「独自の価値」タグアーカイブ

お店のレジは、大切なクロージングの場所!!

Hola Todosーー(^^♪
たくちゃんです

12月に入りましたね!!
今年も早いもので一カ月切りました!!
どの業種もコロナの影響を受けてたいへんです。

でもリアル店舗で働いている方って
他の会社のように在宅で勤務することなんて不可能で
お店でコロナ感染の不安を抱きながら
毎日、商品を提供してくれていることに感謝です。

スタッフのみなさん
ありがとうございますーー(^^♪

また感染が広がってきたので
レジスタッフや売場で品出しされている方は不安だと思います。
増して、コロナ感染の拡大で
例年のお正月と違って、在宅の方が多くなると僕は予測しているので、12月はけっこう混み合う月なのですが、平年より食品売場は、売上が落ちる可能性が小さいのではないでしょうか?

だって家から出れるか?

まだ不透明だから・・・
政府の対策は、感染が広がることが予測されていたのだから
もっと先を見越して手を打つ必要があったように思います。

「桜」の問題は、場外で、別の時間にやってくれた方がいい。
野党もその辺、考える必要があるんじゃないかな?

僕たちは、まず自分たちで出来ることをやって
感染が広がらないようにすることが大切なんじゃないだろうか?
特にお店を利用する時に・・・

● 僕たちお客さんは・・・

・マスクをきちんとする
・入店時のアルコール消毒をする
・ソーシャルディスタンスを考えて買物する

改めてそんなことが大切だと感じます。

レジって、僕らの頃と大きく変わって、いろいろな要素が重なり過ぎてたいへん!!でも笑顔は、大切です。

続きを読む お店のレジは、大切なクロージングの場所!!


お客様は、なぜあなたから買うのでしょうか?

Hola Todosーー(^^♪
たくちゃんです

最近、エクスマセミナーで聞いた
藤村先生の言葉をよく思い出します(笑)

・「モノ」を売るのではなく「体験」を売る
・ともかくやってみよう! ダメだったら、変えればいいんだから
・失敗しても、失敗とは思わない
・決断より行動
・遊ばざるモノ、働くべからず!

思い出しただけでも、いっぱい言葉が浮かんできます。
そんなことを考えていると
つい本棚に入っている先生の本に手を伸ばして読んでました(笑)先生の本は、棚一段にぎっしり並んでます!!

読みながら、やっぱりこれだなぁーって思った言葉

『 お客さんは、たくさん似たようなお店や商品がある中で
どこで買ってもいい
あるいはどこからも買わないという選択肢がありながら、どうしてあなたのところで買わなければならないのか?』

あなたならどう考えますか?
お客様は、他に同じようなモノ、サービスを
あっちこっちで提供しているのに

・どうしてあなたから買うのでしょうか?
・どうしてあなたのお店で買うのでしょうか?

そんなことを考えると
モノ、サービスには、もう価値はないということです。

エッ! と思われました?(笑)

私もそうですが
お届けしている商品、サービスは、ネットを少し探せば
同じモノはたくさんあるし
代替え商品も含めればたくさんある。

コップの水と同じように「 モノがありあまるほどあって、なんでも手に入る時代って、仕合せなのでしょうか? 」先生は、そんな風に問題提起されてます(笑)

続きを読む お客様は、なぜあなたから買うのでしょうか?


人から選ばれて、愛されて、応援される USP が大切!!

Hola Todosーー(^^♪
たくちゃんです

今回、ホームページのリニュアルをススメながら
会社を立ち上げた頃からのコトから今に至るまでのコト
記憶をさかのぼりながらライティングして仕上げていきました(笑)

ライティングしながら
いろいろな学びのことを振り返っていました。

特に何度も参加させていただいたUSP発見塾 !

USP 発見塾の学びの記憶が
水が流れるように広がって
最近、学んだこと、自分の進みたい方向を点を結んでいく

USP発見塾!!

● この塾をなぜ何度も受講したか?

当時、大きな壁にぶち当たって
自分の USP を発見することで
大きな壁をぶち抜くような
ビジネスの自分の可能性を掘り下げたかったから(笑)

だから何度も再履行を重ねて、学びました。

先生の
切れ切れのハッとする発想
伝わる話し方も学びたかった。

2015年11月
USP発見塾 in 産創館 【 1期 】
2016年6月 / 11月
USP発見塾 in 東京 【 3期 】/  USP発見塾 in 東京 【 4期 】
2017年7月
USP発見塾 in 東京 【 6期 】

振り返ってみるとこんなに参加した(笑)
でも改めて思うけど
こんな時代だから USP はとても大切です。

この塾のサブテーマ

選ばれて、愛されて、応援される

そのために 自分のUSPを発見して、USPに沿って行動すること
パーソナル化に向かっている時代なので大切です。

ただ何となく時の流れに乗って生きている人は
必要だと感じないかもしれないけど

『 独自の価値 』

を知っているか、知らないかで
これから時代の波をサーフィンする仕方が違ってくる

当然、引き寄せる結果も全然、違ってくる!!

USP は、残念ながらひとりで考えても簡単には出ない
どうしても偏ってしまうのです。

参加した人に自分のビジネスカテゴリーに付箋にひと言コメントを書いてもらって貼ってもらいます。

続きを読む 人から選ばれて、愛されて、応援される USP が大切!!


年でも、考え方ひとつで変わっちゃう!!

Hola Todosーー(^^♪
たくちゃんでーす!!

人生100年 ❣
雇用年齢も65歳まで伸びています
僕が働き始めた頃は、55歳定年退職時代だったのに
10歳も伸びて、描いていた人生とかなり変化しています(笑)

お話ししていると

年だから〇〇〇〇できない!!

という言葉を年輩の経営者からよく聞きます。
そういう僕は、新しいことにチャレンジすることが好きなので、今年に入ってから

・予祝講師
・風水鑑定師
・WEBライティング

の学びに参加して、ビジネスに活かして、お困りごとの解決に活用しています。

「 年なのに、新しいことに次々チャレンジしていきますね 」

こんな言葉をよく言われます。

でもよく考えてみて下さい。
コロナ禍で、強制的ないろいろな制限を経験しました。
これから先、何が起こるか、不透明なのに、自分の出来ることを増やしておく期間でもあるように思うのです。

でも新しいことに取り組むことは、楽しいですよ!
エクスマのマーケティングコンサルタントの藤村先生の言葉で好きな言葉がありますーー(^^♪

遊びのような仕事、仕事のような遊びを実践しよう!!

とブログなどでよくお話しされます。
まさにこれからの時代は、どれだけ仕事を楽しむか?
だと思います。

よく年だから、パソコンはわからない!!って聞いたりします。

続きを読む 年でも、考え方ひとつで変わっちゃう!!


小さなお店、会社はあなたの顔を見せることが大切(笑)

Buenos días a todosーー(^^♪
たくちゃんです。

最近、ストーリーって、言葉、耳にしませんか?

コロナ禍でも、知っているのお店は安心して利用できる
知らない人からモノ、サービスを買うのは、不安を感じる

こんな時代だから少しでも知っている人のお店を使いたい
そこにはお客様とお店のスタッフの方に
ストーリーがあるので、利用されたりするのです

コロナ禍で

・新しいお店
・新しい業務に取り組んだりする
・新しいサービスをお届けする

そんな方のお話しをちょこっと聞いたりします
そこで

● あなたにとって

『顔』ってなんですか?

小さなお店や会社も、コロナ禍以前は、
商品、サービスを広告でガンガン告知してきました。
でもそれがどれだけの人から反応されているのか?
わかっているのに、資金を投入してきた。

コロナ禍になって、資金的に苦しくなってきたから
新聞の折り込みチラシも大きく減って
ポストに入っている新聞の折りも最近は薄くなっています(笑)

同じような商品、サービスって
この限られた世界にあふれているのに、売り込みたいモノの内容を広告で伝えれば、買ってもらえるという幻想をずっと描いている。

ストーリーという言葉と同じくらい

お客様は、売り込まれることが嫌い!!

って言葉が言われているのに、広告は家電商品のカタログのように「価格」「スペック」を伝えることをメインにしてきた
それは大きな会社だからこそ、通用することであって
小さなお店、小さな会社では、お客様も

・名前も知らない
・顔も知らない

だから必要最小限のモノ以外、財布のヒモを緩めようとしない。
ということは、小さなお店、会社の商品に対して興味が抱くかというと、興味を抱かないから、売れないという図式が成り立つ

どんなにいい商品、サービスであっても
お客様が興味を持たなければ売れないのです
まず知ってもらうことが大切なのです。

知ってもらえることで、共鳴、共感してもらえると仮定したら?
どうしたらいいのでしょうか?

今は、ソーシャルディスタンスが強調されているけど、小さなお店のメリットは、お客様とコミュニケーションできることです。

続きを読む 小さなお店、会社はあなたの顔を見せることが大切(笑)


リアル店舗は品揃えよりお客様視点で!!

こんにちはーー(^^♪
たくちゃんです。

お店の人って
毎週月、水、金 に売店で売られている

「日経MJ」

目を通しているんだろうか?
僕は、この新聞が大好きで、駅の売店に行かないと
打っていないので、運動がてら買いに行く。

どうして買いに行くのか、って・・・
新聞配達をしているお店で扱っている販売店が限られているからなのです。ちなみに僕の配達してもらっている産経新聞で扱っていない。

でも商品・サービスをお客様に届けている人は
僕は日経のまわし者じゃないけど
どんなに小さなお店、会社でも目を通した方がいいです。

なぜかって?

ヒント満載だからーー(^^♪

でも単にFACTしか読まない人にとっては無駄だとはっきり言います。FACTから膨らませて考える人には、200円の新聞が化けます。

僕も今までは、ぶっちゃけた話し FACTしか読んでいなかった。
あのお店でこんなことするんだ。僕もやらなくっちゃーー
でも前田裕二さんの

メモの魔力

を読んでからは、考え方が変わった。
いい年して、気づくのが遅いじゃんって笑われるかもしれませんが、それまでは依存型人間でした。

事実を事実として受け止めて。では、自分はどうするのか?
他の人と同じようにしておけばいいじゃん。

って感じ。

結果、人生は地盤沈下した(笑)

でもリアル店舗をやっている人、業種に関係なく問う!!

僕と同じことしてませんか?!

そんな人にこのブログ、読んでほしいなぁ?
だって自分の強みに気づいて、笑顔になってほしいから
リアル店舗復活してほしいから

リアル店舗って、今はコロナで制限されるけど、スタッフとお客様の笑顔があふれるとこ。その対価に、お金が動くだけ。お金を主体に考えると人の触れ合いも少なくなる(笑)

続きを読む リアル店舗は品揃えよりお客様視点で!!


「予祝」「風水」「名刺」三本の矢(笑)

こんにちはーー(^^♪

オンライン、テレワーク!!
コロナ感染自粛で、働き方を変えるように政府が勧めたひとつだ。でも第二波、第三波の波が押し寄せるたびに、クローズアップされるのでしょう。

デザインの仕事でも
オンラインで出来ることと出来ないことがある。

特に、印刷物のデザインをしていると印刷で出来上がるモノの色の出方は気になる。印刷会社で、色の打ち合わせをする必要がある。

以前、お店のPOPなどのツールのデザイン制作して、考えていた色と全然違う印刷物がお店に届いたことがある。その時の反省で、色校正を印刷会社でするようになった。

色を気にしない方は、
そのままスルーするような方もいるけど、依頼を受けた方の出来上がりイメージを、きちんと表現して届けたいものです。

デザインは、とかくデジタルでと言われることはありますが、アナログが必要な部分もあるのです。

これからはデジタル、アナログをどんな風に併用するか?

が大切な時代です。
セミナー、講座も、リアル、オンラインを使い分けることで、視野が広がった。

働き方改革でクローズアップされたのが

オンライン名刺ーー!!

いずれはオンラインで名刺交換って、波がくるだろうなぁ? と予想してました。だって直接お会いして、名刺交換してあいさつする機会がオンラインになるから(笑)

その時は

正直な気持ち『 ギブアップ 』しようかな?

と考えました。
でもね。神様は、とてもすてきな学びの機会とこれから活かせるパワーを与えてくれていました。
それは

『 予祝 』『 風水 』

だったのです。

続きを読む 「予祝」「風水」「名刺」三本の矢(笑)


会社のロゴも予祝のひとつ (^^♪

こんにちはーー(^^♪

蒸し暑くなってきました。
それもそのはず、今日から6月でーす!!
6月と言えば『 梅雨 』・・・来週くらいから梅雨入りになるんだろうか?(笑)

今回、ワクワクするお仕事のご依頼を受け、ワクワクすることが実現しました (笑)楽しく仕事をすると、イメージするモノ以上の発想が湧くものです。特にデザインを考えている時って、そんな気持ちが大切ですね。

Facebook でもご紹介させていただいて多くの方から「いいね!」をいただきました。ありがとうございます。

今回、講座仲間の株式会社Ash の 鈴木宏政CEOから、会社設立にあたり、会社のロゴマークと名刺のご依頼をいただきました。

僕は、会社のイメージ、建物のイメージをCEOがイメージを膨らませ始めた頃からお話しをお伺いしていたので、デザインの方も並行してイメージングを進めることができました。

ビルの外壁は、黒のミラー仕様。そこにお届けさせていただいたロゴがはまって、ワクワクが止まりませんでした(笑)

今日、営業開始されて、ふと依頼を受けて、一番初めに聞いた思いを振り返っていました。出来上がった会社、ビルなどのハードを実際、目にして感じたのは、一番初めに描かれていたこととあまり乖離がなかったことです。

たいはんの会社は、実際に立ち上がるまでに、いろいろな問題が生じて、少しづつ微調整する。僕も現在の会社を立ち上げた時に、一番ネックになったのは

『 お金 』

でした。マック本体、付随するデザイン制作ソフトを購入し準備を進めるだけで、とんでもない金額だったことを、今でも記憶しています。そうやって一番初めの設立イメージから乖離していくのですが、ほとんどブレていないことにすげーぇと共感しました。

株式会社Ashのロゴにも、会社に対する熱い熱いやけどするくらいの思いを聞いて、デザインで表現しました。それぞれの文字の太さ、マークにも、CEOの思いを込めて、作りました。

ロゴって、けっこういろいろな思いが込められています。この「売り切る仕掛人」ロゴにも思いが込められています(笑)

続きを読む 会社のロゴも予祝のひとつ (^^♪


茹でガエル(^^;

こんにちは~ ♬
パワスポ社長 匠(たくちゃん)です。

「 茹(ゆ)でガエル 」って?

言葉知ってますか?

僕が、茹でガエルという言葉を知ったのは、
お世話になっていた大手スーパーの業績が急激に悪化した時でした。この当時、大阪の大手スーパーと思って活き活きと働いていた会社が、GMS(総合スーパー)やショッピングモールなど店舗の大型化の波に飲まれて、アップアップして溺れそうになった時でした。

Aeon、イトーヨーカドーなどの大型店舗が郊外にどんどん出店し、僕の勤めていたスーパーは、駅前や商店街に隣接している立地でした。

大型店と圧倒的に違ったのは
商品の品揃え、提供コンテンツ、提供サービスが大きく違いました。今では、逆に大型店が出店しすぎて、近くのスーパーの方が使い勝手があるのですが、当時は、郊外に出店が集中していました。

そんな攻勢に選択した方法が、目玉商品の価格をめちゃ安くして量を売る価格競争! 超薄利だったので、関連商品販売の強化が必要だったわけです。でも単品量販で伸びてきた業界ですから、関連商品を売るための売場作りには、責任者の能力の差が如実に出た結果だされた早期希望退職制度の導入でした。

その時に使われたのが『 ゆでガエル 』という言葉でした。

ゆでガエルは、環境変化に対応する重要性や難しさ認識する上で大切なことです!

続きを読む 茹でガエル(^^;


お店は、お客様に元気を届けるところ!!

こんにちは~ ♬
売り切る仕掛人 匠(たくちゃん)です。

今日は、ひな祭りーー(^^♪
新聞折込チラシも折り込まれていたので、
買物のついでにお店の売場を見にフラッと出かけました。

ウイルスの自粛ムードもあって、お店の売場はガラガラでした。
特に百貨店の食品以外の売場は、影響がかなり大きいなぁー?
でもこんな異常な状態って、そんなに頻繁に経験することでもないので・・・

・現状をメモすること
・浮かんだ対策をメモすること

経験を文字化して考えることが大切ーー(^^♪

そして何より大切にしてほしいのが
無観客でイベントを開催した
プロ野球、競馬、ファッションショーの選手、騎手、参加者が口を揃えて言っている言葉!!

お客様の応援の声などありがたさがわかった!!

という言葉。
お店の人も、コロナウイルスの影響で、
お客様が少ないという表情でお客様待ちするより、
主通路、お店の前で立ち止まっていただいたお客様に

『 いらっしゃいませーー!! 』

笑顔でしっかりお迎えすることをもう一度大切にしてほしい。 昨日、お店を回りながら感じたのは、非食品の売場の方って元気がない(笑)
元気がなければ、お客様は、立ち寄らないです。

● お客様がお店に立ち寄るには・・・

「 笑顔 」「 元気 」--!!

なのです。こんな環境の中、
足を運んでいただけるお客様に感謝の思いで七大用語をしっかり使って接客しましょうーー(^^♪

● ネット店舗との違いは・・・

「マンパワー」=『 人 』

こんな時こそ、発揮してほしいなぁーー(^^♪
お店を回って、そんなことを感じました(笑)

ポイントカード、割引以外の商品の価値を活かした販促企画を考えるべきだなぁー?

続きを読む お店は、お客様に元気を届けるところ!!