カテゴリー別アーカイブ: おもしろかった本

石塚真一が描く Jazz漫画おもしろそう!! | BLUE GIANT

石塚真一と言えば・・・ 「岳」

大自然のなかで繰り広げられる山岳救助物語でした。
私自身は、山に登ることはないのですが、自然は大好きです。
この漫画は、海外の山々を登り、故郷に戻って民間の救助ボランティアをしている島崎三歩が主人公です。
とにかく山が大好きな三歩は登る者すべてを受け入れる山と同じく、遭難した人々をあたたかく包み込みながら救助します。
描かれるタッチが、ストーリー同様あたたかく大好きです。

そんな「岳」の名言

それでも登れる、登れないは分からない。
やるまで分からない。
だから・・・オレは「やる」を選ぶ。

そんな山岳救助物語を描かれた石塚さんがJazz漫画を描いているとは知りませんでした。たまたま本屋さんで見つけたので、読み始めるとおもしろい。Jazzのアドリブ即興演奏の楽しさをうまく表現していました。
そんなことをブログにまとめてみました。

FullSizeRender
主人公はバスケ部に所属する宮本 大。 中学の時、友人に連れられて見に行ったジャズの生演奏に心打たれた。川原でサックスをひとり吹き続けている。

続きを読む 石塚真一が描く Jazz漫画おもしろそう!! | BLUE GIANT


おもしろくて、一気に読んじゃった・・・!! | レッドゾーン 真山 仁

1月に大阪産業創造館で、真山仁さんの

「ハゲタカ」の著者 真山 仁 氏が語る交渉術~日本人が世界市場で弱いワケ~

というセミナーを受講させていただきました。
ハゲタカは、Ⅰ、Ⅱとも読んでいたのですが、それ以降は読んでいなかったので、セミナーで話されていた本を久々に読んでみようかな?
と思いたったのですが、思いたったのが吉日、本の世界に巻き込まれてしまって、一気に 「レッドゾーン」 と 「ハゲタカ外伝スパイラル を読んでしまいました。

真山02

続きを読む おもしろくて、一気に読んじゃった・・・!! | レッドゾーン 真山 仁


たったひと言で大逆転!お金を生み出すキャッチコピー!

11月5日に放送された 川上先生出演の 「ビーバップハイスクール」 やっと見る時間ができました。先生は、「1行バカ売れ」 の本のヒットで、全国を走り回っておられるといううわさをお聞きしました。
ふと思ったのですが、最近、深夜の時間帯で放送されている番組って、けっこう勉強になる番組が多いですね。毎日放送の 「おとなTV」 もけっこう勉強になって参考になります。

IMG_8920

川上先生と言えば、先日、大阪産業創造館で行われた 「起業するなら、アホから学べ」 の3回シリーズの2回目のセミナーで、「1行バカ売れ」 というテーマでお話しを聞かせていただきました。 セミナー参加させていただきブログにも、先日記させていただきました。

続きを読む たったひと言で大逆転!お金を生み出すキャッチコピー!


下町ロケット2発売されましたね (^^)

昨日、お客さまのところにお伺いする途中に、いつものごとく本屋さんをのぞいたら、「下町ロケット2」 が発売されていました。池井戸さんの本は、ストーリーに歯切れがあって、どんでん返しが、これでもか? というくらいあるので、いつもワクワクして読ませていただいています。

IMG_8871

続きを読む 下町ロケット2発売されましたね (^^)


あー読みたい本てんこ盛り!! で出会った本!!

また買ってしまった!!
よく本屋さんに立ち寄っては、ピラピラと見て、買ってしまう方です。
買ってしまうと、読みたいストック待ちの本が、どんどん増えるという悪循環が続いています。最近は、時間が出来たので、本を読む時間を作るようにしているのですが、やはり足りない!!

そこで本屋さんで見つけたのが・・・

IMG_8849 IMG_8850

続きを読む あー読みたい本てんこ盛り!! で出会った本!!


「セッション」ラスト9分19秒は素晴らしかった!!

この間の日曜日、TUTAYAで、今年のアカデミー賞3部門受賞した 「セッション」 のDVDをレンタルして見ました。
なぜ見たのか? というとTUTAYAのレンタルコーナーでも、ゴンドラ什器一台分に拡大展開して演出されており、

「これ おすすめ!!」

と言うことが、一目でわかる展開をされていました。これだけフェースを拡大して露出して展開されていると 「見なくっちゃ!!」 という気持ちにつながるものですね。私自身も Jazz が好きなので、興味があったことも確かですが・・・

62c3eab53ce6bdf6f1a1d8ea66fbdb5e_m

続きを読む 「セッション」ラスト9分19秒は素晴らしかった!!


会社の特徴を1行で表すと・・・ ヽ(*^^*)ノ 言えますか?

先週末は大阪産業創造館で、「起業するなら、アホから学べ」というテーマで、3回に分けてセミナーが行われるのですが、今回で2回目、川上徹也さんが講師となって 『1行バカ売れ』 のセミナーが行われ、参加してきました。
そのお話しでも記しておきたいと思います。

IMG_8415

ということで、今日のテーマは、いきなりでしたが 「あなたの会社の特徴を1行で表すと・・・」 ということです。
続きを読む 会社の特徴を1行で表すと・・・ ヽ(*^^*)ノ 言えますか?


デメリットを書いている本って参考になるね (^^)

最近、社内でリスティング広告に取り組んで、会社販促に取り組んでいこうという話しがまとまりました。
現在は、営業担当の方、中心に進めていっているのですが・・・
私も最近は、すべての業務に顔を突っ込むようにしているので、このリスティング広告の件も勉強がてら、ネットを見たり、本でも読んで取り組んでいこうと思いました。

DSC04223

続きを読む デメリットを書いている本って参考になるね (^^)


幸せとは金持ちになったり、偉くなったりすることだと考えている人が多い (幸せのヒント2)

ここ数日、真夏を感じる日々が続いていますね。
でも真夏といっても、日本では、四季があるから、成り立っているビジネスもあるわけですし、また今日のテーマ 先日の見た映画の「しあわせはどこにある」 から「幸せとは金持ちになったり、偉くなったりすることだと考えている人が多い」 というヒント2を考えてみたいと思います。

IMG_7112

 

今日のテーマ

●金持ちになったから
「大好きな高級デザイナーズブランドの服が買える」
「おいしい高級ディナーをたくさん食べれちゃう」
「海外旅行にも行けちゃう」
「高級車が買えちゃう」

●偉くなったから

ということで幸せって、感じる人は、最近は少なくなったのではないか? と思います。

アメリカのプリストン大学教授の調査データなのですが・・・
「約7万5,000ドル(7/24 123円 約922万円)までは、年収が低いほど感情的な幸福度は低下し、ストレスが上昇する。だが、約7万5,000ドルを超えると、必ずしも収入が多いほど幸福度が増したり、ストレスが和らぐとは限らない」 というデータがあります。

年収が増えると生活への満足度は、今まで経験できなかった生活ができるので高まっていくでしょうが、幸福度は、一定収入を超えると逆に、頭打ちになるというデータが出ているのには驚きました。

● JB PRESS 「お金では買えない幸せを手に入れるための方法」
       http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43989
             ※興味のある方は、参照ください。

こんなデータが出ているので、現在、世界で生活している人の何%の人が、今日のテーマのことで 「幸せ」 を感じているか? は、この映画の本が出版されたのは、2003年のことで年数も経過しているので、一概に、多くの人が思っていると仮説を立てることは、できないと思います。

では、データの「約7万5,000ドル」で、なぜ幸福度が、頭打ちになるのか? 考えてみました。

1. 年収の高い人は忙しい。

・家族と過ごす時間がない。
・友達と遊ぶ時間がない。
自分の時間を持てず、ただ売上を上げて待遇を改善するため働いているので、生活の面白味がないということでしょうか?
お金は、少ないより多いほどいいでしょう。でもそれに費やされる時間を考えると、人生が楽しければ、程々でいいのではないでしょうか?

2. 年収が高い人にはストレスが多い。

年収が高い人は、やはりそれなりの責任を持って、仕事をされていることが多く、仕事からくるもの、人間関係からくるもの、様々なストレスを抱えていることが多く、精神的にいい状態ということはない。

3. 高級車を持っていても・・・

現在の社会は、若者の「くるま離れ」が進行していて、逆にシェアカーのようにレンタカーを利用される方が多い。やはり維持費であるとか? 乗って利用している時間より駐車場に置いていることが多いことを考えれば、高級車の話しだけではなく、「車」 自体、持っていなくてもいいという風潮に変化している。
・昔は、ステータスという部分もありました。

などなどお金を持っていても、会社で地位を得ても、ステータスにこだわる人はしょうがないと思いますが、外から見た時、幸せではないということだということです。

それでは、「幸せはどこにある?」 ってことです。

幸せは、「お金」「地位」ではないということです。

幸せは、バランスのとれた楽しい生活と言うことではないでしょうか?

たとえば「お金」「地位」に固執する人ならそれでいいかもしれません。
でも 「ワークライフバランス」 が取れていなかったりして、家族と会話する時間や自分の趣味などを楽しむ時間がなければ、私は楽しくないと思います。私たちは、人生を楽しむために生まれてきたのですから・・・!!
当社でも、起業時は、デザイン担当の人が、徹夜してデータ制作をしたりして、ちょっと売上のあるステータスのある仕事をしたりしていました。でも、確かに喉から手が出るほど売上は、会社ならどの経営者も欲しいと思います。
でもこんな状態が長く続いても、仕事をおもしろく感じることもないと感じたので、私の判断で、当社では、毎日、徹夜までしてするような仕事は、お断りさせていただきました。

「そんな仕事いらない」って・・・

それは、今思えば、ひとりひとりの生活を考えた上での苦渋の選択でした。そこまで頑張って、仕事をしてもらうのは、ありがたいことです。
でも当時、中には小さいこどもさんがいたり、ご主人のいる方もおられました・・・ でも、そんな状態で仕事をするのは、私の考えている会社の姿ではないと感じました。

そこには、会社のトップとして 振り返ってみればひとりひとりの 「しあわせ」 って何だ? ということを考えたのかもしれません。
おそらく、当時の判断を 「今しろ!!」 といわれても、判断は変わらないし、先日、「しあわせはどこにある」 の映画を見て、なおさら、最近、ひとりひとりのしあわせについて、考えたりするので・・・

「バランスある生活」

をして、人生を楽しんでいきたいと思います。

今日も長々とお付き合いいただきありがとうございます。

パワスポ社長_感謝


比較することは幸せを台なしにする (幸せのヒント1)

先日見た映画 「しあわせはどこにある」 は、ほんとうにまだ余韻が残り、考えさせられる映画でした。
ブログでお話ししたように、サイモン・ペッグが演じていたヘクター先生が、手帳に書き記していた 「幸せのヒント」 を、これから少しづつ考えていきたいと思います。

IMG_7112

●ヒント1
【比較することは幸せを台なしにする】

私もそうですが、人と比較することによって、自分が置かれている環境や地位に安心してしまうというのが、「人間の性」 ではないか? と思います。
たとえば、「貧富の差」、「個人成績の差」、「体格的な優劣」、「運動能力」など、自分と他人を比較することによって、、自分が、今、幸せなのか? 比較してしまいます。
ただ比較することによって、劣っていることが、どんどん思い当たってくるので、劣っていることに対して、やはり 「あの人に出来て、自分が出来ないのはなぜ?」 とフォーカスしてしまいます。
それがストレスにつながって 「今、自分は幸せではない」 となることを繰り返す毎日です。

●ほんとうは、「今」が 幸せなのです。
劣っているところを追いかけっこすると、一生、幸せを感じることはないと思います。

それは比較するたびに、基準が変わってしまうということなのです。
たとえば、比較する「人」、「環境」など、基準があいまいだから、「劣っている」感は、永遠になくならないのです。

「もう少し稼ぎがよければ・・・」
「あの人、あんないい家に住んでいていいな・・・」
「もっと頭がよかったら・・・」

比較すればするほど、ストレスも発生してきますし、ストレスを感じれば、先日、お話ししたように積み重なって、テンションがどんどん低下して、やる気もなくなってきます。
そうやって優劣をつけていくほど、「幸せ」 を感じなくなっていくのではないでしょうか? 終いには、私はなんて不幸せなんだろうって、思うようになります。

もし私が他人から比較されていれば、「逆も真なり」

「あの人、会社の社長で給料もいっぱいもらっていいなぁ?」
「あの人、facebookでおいしいものよくアップしているので食べられていいなぁ?」

って、人間社会って比較するから、私は、幸せでないと思っているのが、この世の中の大半なのではないかと思います。
ですから、比較すればするほど・・・

●幸せから遠ざかっているのです。

他人と比較することによって、劣等感というストレスを抱くわけですから、その瞬間、モチベーションも下がってしまいます。

「私は、しあわせでない。不幸せだ。」

となっちゃうんです。
私が勝手に思うのですが・・・ 「人間が感情の動物」 と言われるように、無意識に、私は 「あの人より悪い」 という気持ちを抱いてしまって、だから 「不幸せ」 ってなります。

● 他人と比較した瞬間、自分ができていないマイナス面にスポットを当てて、フォーカスしてしまうことが多いんです。 = 「向上欲」

少しでも今よりいい生き方をしたい、楽しみたいと思うから、比較を「他人」を対象にして、スポットを当ててしまう。

私は、自分にとって、今が幸せと思うので、他人と比較するより

「過去の自分と比較してみたらどうだろう?」

と思います。きっと過去よりいい生活をしているんだろうし、頑張っている自分を再認識すると思います。

「そんな自分に逆に感謝したくなりませんか?」
「また気分も楽しくなりませんか?」

一番、自分を知っているはずの自分が、今、しあわせなのに、高望みしては、「不幸せ」と思い込んでストレスを感じる。

今日の「しあわせはどこにある」
ヒント1 「比較することは幸せを台なしにする」

頑張っている自分に、「ありがとう!!」って言おう!!

まず他人と比較するより、毎日、生きられていること。
いろいろな人と出会えること。
いろんなおいしいものを食べれること。 に感謝しましょう。

ひとりさんの言葉ですが・・・

【もっと自分を愛します。そのままの自分をゆるします】

この言葉・・・大好きです。
精一杯、楽しく過ごせるよう「自分」は、自分に与えられた役割をこなしながら、毎日、頑張ってくれているのです。
そんな自分の出来ないところばかりスポットを当てては、高望みして欲ばかり膨らまして、自分を卑下していてもいけないのです。

もっと自分を愛して、そのままの自分でいいんだということに気付くべきだと思います。

今日も長々とお話しにお付き合いいただき、ありがとうございました。

パワスポ社長_感謝