「京都」タグアーカイブ

神社に人が集まるイベントは楽しいーー!!

こんにちは~ ♬
神社大好き!! 匠(たくちゃん)です。

9月2日まで下鴨神社で開催されているTeam Lab の

糺の森の光の祭

に行ってきました。天候は、あまりよくないのに、すごい人、入場するまで、混雑して掛かりました。

神社本庁では祭について『 神社とは、神様をお招きし、その場所にお鎮まりいただいた神様へご奉仕する場所であり、この神様へのご奉仕こそが「お祭り」』だと説明されています。

こんなことご存知ですか?

四季を通していろいろな祭りが行われていますが、祭りは、季節に応じて異なる目的があるそうです。日本人は、生活の主体が稲作などの農業活動により形成されて いた農耕民族って、よく言われることです。農耕民族であったがゆえに、古くから五穀の収穫を祝う風習があったといわれ、それがお祭りに反映されているのです。

● たとえば、春の「お花見」は、秋の収穫をお祈りして、お花見祭りが始まったと言われています。その他の春のお祭りも、春は畑や田んぼのはじまりの季節。「豊作祈願」が各地で行われ、「無病息災」の願いが込められています

● 夏祭りは、台風、害虫などに成長した作物が損なわれないよう、「風除け」「虫送り」の祭りが行われたそうです。京都の祇園祭は、昔、疫病が流行したのが始まりです。そんなことから「疫病退散」「厄除け」の願いが込められています。

● 秋祭りは、収穫に対する「感謝祭」。古代ケルト人が始めたというハロウインも「収穫祭」「悪霊祓い」を起源にしているようです。

● 冬祭りは、収穫を終えた農閑期の季節。田の神をねぎらい、新年を迎えるための「新春祝い」につながる祭りが行われます。

祭りには、いろいろな願いが込められています。

楼門の前には、大きな卵型の照明が展開されていました。楼門がライトアップしてとてもきれいでした。

続きを読む 神社に人が集まるイベントは楽しいーー!!


京都の金運のパワースポットでーす!!

こんにちは~ ♬
神社大好き!! 匠(たくちゃん)です。

京都は、公共交通機関を使って移動するのがとても便利で、お金の節約にもなります。ただ路線がややこしいけど、こんな時は、Google Map でググって、検索すればいろいろな目的地までのコースを紹介してくれます。そこにバスの路線案内もあるので、わかりやすくなりました。

京都の金運のパワースポット御金(みかね)神社は、中京区押西洞院町あります。けっこう人気のスポットなので大きな神社かと思いきや、こじんまりした神社だった。でも鳥居の前に、交通整理の誘導員が立つほど、参拝者も多い。

上賀茂神社で、メッセージを受けるスペースを空けて、下がって、御金神社へ
よくネットでも紹介されている 金色の鳥居が神社の入り口に立ってました。

この鳥居だけで、金運が急上昇しそうな(笑)

御金神社は、24時間お参りが出来るようで、夜は、提灯にライトアップされている画像をネットで見たことがあるけどステキです。また時間が合えば、立ち寄ってみようと(笑)

鳥居には、御金神社と、太陽光も降り注ぎ、金運がアップしそうな気配(笑)

続きを読む 京都の金運のパワースポットでーす!!


上賀茂神社は、こころを浄化したい経営者におススメの神社です

こんにちは~ ♬
神社大好き!! 匠(たくちゃん)です。

京都の京阪出町柳駅から、「上賀茂神社前」市バスに乗り換えて約30分。上賀茂神社に到着ーー!!
神社の入り口には、鮮やかな朱色の鳥居が建っています。有名な神社ですが、神社前は、お店も少なくシンプルです。

この神社は、春の「葵祭」で有名です。
もうひとつ地元の方はよくご存知で

浄化パワーの強い神社

でも有名です。まさに昨日、ブログでお話しした。こころのリセットができる神社です。
今年のお盆は、いろいろなことが重なって、やらなければいけないこと、やりたいこと、満載のお盆でした。身体は、ひとつなので優先順位をつけていかなければならないのですが、甲乙つけがたい内容のことばかりでした。

どれもちょっとかじっては、次へとこなしていたのですが、そうなってくるとストレスがたまってきます。けっこうテンションはイライラモードの毎日でした。

こんな時に上賀茂神社に行けばぁー!! 

って、こころの中のつぶやき(笑)大好きな神社のこと、浮かぶとすぐに行っちゃう!! 予定は、まったくしていなかったのですが、気温の高い日でしたが、わくわくしながら足を運びました。

こころの中を神様の力を借りて、整理して、こころの交通整理のお力を借りる。

お賽銭は、こんな時は、僕は1,000円ーー!!

まさに神頼みです(笑)

● 上賀茂神社 公式ホームページ

続きを読む 上賀茂神社は、こころを浄化したい経営者におススメの神社です


年に2回のチャンス!!

〜京滋こんなとこ〜

みなさまご存知の通り、京都といえば794年、
平安京がこの地に置かれてから明治まで、
天皇がこの地にお住まいになられていました。
平安京が遷都した当時の御所は、現在の場所から、
西へ約1.7km離れた千本通りに面したところにありました。

現在の御所は、当時、本来の内裏が火災などで焼失したときに
設けられた臨時のものでした。

南北朝時代(14世紀半ば)から、現在の場所が内裏として定着し、明徳3年(1392年)南北朝の合一以後、正式なものとなり、明治2年(1869年)お住まいが東京へ移るまで、使用されました。

この京都御所、普段は自由に出入りすることはできませんが、年に2回だけ、一般公開されます。

今年は、4月3日(金)から7日(火)の4日間。9時から15時30分の間で行われます。

この間、4月4日(土)10時からと11時30分からの2回、「小御所」で、雅楽の演奏会。
4月5日(日)10時からと11時からの2回「春興殿前広場」で、蹴鞠の実演が行われます。

桜の開花も3月23日現在で、京都御所は「咲きはじめ」だそうです。

一般公開の日程辺りには見ごろになっている?と思います。

この機会に春の京都を楽しまれてはいかがでしょう。

58a9dbe80dedc117d774137fb553a4b1-1024x768

c332b42056ada2cae3085d6efd82f351-1024x768
(写真:2014年4月12日撮影)


分り易い?初めての場所でも簡単に行ける!?

〜京滋こんなとこ〜

あなたの住所を書いてください。と言われて書く時、例えば、弊社の所在地の場合「大阪市西成区千本中1丁目1-1」の様にこう書きますよね。
この所在地を見て、地図なしでこの場所に行けますでしょうか?

たぶん、ほとんどの方は、ムリ!! って感じかと思います。

しかし、京都の中心部辺りだとそれがほぼ可能です。

例えば京都市役所の所在地
京都市中京区寺町通御池上ル上本能寺町488」。

これのどこが??って感じると思います。

実は、この中の「寺町通御池上ル」の部分だけで、ほぼ目的の場所が分ります。

皆さんご存じの通り、京都の道は、碁盤の目のようになっており、それぞれの通りに名前がついています。

北へ行くときは「上ル」。南へ行くときは「下ル」。
東へ行くときは「東入ル」。西へは「西入ル」です。

この通り名を頼りに行けば、たとえ初めて訪ねる場所でも、簡単に行けてしまいます。先程の住所だと「寺町通り御池通り交わる所北へ行った所」となります。

京都の方、あるいは、京都ツウの方はこの通りの名前を覚えておられることだと思います。

覚えにくい通り名ですので、昔からこんな歌にして覚えていたようです。

南北の通り

●てらごこふやとみやなぎさかい
 町、御幸町、麩屋町、小路、馬場、
●たかあいひがしくるまやちょう
 倉、之町、洞院、車屋町
●からすりょうがえむろころも
 丸、両替町、町、
●しんまちかまんざにしおがわ
 新町釜座西洞院、小川
●あぶらさめがいでほりかわのみず
 小路、醒ヶ井堀川
●よしやいのくろおおみやへ
 葭屋(町)、熊、門、大宮
●まつひぐらしにちえこういん
 屋、日暮智恵光院
●じょうふくせんぼんさてはにしじん
 浄福寺千本

東西の通り

●まるたけえびすにおしおいけ
太町、屋町、川、条、小路、御池
●あねさんろっかくたこにしき
小路、条、六角薬師、小路
●しあやぶったかまつまんごじょう
 条、小路、光寺、辻、原、寿寺、
●せった(せきだ)ちゃらちゃらうおのたな
 雪駄屋町、魚の棚
●ろくじょうさんてつとおりすぎ
 六条三哲
●しちじょうこえればはっくじょう
 七条条、九条
●じゅうじょうとうじでとどめさす
 十条東寺

48042a37bb1988e3298d7eb3205eb82d

約1000年に亘って首都としての役割を果たしていた京都です。
今のように便利な交通機関がない時代、多くの人々が暮らし、街中を行き来する中で、自分の行きたい場所、来てほしい場所を正確に伝えないと、行けない、来てもらいことだったでしょう。

本当のところは分りませんが、そんな時代背景から、人々の知恵が、この表し方を生んだような気がします。

やっぱり、京都って奥が深いなぁと、感じています。


〜毎月21日と25日は特別な日?〜

〜京滋こんなとこ〜

毎月21日、東寺では、親しみを込めて「弘法さん」と呼ばれる市が開かれます。

東寺01
(写真:弘法さんのにぎわい 中日新聞HPから引用)

「弘法さん」とは、弘法大師(空海)のことで、835年3月21日に亡くなられました。
この命日の毎月21日に露店市が開催されます。

平安時代から続く市で、脈々と続く京都らしい歴史を感じます。約1000の露店が並び、骨董、古着、陶器など様々なものが並びます。

1日あれこれ見廻っても飽きないことだと思います。

これと並ぶ露店市で、北野天満宮で開かれる「天神さん」があります。こちらは、北野天満宮に祀られている菅原道真公の命日にあたる毎月25日に露店市が開かれます。

規模は小さいですが、漬物、乾物、駄菓子、植木、衣類などのお店が並びます。
京都では、「弘法さんが晴れやったら、天神さんは雨や」というような天気に関する言葉があるくらい、身近で親しみのある露店市です。

たまたま、来週3月21日(土)は「弘法さん」の開催日です。祥月命日にも当たります。雨天でなけれは露店市が開催されます。

週末、早春の京都観光の一つに加えていいただければと思います。


〜清水の舞台から飛び降りる〜

〜京滋こんなとこ〜

a81824c181b92c3d246c116b20c67ca4

思い切ったことをする、一大決心をするなどの意味でつかわれることわざです。

観光などで行かれた方は、実際の高さをご覧になり、結構高いなぁ〜なんて印象を持たれたのではないでしょうか。

高さが約12mあり、4階建ての高さに相当するそうです。
この舞台から飛び降りをされた方、記録に残っているだけで、234人もおられるそうです。そのうち、不幸にもお亡くなりになられた方が、34人おられます。

エッ!て思われるでしょう。本当に飛び降りるなんて…。

この飛び降りが多く行われたのは、江戸から明治時代の初めだそうです。でも、この飛び降り、今のように、自殺志願の方がされた行為ではなかったようです。

当時、「命を懸けて飛び降りれば、観音様(清水寺のご本尊)ご加護で、命は助かり、願いことも叶う」と信じられていました。

親の病気が回復してほしい」「自分の病気が回復してほしい」などの願いを込め、飛び降りたそうです。当時の人々の熱い想いを、必死さを、感じることができることわざだと思います。


哲学の道

〜京滋こんなとこ〜

哲学の道

京都市左京区の熊野若王子神社から銀閣寺までの間にある小道です。
春は桜、夏は夜の蛍、秋は紅葉、冬はタイミングが合えば雪景色と四季折々の散策を楽しめます。

心のリフレッシュにいかがでしょう。

この小道、昔は雨上がり、ぬかるみで大変足元が悪かったようです。

現在は、京都市電が廃線になった際、路面に使われいた石畳を再利用し、

散策しやすく、とても情緒ある道になっています。