ちになります。

IMG_4172

奥宮に向う途中、えんむすびの神様の貴船神社・結社があります。
境内には、上の画像の「天乃磐船」があります。
ここには和泉式部の歌碑もあり、若い女性が多く、参拝していました。
そして歩き進んでいくと、facebookで紹介させていただいた

「パワーをもらった相生の杉」

IMG_4197

私のfacebookページ  https://www.facebook.com/itoh01

が見えてきます。
その奥に貴船神社の奥宮があります。

IMG_4185
ここはほんとうに静かで、空気がとてもおいしいところでした。
元々は、ここが貴船神社の本宮で、度々の水害で、現在の本宮の位置に動かされたようです。

IMG_4191

 

そしてお宮の横に船形に石積みされている「御船形石」を見ることができます。この「御船形石」は、玉依姫御料の黄舟を、人目を忌みて小石で覆ったと伝う。航海する時に、この小石を戴き、携帯すれば、海上安全と云われているそうです。
私もぶら下がっている黄色い小石を戴いてきました。

貴船神社も歩いて、足は、普段の運動不足がたたって、今もってパンパンですが、こころは水のお蔭で洗浄されたと思います。

話が少し逸れてしまいますが、
私の会社の社名の由来をよく聞かれますが、
「アンディーン」(Undine)は、水を司る妖精です。
ノア(Noah)は、ノアの箱舟です。
起業した際、いろいろないきさつもあって、社名は、みんなに感謝しながら、進んでいける小舟を考えました。先導役が必要でしたので、水の妖精のアンディーンに守られて進んでいく、今までも決して平たんな道ではありませんでした。
いろいろな窮地もありましたが、メンバーのお蔭で4年目に入ることができました。ほんとうにありがたいことです。

今日も長々と私の話にお付き合いいただきありがとうございました。
明日も楽しく頑張りましょう!!

 


2014年紅葉~鞍馬・貴船編 -1

こんにちは~!!
アンディーンノア社長 伊藤です。

楽しみにしていた紅葉、まだ色づきにはちょっと早かったですが、行けました。たまにはタイトルテーマの「パワスポ」らしいお話をさせていただきたいと思います。
最近、お話を聞いていただいている方は、タイトルの「パワスポ」って? と思われると思いますので、久々に「パワスポ」について、簡単にお話をさせていただきます。
そんな大げさに構えてお話をすることでもないのですが、「パワスポ」って言うのは、パワースポットを短縮させていただいた言葉です。
パワースポットと言うのは、地球に点在する特別な“場”のこと で、 エネルギースポット、気場とも言われています。
パワースポットと言っても、口コミで広がったスポットもあると思いますが・・・ 私は、

その場でいるだけで、こころが調和して、自分自身とコミュニケーションがはかれて、一体感が得られるスポットだと考えています。
こころが楽しくなったり、すっきりして晴れ渡ったように真っ白になったり、特に、自然の素晴らしさにこころが震えて、素直に自分自身が表現できるところだと思います。

IMG_4111

今日は、京都の鞍馬・貴船に行きました。
鞍馬と言えば、「天狗」ですが、叡山電車・鞍馬駅出たところに、下記のような大きな天狗が、でーんと迎えてくれます。

IMG_4109

そして山門・・・歩いても行けるのですが、鞍馬山を歩きたかったので、ケーブルで上がりました。

IMG_4124 IMG_4123

IMG_4122

ケーブルで上がっていくと構内出たところに、多宝塔が見えます。
そしてしばらく参道を歩くと、本殿金堂が目の前に広がります。狛犬は鞍馬寺は、「虎」で、本尊である毘沙門天のお使いなのだそうです。
金堂の前には、facebookでご紹介した「金剛床」が広がっています。

私のfacebookページ https://www.facebook.com/itoh01

そして、翔雲壺から鞍馬の多少紅葉した山並みが見えます。
翔雲壺の説明書きに「鞍馬山は、北方守護の浄域である。守護授福のため、本尊ここに降臨ありて、はるか平安京をみそなわし給う。中央の板石は、本殿後方より出土したもので、平安時代より鞍馬寺に伝えられた妙法写経会の経巻を埋納した経塚の墓石である。板石の下から発掘された経塚遺物二百点余りがことごとく国宝と指定された。」そうです。

IMG_4120

IMG_4134

ここから見る鞍馬の山々は、とてもきれいで、気持ちが良かったです。紅葉が進んでいれば、もっとよかったかもしれません。
来週くらいになれば、もっと進むのかな?

IMG_4140 IMG_4144

 

金堂の横の道を上ったところに鐘楼があって鐘を突けます。
そこから先は本格的に山道になっていて、屏風坂の途中に義経公息次の水や上ったところに背比べ石がありました。

IMG_4141
そこから下って行くと、平泉で義経公が亡くなった後、この山に帰って来られたと言うことで、義経公を祀っている義経堂やしばらく歩くと魔王殿がありました。ここの魔王は金星出身と言い伝えがあります。

山全体がお寺なので、自然と調和しながら、楽しめます。
歩いている途中に大きな岩や朽木に広がっている苔など、ほんとうに自然を感じながら、山道を歩けます。
昔、この山を義経公が走り回っていたと言う思い、普段、運動不足であることを感じながら、楽しめました。
山を下りると、川のせせらぎの音が聞こえる貴船神社でした。

今日も長々と私の話にお付き合いいただきありがとうございました。
また明日、つづきの貴船神社についてお話をしようと思います。

 


「しまった!!あのときこうしておけばよかった。」と思わないために・・・?

こんにちは~♪♪♪
アンディーンノア社長 伊藤です。

今日も一段と冷え込みました。
冷え込むたびに、紅葉が楽しみになってきます。
思いっきり、日頃の事を忘れて、自然が織りなす「美」を楽しみたいものです。自然が作る何とも言えない微妙なコントラストは、いくら機械の性能が上がっても人為的に作るのは、難しいものです。

●昨の非を悔ゆる者は之れ有り、今の過(あやまち)を改むる者は鮮(すく)なし。(言志録・43)

IMG_3890

過去の失敗を悔やんで後悔・反省する人はいますが、現在おこなっていることの間違いをわかっているのに、改める人は少ない。

過去の失敗などにこだわっていつまでもテンションを下げている人って、よく見ますよね。きまって・・・慰めの

「気にするなよ!!」

って言葉を掛けたりするのですが・・・?

過去の終わったことにいつまでもこだわって、尾を引いていても、もう終わって結果が出ていることですから

「あの時こうしておけばよかった」
「あの時こう思ったのに、やっておけばこんなことなかった」
とか・・・考えれば、考えるほど、後悔が涌き出てきます。これはなんとかうまくやれなかったのか? と言う自己養護の「欲」だと思います。

でも、過去は終わって、結果の出ていることなのです。
後悔しても変わらないのです。

IMG_3893

佐藤一斉先生が話されているように・・・

今、道が間違っていれば、軌道修正すればいいわけです。

ただ、軌道修正は、自己否定することになりますので、自分自身を正当化するために、「まだ大丈夫」・・・ 時間がどんどん経過して軌道修正が遅れたりして、結果、失敗したという形につながる形になります。
たとえば業務でも流していれば、「これ・・・ちょっと違うなぁ?」 と感じることがあると思います。

そう思った時に・・・一度、考え直すことが必要です。
得てして、そのまま続けると失敗につながることが多いものです。

そんな時に出てくるのが・・・

「まぁ・・・いいか?」 と言う甘えです。

やはりこころが 「これ・・・ちょっと違うなぁ?」って投げかけてくれる声に反応して、軌道修正することを考えなければなりません。
「直感」
 ですかね。

IMG_3894

ただ軌道修正をするのもなかなか難しいと思いますが・・・
このまま続けたら、どんなことが起こるんだろうと考えてみるのも一案だと考えます。

私は、やはり会社を経営して、10数名の方と一緒に仕事をしていますので、この選択、業務の仕方をしていて大丈夫だろうか?ってよく考えます。
その時には・・・

「プラス要素」
「マイナス要素」

を考えます。
けっきょく、マイナス要素をプラス要素が上回れば、結果オーライなわけで、それぞれの要素のシフトや可能性の配分を考えます。そしてそれぞれの進め方を考えて、メンバーのみなさんに迷惑を掛けると判断すれば、「風林火山」の「風」のごとく軌道修正を行います。

ただ私の場合は、ひとりでは判断できないこともありますので、メンバーの声を極力聴くようにしています。

これに対して
「どうして・・・?」
ってよく聞きますが・・・?

個人の事は、個人で判断すればいいのですが、会社はみんなのモノだと言う私の考えから、よくテレビのドラマのようにワンマンでいるよりも、みんなで会社を作っていきたいと思うからです。

軌道修正は、常に「今」なんです。

今日も長々と私の話しにお付き合いいただきありがとうございました。
今日の画像は、一休和尚で有名な京田辺市の酬恩庵 一休寺です。
庭を見ていれば、こころ洗われますよ。


今年も師走が目前です。毎日、忙しいですか?

こんにちは~!!
(株)アンディーンノア社長 伊藤です。

めっきり冷え込んできました。
私の大好きな紅葉の季節が日を追うごとに近づいてくるので楽しみです。私の大好きなスポットは、京都の法然院の山門?です。
すごく侘び寂が感じられるので、毎年、必ず行っています。
今年は、どんな表情か? 楽しみです。

IMG_4048

相変わらず、毎日、言志四録を抱えて、読んでいます。
この本は、佐藤一斉さんがまとめられたものですが、当時は目新しい考え方だったのかもしれません。私は、この本に巡り合って読み進めていますが、ほんとうに役に立つ言葉ばかりで、毎日日々の仕事、生活、気持ちの持ち方に押さえておかなればならない言葉が語られているので読んでいます。
本屋さんでビジネス書を探していると、目新しい概念や言葉をアピールしている本に飛びつきやすいですが、この言志四録は、ほんとうに役に立つ言葉でまとめられています。

IMG_4054

さて今日は・・・
「又閑時を認めて以って実時と為す。宜(うべ)なり其の多忙なるや」(言志録31)

最近の人は、口ぐせのように忙しいと言います。しかし、実際行っている事を見ると、実際に必要なことは、十の中の一、二過ぎず、不必要なつまらない事が、十の中、八、九である。この不必要なつまらないものを、仕事だと思ってやっているのだから、忙しいのももっともなことです。ほんとうに何かしようと志を持っている人は、こんな穴にはまってはいけない。

と言うことを話されています。
私も「バタバタしてとか」「忙しくて・・・」と言うことをfacebookやメンバーとの話の中でよく使いますが、果たしてそれが言志録で言われているようによく考えないとほんとうに必要なことなのか?

と考えた時に・・・

「?」

ってならないようにこころがけなければなりません。

IMG_4071

そのために自分が実際行ったことを棚卸しして見る時もあったらいいのかな? って考えます。
たくさんの仕事をすれば、達成感や満足感もありますが、果たして、私がやらなければならないことなのか? 私とって必要なのか? を考えなければならないと改めて感じました。

IMG_4076

やはり会社の役割柄いろいろなことを大局的に見ながら、メンバーに指示をして、ノアの箱舟に乗船してくれているメンバーに満足を与えられるように頑張っていければいい。
それを私の天命と捉えるなら、新規拡大、拡大とパイを大きくする事ばかり考えず、しっかり根を張ることを考えていけば、違った観点が広がってきそうです。

逆に、忙しいと言いながらも無駄に流れている時間もありますので、時間の棚卸しをして、無駄な時間の流れを確認して省くことを考えて行けば時間の流れも変わるかもしれません。
時間を有効に使いながら、天命をまっとうする。

今、経営者として意思決定と言う重要なことをやっていかなければなりません。そのために今、行っている事を棚卸しして、自分がやっていかなければならないこととメンバーに任せて大丈夫なことを判断していきたいと思います。

これから猫の手も借りたいと言われる年末が目前ですが、しっかり、「忙しさ」の棚卸しをしていきたいと思います。

今日も長々と私の話しにお付き合いいただきありがとうございました。
今日の画像は、宮島の厳島神社です。

今日も楽しい一日を楽しんで下さいね。


ああ人生に涙あり!!

こんにちは~!!
アンディーンノア社長 伊藤です。

雨模様とニュースで聞いていたのですが、雨は思ったより降っていなくて、気温も少し高めの一日です。

●得意の時候は、最も当に退歩の工夫を著(つ)くべし。一時一事も亦(また)皆亢龍(みなこうりょう)有り。(言志録・44)

IMG_3823

思いが叶いうまくいっている時こそ、一歩下がる工夫を考えるべきである。「一時(いっとき)」と言う時間的な点、また行っている業務のひとつの事柄をとらえた点、頂上と言う点に上り詰めた時は、下るしかない。

と言うことについて、今日は話しをさせていただきたいと思います。
順調に物事が運んでいる時は、「いけいけどんどん」じゃないですが、気分も高揚して、調子に乗ってしまうものです。

「まだまだいける~!!」

ってことでしょうか?
昇り龍のように、調子に乗って、昇っている時は、好調さをよそに周囲が見えていないことがあります。

IMG_3819

数年前に栄えて勢いがあった企業でも、今やと言う企業があります。

その象徴が、「日の丸家電メーカー」 です。
私が若い頃は、SONY、パナソニック(ナショナル)、シャープと言う企業は、花形企業でした。でも今は、あれだけ栄えていたのに、かなり苦労されています。
と言うことを考えると、どんなに優秀な企業でも昇りつめた時の下がり方を、佐藤一斉先生の言葉のように、常に考えながら、行動しないと真っ逆さまに落ちることがあるので注意しなければなりません。
歴史のある大きな企業なら蓄えが、多少あるので多少のことは、乗り越えられるかもしれませんが、当社のような駆け出し始めた企業では、もろにその波を受けてしまうので、不時着する退路を考えなければなりません。

IMG_3822

企業でも、商品でも、どんなによく売れた商品でも同じように頂上と言う点に上れば、下がります。
もちろん人間の人生も同じで、頂点と落下の繰り返しです。

上下の幅をいかに縮めるか?

好調の極みで昇りつめていって、頂上に昇れば、落ちるのは自然の理ですから、落ちる時のことをどのように落ちていくのか?想定して、準備を進めていなかなければなりません。

たとえば、私の会社の場合であれば、クライアント先のお客様もご提案させていただいた当初は、デザインや企画も今すでに展開されているクライアント様と同じなら新鮮味もないと思います。
ただ現場を分析して、クライアント様の問題点を指摘して、差別化して意識的に少し違ったデザインや企画を持って行けば、振り向いていただけるようになります。
ただそれも一年間・・・一巡すれば、すでに昨年提案させていただいたものがありますから、そこからは売上も下がるからどうしていかなければいけないか?考えておかないと、メンバーは現状のままいるのに、売上が下がれば、「リストラか?」 と言うことになりかねません。
そんな無責任なことはしたくないので、下がった時のことを常に考えておかなければなりません。

ドラマの「水戸黄門」の「ああ人生に涙あり!!」では、ありませんが・・・

人生楽ありゃ 苦もあるさ  涙のあとには 虹も出る

やはり常にもしかしての考えを準備しておかないといけないですね。
それぞれのサイクルを考えて・・・

今日も私の話しにお付き合いいただきありがとうございました。
今日の画像は、京都の南山城の岩船寺の画像です。
とても静かで、仏像を会話するのには、もってこいのお寺です。

 


段取り八分に、仕事二分!!

こんにちは~!!
アンディーンノア社長 伊藤です。

今日は、少し冷え込んだので、冬の準備の模様替えをしました。
紅葉も進み始めれば、いいですね。楽しみです。

IMG_4020

先日から読み始めた言志四録に、かなりはまっています。
江戸時代に書かれたものですが、西郷隆盛も心酔したことが読み進んでいって、理解できます。佐藤一斉さんの言葉は、短い箴言(しんげん)なので・・・

「噛めば噛むほど・・・」

ではないですが、わかりやすい言葉で、話しをされていると感じます。

● 事を慮(おもんばか)るは、周詳(しゅうしょう)ならんことを欲し、事を処するは易簡ならんことを欲す。

 

IMG_4019

 

物事を考える時は、すみずみまで準備が行き届いて細かい点まで詳しく準備する事が必要だ。 考えが整理してまとまって、実際に行う時は、手軽に簡単に処理することが必要です。

と話されています。
私も常々、「段取り八分に仕事二分」 と言う言葉を頭に置いて、行動しています。
この言葉は、私が大学を卒業して、小売業に勤務していた時に、業種のマネージャーがよく言われていたので、私の頭にこびりつき、私が行動する時に、必ず心がけていることです。

段取りがよければ、仕事もスムーズに流れます。
特にお店の売場は、計画的に変わっていきますので、きちんと5W1Hを意識して、計画を立てていなければ、時間ばかりかかって、なかなか売場が出来ず、お客様にも迷惑をお掛けしますし、売場が出来なければ、売上も上がりません。
そのマネージャーが言われていたのは、「仕事は、しんどいもの、でも準備の仕方で仕事の質も変わるし、完成度も異なってくる。また切り詰めた状態でするより、楽しくやった方がいい。」 とのことで、若いなりに理解して、今でも頭に置いて行動しています。
やはりしんどい仕事でも、楽しく思ったより簡単に片づけてしまいたいですから・・・ そのための下準備をしっかりする。

IMG_4017

特に私の会社は、デザイン、企画、施工と「オールインワン」の業務をこなしていますので、周詳な準備をしないと仕事がうまく回らなくなります。今は、起業して3年の月日が経ちましたので、メンバーはそれぞれ成長し、うまく回っていますが、起業当初は、役割と言っても、メンバーひとりひとりが筒一杯だったので、少し苦労しました。

そんな時に、逆にメンバーがつまづいて引っ掛かりそうなことを考えて想定するようにしました。 そうすればメンバーが困っても、助け舟が出せます。
逆に現在では、成長したメンバーが新しく入られたメンバーの教育などに活用できればいいのですが、まだそこまで想定して動くのは、難しいのかもしれません。
すみずみまで準備や対応がきちんと行き届いた計画をしていれば、急にイレギュラーな事が発生しても、あわてず焦らず、業務や自分の行動がスムーズに進みます。またプレゼンもきちんと準備していれば、交渉ポイントなどが明確で、ふところ深く行動が出来ます。

「段取り八分に仕事二分!!」
想定されることやイレギュラーで発生することを準備して臨めば、仕事は、簡単に短時間で、やり遂げることができると考えます。

今日も長々とお話しにお付き合いしていただき、ありがとうございました。
今日の画像は、島根県稲佐の浜・沖御前です。

 

 

 


言志四録に出会った・・・!!

こんにちは~♪♪♪
アンディーンノア社長 伊藤です。

先日の小嶋先生の話しをお聞きしてから、話しの中で、王陽明の陽明学のお話しをされていたので、インターネットや本屋に行って、実際、本を読んでいるうちに、佐藤一斉先生の「言志四録」に出会いました。
私も佐藤一斉先生なる人物は、まったく知らなかったのですが、本を見てみると、この考え方、共感し、勉強する部分が多いなぁ?って感じました。
言志四録は、「言志録」「言志後録」「言志晩録」「言志耋(てつ)録」の四書を総称した呼び方で、40年間に及ぶ箴言録(しんげんろく)です。

IMG_3880

続きを読む 言志四録に出会った・・・!!


「忠恕」

こんにちは~♪♪♪
アンディーンノア社長 伊藤です。

今年も早いもので10月中旬になり、朝晩、冷え込んできました。
今日は、3年前に、まさに実務の仕事が動き始めた日です。
大丈夫だろうか? と不安を感じながら、やるしかないと気を引き締めた日でした。

今日は、両備グループ 代表兼CEO 小嶋様のセミナーライヴに参加させていただきました。
小嶋様と言えば、和歌山電鐵・貴志川線・貴志駅のたま駅長の生みの親で、この話しも、たまの眼を見て、「閃いた」と話されていましたが、閃きと夢を大切にされている方でした。
先日の旭酒造の桜井様の話しに引き続き、大きな会社の代表者の経営で苦労された話や発想法など聞くのは、とても勉強になります。

IMG_3900

続きを読む 「忠恕」


南山城で、こころを調和させる!!

こんにちは~!!
アンディーンノア社長 伊藤です。

今日は、このBLOGのテーマであるパワースポットで、自分のこころを調和させるため、京都の一番南・南山城のお寺に行ってきました。
紅葉には、まだまだ早かったのですが・・・
山のお寺なので、

「石」

のパワーを授かりました。

特に今日は、「石」のパワーをもっとも感じた笠置寺についてお話ししたいと思います。
下の画像は、 本尊・高さ15.6m×幅15mの岩に後背のみを残す弥勒菩薩が刻まれていた弥勒磨崖仏(みろくまがいぶつ)です。

誰がこんな大きな岩に、何の目的で刻んだのか?
こんな崖のようなところに刻む技術があったのか?
昔の人はすごいなぁ? って感じました。

続きを読む 南山城で、こころを調和させる!!


仕掛ける売場・仕掛ける名刺・仕掛けるPOP