「チラシ」カテゴリーアーカイブ

名刺には「文字情報」より「画像」「イラスト」を盛り込もう!!

こんにちは~ ♬
売り切る売場仕掛人 匠(たくちゃん)です。

日頃会社でお店の販売促進チラシや POP などの制作のお手伝いをしています。制作しながらよく思うのですが、文字だけの販売促進ツールってあんまりお店のお客様に思いが伝わりにくいんじゃないかなぁ~! ってことです。

お客様は、販売促進ツールで出来るだけ多くの

『 文字情報を掲載したい 』!!

よほど興味があれば、初めから最後まで、お届けしたツールをご覧になるでしょう。でも僕は、文字だけぎっしり載せて作られたツールを最後まで見ないコトが多いです。

理由はー!!
見ていると疲れるから・・・(笑)

でもお客様の依頼は、出来る限り文字情報を掲載したいと言われる。そんな話しを聞きながらいつも考えます。
どうしたらうまくお客様が描いておられるツールができるか?

お客様が文字中心に掲載したいなら、文字のフォントを変えたり、大きさを変えて表現するしかないなぁ~ って (笑)
せっかくご依頼いただいたので、お届けした相手の方が最後まで見るツールに仕上げて、お届けしたいなぁ~~と考えます。

続きを読む 名刺には「文字情報」より「画像」「イラスト」を盛り込もう!!


リアル店はお客様と会話が弾む場であれーー!!

こんにちは~ ♬
売り切る売場仕掛人 匠(たくちゃん)です。

以前、折り込みチラシの反応率の内容でブログをアップしました。

折り込みチラシ反応率って、実際、チラシを見られたお客様がアクションを起こした割合のことで、当然、チラシの目的、商品、価格、内容で大きく異なってきますが・・・

折り込みチラシの反応率は、0.01~0.2%

と言われています。
たとえば・・・

不特定多数に10,000枚折り込んだとしましょう。
10,000×0.2%=20人

なのです。
折り込みチラシのデザイン費、印刷費、新聞折り込み費で、仮に20万円掛かったとしましょう。

200,000÷20= 10,000円
ひとりのお客様が、10,000円購入していただければ、
経費がまかなえる。

そんなブログをまとめました。
詳しくは、下記リンクから見ていただければ・・・

折り込みチラシ反応率が『0.2%』って、どんなことか、知ってますか?

続きを読む リアル店はお客様と会話が弾む場であれーー!!


お客様はどうして商品を購入するのでしょうか?

こんにちは~ ♬
売り切る売場仕掛人 匠(たくちゃん)です。

お店では・・・

・夏物商品追い出しのための売り切りセール
・今週末は9月!! 秋の味覚が並び始めました
・秋の味覚を楽しむ道具が並び始めました

お客様に利用してほしいから、いろいろな企画テーマで売場を作られています。でも売れているお店と売れていないお店の格差がある。格差には、いろいろな問題があると思います。

お客様がお店に来て買物をするのはどうしてでしょうか?

僕が、お世話になっているお店では、食品スーパーは、必要なのでそこそこ売れている。でもファッション。生活用品などの非食品は、売れていない。毎年、前年割れで、いつまで続くの? って感じ。

アメリカのマーケティング学者のセオドア・レビット先生
1968年に発表した「マーケティング発想法」という本に、レオ・マックギブナ先生の言葉 が紹介されている。

『 4分の1インチ・ドリルが100万個売れたが、これは人々が 4分の1インチ・ドリルを欲したわけではなく・・・』

さて何を欲したのでしょうか?

ドリルが売れた理由は何でしょうか?

続きを読む お客様はどうして商品を購入するのでしょうか?


「象の日」マンガで各新聞買っちゃいました(笑)

こんにちは~ ♬
売り切る仕掛人 匠(たくちゃん)です。

昨日の朝、寝ぼけ眼で毎朝、配達してもらっている
産経新聞の紙面をめくって見ながら・・・
紙面の真ん中に折り込まれている「象の日」のまんがを見た途端
めくる手が止まった。

すげぇ~~!! って感動した。

何をオーバーなと思われるかもしれないけど、
このまんがを見て、掲載されている他の新聞を事務所に入る前に
コンビニで購入した。

朝、新聞を見ながら、掲載されている象の日というまんが
初めて見るけど、第4話ってなっていた。

もしかして、毎日掲載されていて、見落としていたのかもって思ったので、前日の新聞を見た。

まんがはなかった (笑)

月一か? 不定期なのか? って考えながら
残念な思いをしていたら、新聞の中折の部分に

『象印マホービンは、おかげさまで本日、100周年を迎えます。』

これは、5紙連動企画です。第一話は日本経済新聞、第二話は読売新聞、第三話は朝日新聞、第四話は産経新聞、第五話は毎日新聞に掲載されています。
象印WEBサイトでまとめてご覧いただけます。

 ● 周年記念新聞広告 告知サイト

この告知を見て、思わずコンビニで各紙買っちゃったわけです。(笑)

象印が開発して届けた商品の苦労話を中心に、ほんのり伝わるマンガでステキでした。

続きを読む 「象の日」マンガで各新聞買っちゃいました(笑)


もしデータ制作時にチラシの会社ロゴが他社と入れ替わったら(笑)

明日は松野先生の「コトマーケティング実践セミナー」に参加します。昨年、本を読んでおもしろかったので楽しみーー!!

そんなこともあって、週の初めから先生の売り方」の神髄 を、昨年読んだのですが、忘れていることもあるので、もう一度、読み直しています(笑)

こんにちはーー!!
データをデザインする売り切る売場仕掛人 伊藤匠です。

本を読んでいて、内容がわかりやすいので、サラサラと読めてしまう。
日々、ブログでお話ししていて、読まれた方に伝わる文章を書かなければいけないと改めて感じています。

明日は「生」でお話しを聞けるのは楽しみです。
ワクワクしてきます。

●本を読んでいて・・・

想像してみて下さい。家電量販店のチラシを。
今でも週末には、2~3社の折り込みチラシが入っているはずです。
その3社の違いは、あなたには分かりますか?
正直、僕はどこも同じに見えます。
会社のロゴが入れ替わっても気づかないでしょう。
そうなんです。消費者から見れば同じように見えてしまっているのです。

という内容をお話しされています。

同感だなーー!!

一回読んでいたのに、気づかないのか?
って言われそうですが、
日頃、打ち合わせでご担当の方と話しているので、サラッと気持ちが流れていました。そんなことをブログにまとめてみました。

週末には、家電店、大手スーパーの新聞折り込みチラシが月末なので、サイズアップされて折り込まれるんだろうなぁー!!

続きを読む もしデータ制作時にチラシの会社ロゴが他社と入れ替わったら(笑)


売り切る仕掛けは、要素を掛け算しよう (笑)

こんにちは!! 売り切る売場仕掛人 伊藤匠です。

ゴールデンウィークに入りましたね。
今朝の電車は、いつもより乗降客も少なく、先週の土曜日から今週の日曜日まで休んでいる会社も少なからずあるんだなぁー(^^♪

ゴールデンウィークということで、ゴールデンウィーク前から、お客様確保もあるのかな?

新聞折り込みチラシがいつもより多く折り込まれていました。
そのチラシを見て、買物ついでにお店の売場を見ましたが・・・

●売場を見た正直な気持ちをお話しすると・・・

チラシはチラシ!!
売場は売場!!

って感じで、連動してないから、新聞折り込みチラシ制作費、もろもろの費用がもったいないなぁ?

●今回お伝えしたいのは・・・

「お店スペック」「チラシ」「スタッフ」「商品」「POP」などの要素を、それぞれ単体で訴求するのではなく

『クロス(✖)』

して考えてみましょうということ。
そんなことをブログにまとめてみました。

週末は「29」日だったので、『肉の市』がチラシでも大きな面を取って告知されていました。

続きを読む 売り切る仕掛けは、要素を掛け算しよう (笑)


売り切るPOPは、お客様への『架け橋』と考えよう(笑)

こんにちは!! 売り切る売場仕掛人 伊藤匠です。

お店で買物していると売場でたくさんのプライスカードやPOPを見ます。そんなPOPを見てると

『POPが不協和音を発している』

ように感じる。
商品についている「プライスカード」「コトPOP」「メーカーPOP」POP内容も、サイズも様々、それぞれが売場で勝手にお客様に話しかけているとイメージしたら、ザワザワしてませんか?
そんなこと考えると売場に一体感がなくなり、騒然とした売場になっていることにきっと気づかれると考えます。

そんな感じで、一度、自分のお店を見てほしい!!

それぞれの商品についているPOPが、勝手に売場でお客様に向かって話しかけている、歌を歌っていたら、ゆっくり買物しようという気持ちになりますか?
そんなことをブログにまとめてみました。

多くプライスカードがついていると伝えたいことが伝わらないのでは?

 

続きを読む 売り切るPOPは、お客様への『架け橋』と考えよう(笑)


「お隣のお店といっしょ」で自分の作りたいお店出来てますか?

こんにちは!! 売り切る売場仕掛け人 伊藤匠です。

今週末も新聞折り込みチラシが、たくさん折り込まれていました。

チラシを見てみると相も変わらず「商品名」「価格」だけ

ボーっと見ていたら・・・
もっと重要なことに気づいた。

●それは、日替わりの目玉商品と呼ばれる商品

・家電専門店でも日用消耗品、お菓子。
・ドラッグ店でも日用消耗品、お菓子。
・ホームセンターでは、日用消耗品。

どのチラシも日替わり商品はいっしょ!!
だからスーパーのチラシと同じような構成になる。

ほんとコモディティ=均質化

差がないから、違いが感じられない。
昔、コーヒーのCMで

『違いのわかる男の、ゴールドブレンド』

ってCMがあった。
違いのわかる折り込みチラシを作りたいものだ。
そんなことをブログにまとめて更新しました。

ロードサイドのドラッグ専門店のチラシ。お店もセルフ化されている中、もっと薬の情報をお客様にお届けしたらどうなんだろう?

続きを読む 「お隣のお店といっしょ」で自分の作りたいお店出来てますか?


POP、チラシで大切なことは伝えることじゃない

こんにちは!! 売り切る売場仕掛人 伊藤匠です。

今回はチラシやPOPの役割についてお話ししたいと思います。折り込みチラシや売場を見てると、できるだけ多くのコトをお客様にお伝えしようと言う気持ちは10分経験者としてわかります。でもお客様立場から見ると伝わってないんじゃないかな?と感じることがあります、そんなことをブログにまとめてました。

あるスーパーの春野菜売場で展開されているPOPは、いろいろな情報があっておもしろい。でも文字が小さくて残念ながら見づらくて伝わりにくい。

続きを読む POP、チラシで大切なことは伝えることじゃない


仕事には相応の価格必要!何でも安くすると必ずしわ寄せがくる!

こんにちは!! 売り切る売場仕掛人 伊藤匠です。

最近新聞を読んでいるとヤマト運輸さんの問題の記事をよく見ます。この問題はインターネット販売の拡大で、取扱量が急増して人手不足で運転手が十分に確保できず現場の疲弊が深刻化している。それとサービスに対する『対価』が合わなくなっているというニュースでした。
そんなことから均質化社会の中、企業経営においても横並び意識が強い中、この問題から考えて、ブログにまとめてみました。

先日、Amazonの商品をヤマト運輸さんに宅配していただいた。思わず「ご苦労様です。頑張って下さい」って声をかけてしまった。

続きを読む 仕事には相応の価格必要!何でも安くすると必ずしわ寄せがくる!